模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

柏崎星奈 1/7 (硫黄泉)  腕接合部修正、水着(アンダー)、仮ベース⑩

2014/06/15 23:39

M_image

  ブラボーとは

ワールドカップ日本の初戦、残念でしたね。めげずに次回に期待します。

私の方も前回、ボディを落としてしまい、腕接合部にひびに入ったため、ドボンして再接合処理、
再塗装しました。今回は、
1)上記のとおり、ボディやり直し。
2)水着アンダー部塗装。
3)ジオラマ仮ベース作成。
を行いました。

1)は写真にとっておりません。
2)の工程は写真にとりました。

上の写真(1)のとおり、水着の布部、エッジ、紐部のツートンカラーであるため、数回マスキングを行ってエアブラシで仕上げました。神経衰弱になりそう・・・

・水着のトップとアンダーで一緒にマスキングしないのは、トップのマスキングがとても面倒なためです(紐の下に隙間が空いている)。なので、今回はアンダーのみ仕上げました。

・工程は、
全体をクールホワイトに真っ白に→
布部をクリアブルーで、シャドー、ハイライトを意識してグラデーション(ハイライトはやや白が残るようなイメージで)→
エッジ、紐部を、黄橙+クリアーオレンジ。

M_image

  ブラボーとは

・マスキングテープは、モールドに沿って直接、デザインナイフを当ててカットしていきました。

M_image

  ブラボーとは

・ボディ部は肌色塗り直しです。このため脚部、顔との肌色の合わせがしんどかった。
既に完成しているパーツの色合いを確認しながら進行していきました。
肌色は同じ色を再現しにくいんですよね。
カラーレシピが単純なのと、メモしておいたのが、幸いしました。

・肌色カラーレシピ
①シャドー部を、サフレスフレッシュピンク→②ハイライト、シャドーを意識しながら全体を、サフレスフレッシュピンク、サフレスフレッシュオレンジ(4:1)→③黄橙を微量、ホワイトパール粉を微量に入れたクリアーでオーバーコート。クリアは、通常より光沢気味にしています(水に濡れた感じを出すため)

M_image

  ブラボーとは

・仮組みしてみます。

M_image

  ブラボーとは

・残りの水着トップと、右腕の飾りを塗れば、基本的には塗装は完了となります。

M_image

  ブラボーとは

・仮ベースは、波打ち際風に、リキテックス、メディウムを用いて仮作成です。
あくまでイメージをつかむためです。もっと小さいベースに作り直します。

M_image

  ブラボーとは

閲覧ありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー15 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント5件

modeller田村

modeller田村
災難を見事乗り越えられましたね!!!ブラボー
ダイナマイトボディー(古)に悩殺されますね。
これからも宜しくお願いします。

06月16日 09:20このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
田村さん
こんばんは
ありがとうございます。なんとかなりました。
元々強度的に弱かったところと考えればいつかは割れるべき場所だったのです。
穴ほじくって真鍮線回りにシアノン流しこんでガチガチに固めました。
ダイナマイトボディ 今ではボンキューボンなんでしょうか?
セナはスタイルバツグンですよね 

06月16日 21:50このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
黒豆さん
こんばんは
ありがとうございます。

肌色は仮組みして脚と合わせてみると違和感はなかったのでホッとしました。
今回はオレンジ、ピンク、黄橙の3要素で肌色の色味を調整してます。
意外に微調整は楽なのかもしれません。
肌の艶はどうするか、もう少し検討が必要ですね。
いっそのこと水滴つけてみるとか・・・

セナのこのポーズいいですよね。私も気に入っています。

06月16日 22:08このコメントを違反報告する

Kimi

Kimi
お~っ、水着トップの紐の下に隙間が空いている!気が付きませんでした。
マスキング面倒そうですね。修正したところとかわからないですね、流石です ^^

06月17日 00:08このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
kimiさん

おかげさまで修正なんとかなりました。
水着トップのパーツは本体も含め4パーツ構成ですね。
肩紐2本と、中央の結び目1本が宙に浮いてますので、
下にラップとマスキングテープを滑り込ませ、ちまちまマスクしていく
つもりです。
先に肌色ぬってから、後で水着パーツ接着して接合、水着部分を部分塗装する手間と、
先に水着パーツ接着して接合してから、肌色ぬって、水着パーツをマスキングして
塗装する手間のどちらをとるかということなんですが、後者の方が仕上がりもよくなると
考えました。

06月17日 00:38このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。