模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

アオシマ 1/50 EF18(再販) 届きました~

2014/04/06 21:02

M_image

  ブラボーとは

予約しておいたアオシマ1/50 EF18が届きましたので
開封して、プランを練ってみます。

ホビコムには鉄プラというジャンルはないようですね。

電気機関車のプラモで内部も表現されているディスプレイ、スケールモデルです。

元はといえば1970年前半に登場した大滝(アリイ)の1/50のSLシリーズ、
同スケールのアオシマの電気機関車シリーズといった古きよき時代のキットで
はありましたが、ここ数年でエッチングパーツが付加されるなどしていくつかが
再販の運びになりましたので、EF18という先台車が特徴的な電関のキットを購入した
しだいであります。

M_image

  ブラボーとは

今日は手持ちの資料やネット上でみつかる資料を探してました。

画像は、手持ちの「RM MODELS 1996-8」より引用したものです。
当時もの つくりました。画像にある大滝のC51ですね

中学生だったかな~ HOのSLは高かったんで・・・
ディティールが細かく、キットの肌は鋳鉄風にざらついていました。
当然素組みです。結構よくできたので長い間かざってありましたが、
何かのときに処分してしまいましたね。

M_image

  ブラボーとは

こちらの当時ものキットの紹介ですね
「RM MODELS 1996-10」より引用したものです。

EF18 堂々たる雰囲気とあります。
一方で部品の合いが悪い、部品強度が不足気味などとあります。
今回再販のキットの箱にも、「上級者向け」と書いてありますね。
これも古きよき時代のキットの味ではないでしょうか。

M_image

  ブラボーとは

キットの中身をざっとみていきましょう。

一体成型のボディです。
なかなかいい感じです。

M_image

  ブラボーとは

これがエッチングパーツです。
エアフィルター、ナンバープレートです。
別売りじゃないのがよいですね。

こういうディテールアップをみるとモチベーションが
アップするというものです。

M_image

  ブラボーとは

旧型EF58に改修するためのパーツです。
なんとことはない、側面の窓の一部を塞ぐための
パーツです。

M_image

  ブラボーとは

道床、レール、飾り台が付属しています。

のっぺりです~
「いけません」の代表的なパーツです。

道床まわりは、サイズ的にHOのレール、木片にスパイク打って
砂利まいて自作した方がよいでしょう。

M_image

  ブラボーとは

先の「RM MODELS 1996-10」の記事より。

架線を張ったジオラマですね
なんらかのビネットをつくるにせよ、架線の自作は
必要なのかもしれません。これも追加工作の候補のひとつです。

M_image

  ブラボーとは

問題は、工場おろしたての状態のように綺麗にしあげるか、
機関区活躍中で汚しをいれるかですね。

こちらは「TMS No.595」より同じく先台車付の旧型F級電機、EF59の
台車、足回りの資料です。
 つや消し黒じゃないんですよね  情報量多く色を入れる必要があります。
 このようにするかどうするか、組みながら考えていきます。

今日はいろいろ考えているだけで日が暮れてしまいました。
ブログ風の製作日誌でした。
閲覧ありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント5件

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
黒豆さん
こちらもみていただきありがとうございます。
鉄道模型はですね 本来はスケールモデルではないんですよ
あくまで規格化されたレール幅を走らせるための模型です。
この辺の話をすると長くなりますが、HOでいうとレール幅(ゲージ)は
16.5mmですが、新幹線は1/87、在来線は1/80となります(実際の車体の
大きさはぜんぜん違うので)
 どちらもゲージと車体の縮尺はあっていませんね
 とりわけ在来線は台車が幅広となり、がに股となります。
 
で、これは完全なスケモです。走らせるための規格、モータなどの場積に犠牲
を払うことなく、作り込むことが可能です(この辺はモーターライズの
プラモで何かしら犠牲になっているのと同じです)
 
 他のものと並行してすすめますのでまたごらんください。

04月07日 22:37このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
いいですね。昔の車両に魅力があるように感じるのは歳のせいでしょうか?製作を
始められたらご紹介をしていただければうれしいです。

04月08日 11:08このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
クマさん
こんばんは
私もさすがにこの年代のものは、懐かしいというより
実際にみておりませんのでなんともいえません。昭和50年ごろまで
浜松機関区に在籍していたそうですが。
 クマさんの方がお詳しいかとおもいます。

なんといっても先台車、デッキ付の旧型電機独特の味わいがありますので、
一度何かしらの形で模型として触れてみたかったもので今回選択しました。

実車としては旧型EF58のうち32,33、34号機を貨物用に転用、改造した
もので資料としては少ないのですが、一つでもいいからこだわりを
入れて製作してみたいとおもっています。

04月08日 21:54このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
私は昭和50年前後に「オータキ1/50機関車」シリーズを買いました。
D51,C57,9600,貨車レ7000等買いました。C57だけ形になりましたが、その他はまだ手付かずです。
hiroyukiさんの日記を読んでいるとまた再開しようか…という気になって来ました。
パイプ類が筒にくっいてモールドされているんですよね。

今後の成り行きを楽しみにしています。

04月15日 22:45このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
melehiloさん
コメントありがとうございます。製作、完成までには時間が
かかるかもしれませんが、亀のごとくながら最後まで
やってみたいとおもってます。
当時ものの大滝の機関車ストックされているんですね
私はC51だけでしたが、デッドストックにせず、ぜひ製作してください。

一体ボディはありがたいこともあるんですが、ディティールの
関係で別パーツ化してほしい部分もありますよね

貨車レ7000お持ちなんですね 
これ今でも手に入るもんなんですかね
引かせるものがないんで探してみようかな

04月15日 22:54このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。