模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

HG ダハック

2018/01/19 17:49

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

HG ダハック

  ブラボーとは

基本的な工作を施し、加えて肩・大腿部・脚部の後ハメ加工、肩関節可動域拡大工作、掌部の水かき除去等の追加工作を行いました。

各部の塗装は基本ベタ塗り+軽いスミイレ+コーションデカールのみ。
アーム内側にもデカールを貼り付け、情報量を増やしています。

頭部はスジボリ追加によるディティールアップと、メインカメラとツインアイにジェルクリアによる"なんちゃってクリアパーツ"を製作。
腕部は焼ゴテによるマイナスモールド追加のみで特別な加工は無し。
手のひらは水かき除去と、プランダー部にジェルクリアによる"なんちゃってクリアパーツ"を製作。

脚部は大腿部・脚部の後ハメ加工を行いました。
大腿部はめんどくさ…あえて外装を固定しない事で可動域の向上を狙いました。

背面はくぼみを"フォトンバッテリー"と解釈し、色を変更。中々それらしくなったかと。
アームドアームはスジボリ追加による後ハメ加工を実施。それっぽくなったので満足。
ただ、全接着時用の後ハメ加工工作の時間が完全に無駄になってしまったのはNG。

リアスカート内側はちょこちょこ手を入れました。
0.3mmプラ板で穴をふさぎ、モールドを追加。
バーニアの肉抜き穴をふさぎ、色を変更して"タンクっぽい何か"に偽装。

肩の可動域拡大は一番手がかかった部分。
面倒ではありましたが、肩の可動と合わせて腕が水平まで上がるようになったのは大きな収穫。
後ハメ加工と引出式関節を両立させたいい関節になりました。
ただ、本来の可動方式とは異なるので、いつかリベンジしたい所ですね…。


ブラボー20 お気に入り登録1   ブラボーとは

コメント1件

しょぼんぬ

しょぼんぬ
しょぼんぬが運営するブログ『また…失敗か…(´・ω・`)』には他の画像や工作過程も載せていますので、気になる方はご訪問ください~(。・ω・。)ノ

01月19日 17:58このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。