模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

少女のフィギュア(アトリエ・イット SW-4) 1/12  整形・下地処理・唇改修

2013/12/22 23:39

M_image

  ブラボーとは

レジンキャストの塗装工程のための下地処理までを行いました
キット現状は気泡が多数ありパーティングラインも結構な段差がついてやっかいなレベルです

今回の工程は基本的に美少女ガレキフィギュアのセオリーとおりに行っています
塗装は半光沢~つや消し仕上げですので やすりの番手は
タミヤ400番、3Mスポンジやすりスーパーファインで
おしまいです
洗浄(中性洗剤・クレンザー一昼夜漬け→歯ブラシでクレンザーでゴシゴシ)→
パーティングライン整形(デザインナイフによるカンナがけ)→表面処理(気泡埋め、タミヤ400番、3Mスポンジやすりスーパーファイン)→アルミ線による軸打ち(右脚接合処理)

M_image

  ブラボーとは

問題は 顔にまで気泡があることですね
唇、前髪の間、二重の上にあるので やっかいです
う~ん 交換レベルかもしれませんが 教材としてやってみます

ついでに唇を少し開らせ 歯をのぞかせるように改修してみます

M_image

  ブラボーとは

気泡処理のちょっとした技法を紹介します
知っている方は知っているかとおもいますが。

シアノンにアルテコ粉に加え、さらにレジン色のラッカー塗料
(うす肌色) を添加したもので 気泡を埋めていきます 
ちなみにアクリル絵の具を使うとあっという間に固まってしまいます

成形色と同色の下地を作る際のパテ代わりに適しているかと。

もっとも塗装段階では一旦白に下塗りをしてしまいますので
白シアノンのままでもかまわないのですが 隠蔽力
の関係で下地を均一にした方がベターということで。

M_image

  ブラボーとは

気泡を埋めているところです

固まるのが早いため本当は写真をとっている
暇はないのですが(笑)

瞬着硬化スプレーを吹いて直ぐにやすりがけ
整形することができます

こんな感じでほぼ同色となります

M_image

  ブラボーとは

顔、髪にも気泡が多数あり 盛って同様に整形していきます

ガレキ初心者は 多分ここらへんで挫折しますね(へへ

M_image

  ブラボーとは

気泡埋め、整形後です。
ほぼわからないレベルではないでしょうか。

M_image

  ブラボーとは

処理を終えた後です
口元開かせカワイイ感じをめざしました

M_image

  ブラボーとは

口の中に 薄いプラ板を極小にカットしたものを
試しに入れてみます
塗装で歯を入れてもよいかもしれません

とりあえずここまです
閲覧ありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー15 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント4件

modeller田村

modeller田村

M_image

大変ために成る制作日記ですね!!!!
特に私みたいにガレキ=レジンキットで良いのかな見たいな人にはために成ります。
レイと森下悠里のレジンキット造る前に知っていれば・・・
かなり苦労したんですよ自己流で造るの(笑)
続き楽しみにしています。

12月23日 00:07このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
modeller田村さん
いつもみていただきありがとうございます
私も自己流といえば自己流なんですが
人にきいたり教科書をよんで試してみてよかったもの
を採用してやっています
ラッカー塗料を入れる技法はコトブキヤからでている
教科書で知りました
 明日また更新して紹介してみますね
今回のキットは顔の中心まで気泡が入って極悪の個体でした
胴体までの一体抜きですのでしょうがありません
(顔パーツ別体であって気泡がひどいものは普通ハネル
とはおもいますが)。
口元は結んだ感じよりも開かせた歯を覗かせた方が
カワイイかなとおもってやってみました

12月23日 00:41このコメントを違反報告する

すばる

すばる
顔まで気泡があるとは・・・処理が大変でしたね。お疲れ様です!
気泡多数の時はこの行程を参考にして制作してみますねヾ(。・ω・。)ノ゙
部屋に友人持ち込みのガレキ何点かあるんですけど・・・。
ガレキ自体数点しか制作したことがなくて放置状態なんですよね(´¬`)
処理の仕方まで丁寧に書かれている制作日誌があってよかったぁ!感謝です><
これからも参考にさせていただきます( `・ω・´)ゝ

01月05日 20:58このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
すばるさん

 顔まで気泡があるのはきついですね
 アマチュアの慣れてない方が抜いたのは
気泡以前に手の形とかになっていないのもありますけどね
自分でパーツをつくります(へへ
 
 もっと丁寧にかけばよかったですね
 基本的には、ヒケを考慮して多少多く盛り付けて、切削して、
面一になるように表面研磨するだけです。気泡の入り口穴が
小さくすぎて穴に十分入らない場合は、デザインナイフでグリグリ
入り口広げて流し込めばよいかと。
 ご覧いただきありがとうございました

01月05日 21:18このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。