模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

30分コース、タイムトライアル・・・

2019/05/08 00:04

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

30分コース、タイムトライアル・・・

  ブラボーとは

Arado196の私のコメント欄を見られて、質問をされた方が見えたので
>これは何度も何度も練習して経験則を積み重ねるのとあとは感覚ですかね~
練習と云うのは、イメージが出来ないような所でいくら練習してもそれは無理だと思います。
やっしーさんから、塗装の魔術師と新たな形容をして頂きましたが、魔術を持ち合わせていればどんなに楽な事でしょう。塗装済みで組み立てるだけというお手軽キットです。
エイジングやウェザリングやダメージをイメージし易い半完成品をお勧めします。リーズナブルなキットが出ているはずです。
iPhoneのタイマーをセットしましたので、「ヨーイドン」でスタートさせます。タイマーシグナルが鳴りましたら、試験と同じように筆は必ず置きます。
プロペラなんか手付かずです。背面も手付かずです。そんなのは気にせず進めます。
攻めるとか追うとか言いますが、ポイントを押さえることです。
ポイントが明確に定まっていないとアッという間ですよ。30分何て・・・
30分でこのくらいなら、遣れさせれます。ですからアラドのような4000オーバーのレイヤータッチなんてのはもう疲労困憊する訳です。
エナメルやピグメントをほんの少ししか使えません。そんな何種類も色を選択する余裕は30分では到底無理ってもんです。追いかけ方なんですが、先端から後部へという追いかけ方を僕はしません。
これはAFVでも同様です。画一的でポイントを押さえないやり方に終始してしまうからです。
幸いカットモデルなんで、8ブロック位に頭の中でイメージゾーンを作って、追い込みをかけます。考えながら考えていてはダメです。何じゃそりゃ~ だって本当なんですもん。 そんな感じなんです。集中力をMAXにした時は。筆が置いた時はもう別の方に向かっている状態で進めます。時間をかけたら、傑作が生まれるか? 否です。
集中力が続いている最大限の時間をかけるのが傑作を生みます。
ダル目にやるくらいならさっさと寝て明日トライした方がどれだけいいことか・・・
あとはイマジネーションを大切にすること、ジャンルで括ることは大嫌いと云いましたが、他部門を大いに参考にすることであります。マットがマットばかり見ていたら、狭い範囲でしかイマジネーションは膨らみません。


ブラボー47 お気に入り登録10   ブラボーとは

コメント4件

柏木 光雄

柏木 光雄

M_image

おはようございます。
僕もコレクションしていましたので、早速30分でウエザリングをやってみました。
中々面白いです。アクエリアスさんの様には出来ませんが
自分なりに何かを表現できたらと思っています。
これからも色々と参考にさせて頂きますので
宜しくお願いします。

05月08日 08:14このコメントを違反報告する

haruka1755

haruka1755
とても勉強になります。
私も過去作など使い、チャレンジしてみます。

使っている色も数色確認出来ますね~~
エッジへの入れ方など参考にしたいと思います。

これからも色々勉強させてくださ~~い

05月08日 12:33このコメントを違反報告する

アクエリアス

アクエリアス
柏木 光雄さん
コメントどうもありがとうございます(^^♪
やはりお持ちでしたか~(笑)
結構面白いでしょう~30分ウェザリング・・・
ここにレイヤーを繰り返していくとエイジングの妙が一段と楽しめます。
僕の場合は最初かなりオーバー目に入っていってレイヤーで徐々に落ち着かせていきます。
ウェザリングだと、チッピング剥がしがメインと考えている人が多いのですが、塗装全体の遣れは発生していきますので、その変化を突いてやるのがポイントになろうかと思います。
作成中のキットで練習するのはハイリスクだとする人には、こうした彩色済みキットで最初は自由にオーバー目にやってみて、修正を繰り返せば塗料やピグメントの性質が掴めるか思います。

05月08日 12:33このコメントを違反報告する

アクエリアス

アクエリアス
haruka1755さん
コメントどうもありがとうございます(^^♪
レイヤーは大きく分けると二通りがあろうかと思います。
繊細なタッチで、範囲を限定しながらかけていく方法と複数のカラーを全体にけけてから拭っていく方法に分かれるかと思います。
この30分タイムトライアルは後者をかけています。
後から拭う方法ですね~

で、これらを今度は応用していく訳です。
カラーを増やしたり、油彩を最後にブレンドしたりと・・・
何でこんな早仕上げが練習になるかと・・・
筆の使い方とポイントを直観的に見つける訓練と汚れや遣れる部分を身体に覚えてしまう訓練を養います。

この総合的なのが「感覚を鋭くする」というのになってくるんだろうと思います。

05月08日 12:46このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。