模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ピットロード1/700戦艦三笠”日本海海戦”①

2020/01/28 09:53

通販サイト

販売価格 ---

M_image

  ブラボーとは

ピットロードから発売されていました、1/700戦艦三笠のキャストキットです。何せ20年以上前のキャスト製品なので基本工作からしっかりやらないとですね。。
こちらは既に廃盤ですが、比較的安価で入手できましたのでこちらを製作してみたいと思います!

現在ハセガワから発売されている新考証新金型新商品の1/700三笠も気になりましたが。。。

M_image

  ブラボーとは

なので、ハセガワの1/700三笠用エッチングパーツを購入しました。
おそらくこの製品とハセガワの三笠では設計も違うのでパチピタでエッチングがフィットする事はほぼないでしょう。。。
取捨選択しながら、なんとか合わせていこうと思います!

M_image

  ブラボーとは

パーツ類を説明書と睨めっこしながら、小分けしていきます。
こちらの製品は主要部品はレジンキャスト製、小物類はホワイトメタル、その他真鍮線で工作してくださいな。という製品です。
なので部品点数そのものはそこまで多くないですが、1つ1つにバリ歪み湯口などなど、、、手を入れないといけない箇所がたくさんあります。

M_image

  ブラボーとは

船体部品ですが、バナナのように歪んでおりました。。。
説明書にはドライヤーで加熱して修正とありますが、かなり分厚いパーツなので修正しきれません。
100°の熱湯で5分程煮て修正しました。

M_image

  ブラボーとは

真っ直ぐになりました。(気持ち歪んでますが、今回は海面ジオラマにしようと考えているので、波で隠しちゃいます笑)

今後の方針としては、

部品の成形と修正

仮組みとエッチングパーツ取り付け

洗浄

プライマー、本塗装

ウェザリング

張線

海面プレートに乗せて完成!

大まかにこちらで進めていこうと思います。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー8 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント4件

Toyohata

Toyohata
初めまして・・・ ですよね(たぶん)
艦船模型好きのToyohataです。宜しくお願いします。
1/700戦艦三笠っていうからハセガワかフォーサイスかと思ったらピットロードのレジン製もあったんですね。当節はエッチングも揃ってきたご時勢ですのでこの先駆的製品も万全の姿で陽の目を見ることが出来る時代がやっと訪れたという感じですね。
今後の進捗とその雄姿を拝める日を楽しみにします。
ところで船体の治し方は参考になりました。ドライヤーには懐疑的でしたので。

01月28日 10:09このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
始めまして。
当方もこの三笠は二隻在庫いたしており以前に完成に向けて挑戦した事はあります。
その時は、アクシデントで船体が割れ致し方なく破棄した経験がございますので、二隻目に挑戦する気持ちがなくなり二隻目は現在罪(積)在庫となっております。
当方メタルフィギュア以外は初心者ですので、今後作成する機会もあるかと思いますから参考にさせていただきたいと思います。

01月28日 11:26このコメントを違反報告する

RYU

RYU
Toyohataさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。ホビコム新参者でございます。
私もたまたまWEBでこのキットを見つけました。
1990年代の製品のようです。
付属エッチングもありますが、お世辞にも使えるようなものではなく、、(悪意はございません)
ハセガワの新三笠エッチングセットは、要所と価格を抑えてあり素晴らしいですね。

癖のあるキットですが、なんとか自分の最大技量で綺麗に完成させてあげたいと思っています!

Toyohataさんのページも拝見させて頂きました。
/350の三笠素晴らしいですね。私もいつか制作してみたいです。

今後もアップ致しますので、是非ご覧頂けましたらと思います。

01月28日 14:04このコメントを違反報告する

RYU

RYU
ロマン・スミルノフさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

球数が限られているキットなので、失敗が正直私も怖いです笑
経年による歪みや、古物キットあるあるの説明にならない説明書等お悩みポイントはありますが、なんとか楽しみながら製作していこうと思います。

引き続きアップしていきますのでご覧頂けましたらと思います!

01月28日 14:08このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。