模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

WNW 1/32 への感謝をこめて・・・その5

2020/05/29 22:15

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

WNW 1/32 への感謝をこめて・・・その5

  ブラボーとは

 WINGNUT WINGSへの感謝をこめて、たかめが気にっている同社のキットの「部分」を何回かに分けて見ていただけると幸いです。

 AMC DH.2 (Aircraft Manufacturing Company de Havilland)のビネット名「the Duellist~愛犬~」であります。
 
 前回と今回、「 Duellist」と銘打って独英2機を収めたWNW社のキットを紹介しています。フィギュアは原型師MARTIN HILLEの手になるものです。独KELLERKIND-MINIATUREN社のものです。

 今回のビネットも、その主題は「光」であります。

 写真の2枚目、3枚目は、説明書についている実機写真であります。1枚目と4枚目は、同じ角度で撮った完成品であります。
 3枚目と5枚目の模型の写真で、上主翼裏に透過する光が映し出す画像(ラウンデルの映り込み)に注目してください。
 6枚目は上下の主翼の裏面であります。裏面への光の透過、「映り込み」の様子です。縦横の構造材が「写りこみ」を遮っている様子も再現してみました。 
 多くの皆様に、「光」が感じられれば幸いであります。

 次に、蛇足ですが、尾翼の塗装の溶け落ち表現であります。
 この表現がWWⅠ機の模型でなされたことはあまり例がないと思います。
 2枚目の実機写真で観察できますが、尾翼の塗装は溶け落ちています。
 当時のエンジンはエンジンオイルであるcastor oil(ひまし油)を大量に吹き出します。プッシャー式(推進式)の本機は、直接その排気煙とcastor oilが尾翼にかかります。その時、上質ではない当時の塗料は溶け落ちます。
 模型では、これをラッカーとエナメルで描き分けました。

 最後に、WNW社の凄い造形力は、1枚目と2枚目の機体のシルエットを比較していただければわかります。
 脱帽であります。
 我々は新型コロナウイルス感染症の余波で、惜しい会社をなくします。
 
 皆様の忌憚のないご意見をお願いいたします。

過去作品


ブラボー58 お気に入り登録15   ブラボーとは

コメント14件

たか

PROたか

M_image

「愛犬」が出てませんでしたww
すみません!

05月29日 22:49このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
たかさんの”真実”への追及…の姿勢が凄いですね。ブラボーです。
 私はブレリオなどのように骨が見える飛行機が好きです。
構造や仕組みが分かり楽しくなります。
張り線による強度の確保方法も興味がありますが…

05月29日 22:58このコメントを違反報告する

クリクリ

クリクリ
すごいです
神が宿ってます

05月29日 23:49このコメントを違反報告する

TacTac

TacTac
尾翼の塗装の溶け落ちにもびっくりですが、翼の国籍マーキングが反対側にうっすらと見える表現には言葉が見つからないほど驚きです。凄い!

05月30日 02:22このコメントを違反報告する

SK2

SK2
こんにちは、たか さん
完成おめでとうございます。

どこも彼処も、全てお手本状態の凄い作品
このリギングの凄さは、飛ぶ帆船モデル状態ですね。

私が印象に残ったのは、尾翼の塗装の溶け落ち表現でした
これが1/72のWW2機で表現出来たら、と妄想してしまいます。

素敵な作品を有難うございました、これからもよろしくお願い致します。

05月30日 11:39このコメントを違反報告する

たか

PROたか
melehilo 提督様
 先ほどは「駐車場」でブツの「受け渡し」ありがとうございました。
 ブレリオとか、「素晴らしき飛行機野郎」なんかに出てくる機体はとても面白いですね。あの映画を何度もみました。
 今後ともご指導くださいませ。
 

05月30日 13:18このコメントを違反報告する

たか

PROたか
クリクリ様
 励ましのコメントありがとうございます。
 FBやmixiでは、たかめの工作ののろさから「かめ」って言ってます。
 神ならかっこいいのですが、実際は「亀」で~す。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

05月30日 13:20このコメントを違反報告する

たか

PROたか
TacTac 様
 コメントありがとうございます。
 見たものを見えるように作る。飛行機の特性、軽さ、脆弱さ、薄さを表現したいと思っております。WWⅠの初期の飛行機の姿は、武器の姿というより、飛ぶことそのものが冒険だった時代のなごりがありますね。。それに近づければ嬉しいです。
 今後ともお付き合いくださいませ。
 

05月30日 13:24このコメントを違反報告する

たか

PROたか

M_image

SK2様 
 お手本になるかどうかわかりませんが、若いモデラーに少しでも情報が出せれば望外の幸せです。
 たかめはいわゆる「雑食モデラー」でありまして、若いころは木製帆船、プラ帆船なども多く作ってました。その意味では、張線はほとんど苦になりません。
 WWⅡ機はいろいろと表現の幅がありますね。72ではかなり繊細にやれそうです。頑張ってくださいませ。
 写真はたかめがタミヤのバードケージコルセアが発売された同時、その作例をHJに作ったときのものです。参考にはなりませんが、ご笑覧くださいませ。

05月30日 13:30このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
Pro たかさん、先ほどはどうもありがとうございました。
当地は梅雨入りとの事ですが、その直前に特別任務が完了してホッと
しているところです。
梅雨入りの影響で”コロナ菌”の飛散が湿気に負けて広がらないことを祈ります。
(すいません、コメ不要でお願いいたします)

05月30日 22:14このコメントを違反報告する

Fame461

Fame461
おはようございます。
とても「光」を感じました。
本当に凄い作品です。
こうしたアプローチの作品を僕は、見たことがありません。
機体の材質まで感じさせる作品です。
たか様の説明がなくても作者の意図が分かるのです。
感動です。

05月31日 08:06このコメントを違反報告する

ダスライヒ 2829

ダスライヒ 2829
目から鱗が落ちるような光の透過、含蓄「映り込み」表現素晴らしいですね!恐れ入りました。勉強させていただきます。これからWINGNUT WINGSの世界挑戦したいなーと思っていたところだったんで、ショックですねー

05月31日 10:03このコメントを違反報告する

たか

PROたか

M_image

Fame461様
 コメントありがとうございます。
 楽しく模型を作っているうち、ご存じのように「見たものを見たまま」ってやっていたら、いろいろなコンセプトが必要になり、自然と多くなってしまいました。革張りの表現、排気煙の表現、木目の表現、透過する光の表現、多くの目標をおっかけています。いまだにおいつけませんが・・・・。写真は、「茶色でない革張り椅子」です。身の回りの革製品は、案外茶色くありませんから。
 いつも励ましのお言葉、在り難いです。
 コロナ禍が終わったらどこかの展示会でお会いできたらいいですね。

05月31日 19:41このコメントを違反報告する

たか

PROたか
ダスライヒ 2829様
 お褒めのコメント、恐れ入ります。
 いまさらですが、WNWのキットの凄さに驚きます。

 製作記としては、年寄りの、オールドファンションな模型作りであります。少しでも若い皆様に提供できる情報があれば幸せです。
 たかめはWWⅠ専門のモデラーではないので、解説に間違いがあるかもしれません。お心広くお許しくださいませ。
 今後とどうぞよろしくお付き合いください。

05月31日 19:45このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。