模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

チヌークを作ります・・・・・その18

2021/10/12 20:22

M_image

  ブラボーとは

 全国的に新型コロナウイルス感染症患者が激減しております。久々に良いニュースをここに書けます。
 おおおおお、サッカー日本代表も勝ちましたね。重ねてよきニュースです。

 でも、関東では震度5強の地震がありましたね。
 たかめの娘と息子と兄夫婦は幸い無事でした。皆さんはいかがでしょうか。模型にも被害が出ていないことを祈ります。

 
 さて、チヌークですが、エンジンを載せてみました。
 御用とお急ぎでない方、チヌークに興味がある方はお付き合いくださいませ。

 自作したエンジンとその周りは、案外いい感じにできあがりそうです。

M_image

  ブラボーとは

 エンジンカバーは、ビールのアルミ缶から切り出し、ハセガワのトライツールの金網と0.2㎜のプラ板の細切りで追加工作をしました。
 エンジンの工作は以前の日誌を参照してくださいませ。

M_image

  ブラボーとは

 排気口の工作も以前に書きました。
 最後にハセガワのミラーフィニッシュを細切りにして、貼りこみました。

M_image

  ブラボーとは

 機首の白線等を記入しましたが、オーバースケールになりました。
 デカールの細切りで対応した方がよかったかもしれません。

M_image

  ブラボーとは

 潤滑油冷却装置にも実機どおり少しだけ配線してみました。

M_image

  ブラボーとは

 右側のドア上の左右にあるホイストの足場を、プラ板で作りました。

M_image

  ブラボーとは

 機体上部の編隊維持燈です。左右の編隊維持燈の後ろの丸い凸ライトは、クリアーランナーをあぶって作りました。
 ウォークウエイの塗装は、ご存じの塩マスキング法です。

M_image

  ブラボーとは

 

M_image

  ブラボーとは

 下面の中央のフックのハッチを作りました。またまたビールのアルミ缶にプラ板を張り付けて、ディテールを加えたものです。ステーは0.8㎜アルミ管です。

M_image

  ブラボーとは

 前回、面相筆のことを書きましたので、手持ちのものを出してみました。メインにはウィンザー&ニュートン社の0~000番を使ってます。タミヤ社のプロ仕様の筆も捨てがたいですね。
 
 どの面相筆も、田舎で買える範囲のものでしかないのですが、満足してます。

 皆さんの忌憚のないご意見をお願いいたします。
 


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー21 お気に入り登録6   ブラボーとは


コメント16件

oni

oni
こんばんは。アップにしても全く隙の無い作り込み&塗装にため息が出ます。素晴らしいですね。全体像を早く拝みたいものであります♪
筆は私も似たようなモノを使ってますが、使い手が違うと、その差が歴然と出ますね。私もあやかりたいです~。

10月12日 20:29このコメントを違反報告する

ライトエース

ライトエース
お邪魔します。
うーむ、細かいです。oniさんのコメント通り、アップで見せれる凄さです。
自分もアルミ缶、鉛版、使ってみました。今回もまた参考にさせていただくところは多いです^^ありがとうございます。

10月12日 21:08このコメントを違反報告する

トロ

トロ
こんばんは。 随分と進みましたね。 相変らず細部の作りは凄まじいです。
エンジンのパイピングはまるで実機写真の様です。 エンジンのミラーフィニッシュのベルト、これも効果絶大です。 この一手間をサボっちゃいけませんね。 勉強になります。

10月12日 22:19このコメントを違反報告する

あっくんパパ

あっくんパパ

M_image

 こんばんは。エンジンの作りこみが凄いですね!ハッチ類は開閉できるんでしょうか?排気管も小さくても実機どおりの細かい塗分けがされていてブラボーです。
(3段あるリング状のフレーム?の部分は焼けてなくてシルバーのまま)
 実物を拝見したいですが、プレゼント用なので仕方がないですね。
 ヘリも面白そうなので、機会があれば作ってみたいです。

10月12日 23:07このコメントを違反報告する

らんばらる

らんばらる
こんばんわ
いつもながら細部へのこだわりが 自作によって再現されてる工作技術が素晴らしくて感動してます。塗装による質感も完璧で 自分もこうありたいといつも思わされます。あと少し 完成がとても楽しみです(^_^ゞ

10月12日 23:29このコメントを違反報告する

Nobby

Nobby
さすがの工作連チャンですね。いやー灰色無垢な機体が見事に実機になっていく過程が見られてとても勉強になります。
筆ですがわたしもW&Nの000を愛用しています。ちょっとお高いですがちゃんと手入れをしてあげると長持ちしてくれています。もう10年使っています。

10月13日 06:29このコメントを違反報告する

柏木 光雄

柏木 光雄

M_image

おはようございます。
ディーテルアップ素晴らしいです。
僕はトミーテックの1/144の製作見本の仕事を依頼されたことがありました。実機のリサーチで物凄い資料を見たことがありました。
模型は奥が深いですね。
頑張って下さい。

