模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

MPM Tupolev SB-2 1/72 その1

2020/05/26 01:12

往年のMPMって感じです。なかなか手のかかる子です笑

M_image

  ブラボーとは

エッチングパーツが付いているくせにシートベルトがないので、鉛板で作って取り付けました。鉛板は自由にグニグニ曲がるのでとてもいい感じです。
他、胴体の内側を削り込んでフレームっぽく角棒を貼り付けたり。

M_image

  ブラボーとは

操縦席と前部銃座の間に隔壁があるのですが、胴体を削り込んだため、キットのパーツは使えなくなったのでプラ板で作ります。
まずは、ハンダ線を押し当てて、形をコピーします。

M_image

  ブラボーとは

ハンダ線を定規がわりにしてプラ板に線を引き、切り抜きます。
一発で合うことはまずありませんが、大体の形をとっておくことで、少しはラクできます。

M_image

  ブラボーとは

すり合わせして、こんな感じになりました。

M_image

  ブラボーとは

キットのコクピット周りは実機と全く違うことがわかってしまったので笑、ほぼ自作となりました。
操縦桿は実機通りの形でしたが、パーツ自身がテロテロで整形する方が手間なので、いっそ作り直ししました。
…ちょっとでかいかも?

M_image

  ブラボーとは

前部銃座の真上に窓があるのですが、ここは塩ビのバキュームを切り出すようになっていますので、はめ込むためのすり合わせが必要です。
塩ビのパーツを少し大きめに切っておいて、胴体側の口を広げることにします。

M_image

  ブラボーとは

胴体側を塩ビに合わせて広げ、軽くはまるようになったらプラ角棒で受けを接着します。
実際の窓はもっと小さいので、受けは塗装で隠れることになります。完成後目立つことはありません^_^

M_image

  ブラボーとは

光を当ててツライチ具合を確認しました。後ろ側の段差がちょっと大きいので、ここの受けをもう少し上へ上げることにします。
塩ビ側が上へ出てしまうと塩ビ板を削るハメになるので、胴体側が気持ち上に来るようにするのがベターです。

M_image

  ブラボーとは

そろそろ、脚をどうにかしないとなのですが…ガタガタのてろてろです笑
自作しようと思いますが、今回は極力プラ材で対応しようと思ってます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント4件

Fame461

Fame461
おはようございます。
また「模型塾」が開講しましたね。
ほぼ自作のコクピット、お見事です。
ハンダの活用も素晴らしいです。
それにしても、窓のクリアパーツは付属しないんですね。
難キットですわ。
マニアックで難しいキットが大好きなわたる様にブラボーです。

05月26日 07:53このコメントを違反報告する

わたる

わたる
Fame461さん
コメントありがとうございます。
窓のクリアパーツ、厳密には付いてますが、曲がった大きめの塩ビ板があって、よしなに切って使ってねみたいな感じです。
自分で曲げるとなると合わせるのが難しいので、まだよかったです笑

05月26日 12:21このコメントを違反報告する

Schlafen-MK

Schlafen-MK
これもかなり手を入れての全開スタートですね。
毎度、勉強になる技の投稿 ありがとうございます。

05月26日 13:24このコメントを違反報告する

わたる

わたる
Schlafen-MKさん
コメントありがとうございます。
この子はこうなること、覚悟しとりました。気力続く限りがんばります笑
こんな技知ってるしーみたいなやつもあるとは思いますが、お付き合いくだされば幸いですm(_ _)m

05月26日 14:03このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。