模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

小さいモデルは、AFVでもパーツ塗分け

2019/02/27 23:15

M_image

  ブラボーとは

少なからず、驚かれた人もみえるかも知れませんね~
戦闘機や、バイクモデル・カーモデルと全く同様のルーティンです。
兎角、AFVでは組み立てた後に、ブラシを吹いたり筆塗する傾向が多いのですが
FT-17のような軽戦車、可愛いモデルは、こうしてパーツごとに塗分けていった方が
良いと思っています。
ここまで塗分けていくと、マスキングテープやカラーミスなどは発生しません。

 「余裕」を持つ為には、こうした面倒くさい塗分けが必要です。
ここでいう「余裕」とは、自分のイメージに近づけるためのインスト主導のカラーに
従属されないという意味も含んでいます。

M_image

  ブラボーとは

過程は、
① 中性洗剤で良く洗い(パーツが小さいので慎重に)一昼夜、乾燥器の中で良く乾かします
② サフは瓶タイプのMrカラーのマホガニー1000を好んで使っています。
③ その後、自分のイメージに従って、スチール色を部分的に(経験上、塗分け位置は掴んでいます。)吹いていきます。
④ シリコンバリアーを筆塗します、ブラシなんか使ってはいけません。チッピング剥がしが大きくなってしまいますので、筆塗です。エッジに近いところは殆ど塗っています。
⑤ オッと、記述を忘れていました。シリコンバリアーを塗る前に艶消し瓶タイプをコートしておくことを忘れてはいけません。最悪、「地」、まで出してしまいますから。
⑥ そして塗装に移っていきます。

M_image

  ブラボーとは

パーツ塗装は、非常に面倒臭いものです。
このパーツ塗装が好きな人って余りいないと思いますが、このパーツ塗装の段階で、私の場合はどんどんイメージを作っていきます。
どんなエイジングをかけようか・・・どんなウェザリングをやろうか・・・
どんなディテールアップを行おうか・・・などです。
パーツ塗装さえしっかりと行っておけば、組立や調整は塗分けしてない事に比べれば格段に気持ちが良く、また「余裕」が出てきます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー19 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。