10月13日 07:43このコメントを違反報告する

わたる

わたる
こんにちは!
72をアップにしてこのクオリティですから、実物はもうさぞかしものすごいことになってるんでしょうねー! 見たいです^_^
技術もさることながら、マテリアルや工法の選択、決定がいつも素晴らしいなと!拝見するたび、なるほど〜!ってなってますm(_ _)m

ウィンザー&ニュートンは憧れですがなんだか躊躇ってしまいます笑 こんど、思い切って買ってみようかなって思っちゃいました。

10月13日 12:28このコメントを違反報告する

たか

PROたか
oni様 
 oni様の傑作日本機や旅客機群を生でみているたかめにとっては、面相筆の使い方をご教授願いたいくらいであります。
 筆塗りってかなり難しい技術でありますね。
 挫折してエアブラッシに逃げている「たか」めです。それこそ、たかめがもっと修行しますです。

10月13日 19:01このコメントを違反報告する

たか

PROたか
ライトエース様
 たかめのようなものがお伝えした、昔のアルミ缶焼きなましとか鉛板使用とか、追試していただき、感謝にたえません。
 時間がないときは、3Ⅾプリンタやレジンの製品とかのアフターパーツを使うこともよいのですが、ゆったりモデリングなら、自作を楽しむのもよいですね。
 模型は完成することばかりが目標でもないのかもしれません。
 今後ともお付き合いくださいませ。

10月13日 19:05このコメントを違反報告する

たか

PROたか

M_image

トロ様
 凄腕トロ様には釈迦に説法ですが・・・・金属部は塗りと金属箔や金属部品(鉛等)の共用で、よりそれらしくなると思っています。
 このノズルは極小ですが、①メタルプライマー⇒②黒⇒③銀⇒④クリアー⇒⑤細切りマスキング⇒⑥クリアーイエロー⇒⑦クリアーオレンジ【焦げ表現】⇒⑧ガンダムマーカーの赤・青・ぼかしペン【焦げ兵家】⇒⑨ハセガワのミラーフィニッシュ細切り⇒⑩クリアーという10工程でできあがっています。
 他の分部もそのような工程をとりますので、カメの歩みになります。バカな私は製作行程を楽しむことにしております。
 笑ってやってくださいませ。
 写真は第⑤行程の「細切りマスキング」時であります。

10月13日 19:15このコメントを違反報告する

たか

PROたか
あっくんパパ様 
 いつも励ましのコメントありがとうございます。 
 絵富代師匠やあっくんパパ様のように、可動させてもスケールモデル感を壊さない腕がありません。
 たかめは、エンジンカバー切り取ってオープンにして、カバーをアルミ缶でシャープにして、エンジンをスクラッチするくらいがやっとです。
 修行しますです。
 

10月13日 19:19このコメントを違反報告する

たか

PROたか
らんばらる様
 そういっていただけると、たかめはオダテリャ「木に登ります!」。
 細部や塗装については、やっぱり実機写真に基づくモデリングが基本でありますね。模型を見る人を説得するのは、実際の機体に近づけることだと思います。古い!ww
 こんなオールドファッションな模型作りがあってもゆるされるのが、友達どおしってことですよね。
 今後ともお付き合いくださいませ。

10月13日 19:25このコメントを違反報告する

たか

PROたか
Nobby様
 応援のコメントありがたいです。楽しくバンバン切って貼っております。
 Nobby様もウインザー&ニュートン社の筆ですね。面相筆で国内メーカーの使いやすいものを買うと軒並み1200円オーバーですので、w&N社の筆は通販で1300円くらいですので、よき感じだと思います。御指摘のとおり何年も使ってますが、トリトーメントしたりして手入れしていますので、いまだにおろしたての書き味です。予備の筆をかってますが、もう何年も出番がありません。
 「皆さん、ウインザー&ニュートンの面相筆を使うと、腕が上がったような感じになりますので、是非お使い下さい!」と言いたいです。

10月13日 19:32このコメントを違反報告する

たか

PROたか
柏木先生
 コメントありがとうございます。
 お写真の御144の作例、スケールエフェクトを考慮した明るく、素敵な塗装ですね。
 たかめの72はいまからスミ入れ行程ですが、やや暗めになりそうで、怖いです。
 色は明るめにふったつもりだったんですが、だめですね。修行いたします。
 今後ともご指導くださいませ。

10月13日 19:35このコメントを違反報告する

たか

PROたか
わたる様
 コメントありがとうございます。
 長年模型をやっていて、同じようなことを繰り返しておりますので、無意識な素材のチョイスであります。
 写真では、「模型の良い所だけしか写らない」ので・・・・w
 見たものを見たように作れると嬉しいですが、永遠の課題であります。
 W&Nの筆、前にも書きましたが、かなりよいです。お勧めしますが、欠点はラッカーシンナーで胴の塗料がおかされますので、好みが分かれますね。ご検討くださいませww

10月13日 19:40このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。