模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Azur Breda Ba.65 その3 鋼管フレーム 他

2020/01/03 18:07

M_image

  ブラボーとは

キットのコクピット部品はご覧の通りで、とてもあっさりしていてなんだか寂しい感じです。
Ba.65のコクピットはこのようなフロア方式ではなく、鋼管フレームでできていたようなので、これを再現することにします!

M_image

  ブラボーとは

0.75ミリのプラ棒を切って、接着剤でくっつけていきます。まずは左右のフレームを作り、横桁は後から取り付けです。
たまに図面を見ながら、だいたい合わせていきます。欧州機はたまーに、めちゃくちゃ詳細な図面(当時のサービスマニュアルっぽい)がネットに転がっていたりします。

M_image

  ブラボーとは

横桁を取り付けます。長さは合わせておきますが、今は傾いていても気にしません。後から直せます。
最近、国内メーカーのプラ棒も充実してきましたが、直径1mm以下のものはいまだ、エバーグリーンやプラスクラクトの独壇場ですね。重宝します。

M_image

  ブラボーとは

左右のフレームを貼り合わせながら、直角を出していきます。外側に重しを当てておきます。これがあるのとないのとでは、随分違います。

M_image

  ブラボーとは

胴体部品が肉厚すぎて、せっかく作ったフレームが入らないので、胴体の内側を削り倒して薄くします。たまにフレームを実際に挟んでみて、当たるところをさらに薄くしていきます。

M_image

  ブラボーとは

座席の背もたれは薄板のプレス品っぽいです。街中でよく見かけるプラスチックの椅子。背もたれの部分が曲面で凹んでますが、あんな感じです。
これを作りたいと思います。
作ったフレームにマスキングテープを貼って、だいたいの当たりをとります。

M_image

  ブラボーとは

くぼむ部分をだいたいで把握して、その形をプラ板で作ります。上のアールは手作業では難しいのでポンチでプラ板を打ち抜いたものを使い、下に台形のやつを貼り付けます。
これがベースになります。

M_image

  ブラボーとは

先のベースを厚めのプラ材に貼って、卵みたいにしていきます。時々光に当てて、左右のバランスがおかしくなってないか、チェックします。

M_image

  ブラボーとは

出来上がったものをプラ板に貼り付けます。これをヒートプレスして切り抜き、背もたれ部品にします。

M_image

  ブラボーとは

キャノピーの方も進めてます。
だいぶできてたのですが背が高すぎたことがわかり、削り倒しました(ーー;)
…計測は正しく行いましょう笑


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント2件

Fame461

Fame461
おはよいございます。

おおっ!すげっ!
僕は、戦艦モデラー最強論者なのですが、「これくらい当たり前だよっ」って感じなんですか?戦艦モデラーにとっては。
ホビコムでも戦艦モデラーの方は凄いですよね。フルスクラッチしたり、100均でパーツを自作したり。
僕もこういうディテールアップししてみたいです。
羨ましい!
ブラボーです。

01月04日 08:10このコメントを違反報告する

わたる

わたる
Fame461さん
コメントありがとうございます。
艦船模型、私は「ぬるい」方でした笑 ディテールアップもマストくらいでしたねー
ホビコムの艦船モデラーの皆さんは、ものすごく作り込みされててすごいなあと思います。
…このフレーム、実際は修正の連続でした(ーー;)

01月04日 09:49このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。