模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

さあ、US-2を作ろうか(1)

2019/12/15 07:48

M_image

  ブラボーとは

南東 北星です。
He111は、のろまの亀状態で進んでいます。
爆撃機2機を同時に作るようなものなので、同じ作業が続いて飽きてきますので、気分を変えてUS-2試作機にお手つきしました。
日誌も、久しぶりですが、備忘録的に投稿いたします。
海上自衛隊救難飛行艇ですが、純国産としては2代目だそうです。
かの有名な九七式飛行艇、2式大艇の遺伝子を継ぐ機体です。
キットは、試作1号機あるいは2号機をデカールで作り分けられます。

M_image

  ブラボーとは

箱を開けて、中身を確認するのもそこそこに、洗浄してから検品です。
きれいな白色に、多少細かい部品もありながら、すっきりとまとまっています。1/144なので、機内の造作は座席が申し訳程度にあるくらいで、他は全くありません。
まるで、艦船のように外側に造形が集中しているようです。さすがは、アオシマさんですね。

M_image

  ブラボーとは

重量配分を調整する錘が、付属しています。
親切ですね。

M_image

  ブラボーとは

機体を、貼り合わせたところです。
合いはよろしいですが、機首周りは少し気を使いますね。
小窓がたくさんありますが、今回は筆塗りなので、透明パーツは後から付けた方が良さそうです。

M_image

  ブラボーとは

水平尾翼の水平出しに、気を使います。
また、垂直尾翼との合わせ目に隙間が出るので、水平側の接触面を削ってすり合わせました。
わずか0.1ミリ単位ですが、隙間が空いていると、結構気になる箇所です。
強度的にも不安ですが、補強作業は後で考えます。

M_image

  ブラボーとは

主翼付け根の部分は、別部品ですが前を合わせると、後ろがわずかに浮き上がります。
埋めて削るか、そのまま削ってしまうか、悩みどころです。

M_image

  ブラボーとは

この機体のキモともいえる波消し板を最後にとりつけて、機体周りの基本は終了です。
このまま、一旦養生してから、気になる点を改修します。

今回は、ここまです。
ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

ps:ここまでの作業で、酒がうまいです(笑)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー17 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント2件

haruka1755

haruka1755
144でもサイズ感あって
好キットですね〜

進捗楽しみですね〜

12月15日 12:20このコメントを違反報告する

南東北星

南東北星
haruka1755さん、いつもありがとうございます。
1/1444でも、モールドはしっかりしています。
今のペースでは、まず、年を越すのは間違いないですね(笑)

12月15日 19:43このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。