模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

二式水戦始めました(ジオラマへの道、トラウマの克服)

2016/08/22 18:47

通販サイト

販売価格 1,093 円

M_image

  ブラボーとは

二式水上戦闘機を、作っています。
ジオラマ仕立てにすべく、前回の見取り図に沿って、位置決めをして、柱を配置しました。

M_image

  ブラボーとは

桟橋の床を、経木で作ります。
桟橋の形に切った経木に、細切りにした経木を張り付けます。幅は合わせていますが、長さはあえてそろえずにおいて、急ごしらえ感を出します。

M_image

  ブラボーとは

桟橋の床を仮置きしました。砂派の位置と、フロート先端位置をマーキングしてあります。

M_image

  ブラボーとは

角度を変えて、俯瞰で見てみます。
柱との位置関係も良好です。

M_image

  ブラボーとは

長く空ものから離れていた原因は、これです。
キャノピーの塗り分けが、苦手できれいに出来ず、途中で投げ出すことが多々ありました。
昔は、マスキングテープというものがなく、筆塗り主流でしたが、その筆も絵筆が主で、堅く太い毛でした。
また毛筆用は、高価で中学生には、手が出せませんでした。
今さらですが、ちまちまと切り張りして、塗装をします。結果は?

M_image

  ブラボーとは

閑話休題

先日の操縦士です。
左わきを、胴から離れるくらい彫り込んで見ました。
もともと造形が良いので、金型の関係で甘くなりがちな横に手を入れるとかなり良くなります。
汚かった顔の方も、少しクレンジングしたので、それらしく仕上げてみます。

M_image

  ブラボーとは

出来上がった桟橋の床を、橋脚に張り付けて、桟橋の完成。補強の筋違も入れておきましょう。

M_image

  ブラボーとは

海岸と海底の盛土、約1センチほど、紙粘土を敷き詰めます。
主フロートにマスキングテープを張って、位置決めをしておきます。桟橋横の波打ち際が少ないのが、少々物足りないですが、その分海底の表情を作りこみましょうか。

M_image

  ブラボーとは

キャノピーの。塗装をしました。
さて、出来栄えは、どうなることでしょうか。

M_image

  ブラボーとは

いや、まずまずでしょう。
こうして見ると、窓枠の細いのが、よくわかります。
ゼロ戦の系列は、最後まで、この窓枠の形状を基本とした、といいますから、見晴らしの良さも性能のうちだったのですね。

今回は、ここまでです。
ここまでご覧いただきありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー19 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。