模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤ 1/350 雪風 天一号作戦ジオラマ ⑤

2020/05/26 22:17

通販サイト

販売価格 3,570 円

M_image

  ブラボーとは

甲板を船体に取り付けます。
殆ど隙間がなくバッチリハマります。素晴らしいです。むしろ流し込み接着剤が入らないです。。

M_image

  ブラボーとは

艦底色を塗ります。
ハルレッドをまず全面に塗布します。
ダークイエローとハルレッドを調色し、退色・錆をイメージしながらハイライトをマダラ塗装で入れました。

M_image

  ブラボーとは

艦底をマスキングして、上部をサフ吹きます。

M_image

  ブラボーとは

リノリウム色を吹きます。
タミヤのリノリウムは、思ったより明るめですね。。フィルタリングしたら落ち着くと思いますが。

M_image

  ブラボーとは

非常に手間がかかる甲板マスキングです。
ただ1/350駆逐艦なのでそこまで時間かかりません。この作業は仕上がりに影響するので、しっかり作業します。

M_image

  ブラボーとは

ほぼ完璧に塗分することができました。
砲塔台座の円形部分は、毎回マスキングに難渋しますが、タミヤはここを別パーツにしています。
この辺りに、タミヤのユーザ目線設計の熱意を感じたりしました。

M_image

  ブラボーとは

佐世保軍艦色を使用。
ブラックサフを吹いてるので、輪郭を強調する様に吹きました。
艦底色との塗分も綺麗にきまりました。

M_image

  ブラボーとは

リノリウム抑えの真鍮金具を再現します。
真鍮線に置き換えたり、塗装したりと色々手法があるかと思いますが、
私の場合、黄色の色鉛筆でモールドを擦ります。
かなり細くリアルに再現できますし、気に入らない場合やはみ出した部分は消しゴムで簡単に消せます。
上からトップコートすればウェザリングも可能です。

この後はクリアーを吹いてから、墨入れウェザリングを施して、台座に固定しようと思います。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント2件

ゆた提督

ゆた提督
こんばんは。 
 甲板のマスキングは艦船模型の難所と思いますが、
 主砲台座部分が別パーツなのは本当にありがたいですね。
 リノリウム押さえ金具の色鉛筆による表現、大変、参考になります。
 リアルな出来栄えで、驚きました。
 製作日誌の続きを楽しみにしています。 
 

05月27日 21:50このコメントを違反報告する

RYU

RYU
ゆた提督さん

こんばんは、コメントありがとうございます。
主砲台座の別パーツ化は本当にありがたいです。これだけでもマスキングの手間が大分軽減されますね。

リノリウム押さえはたまたま思い付いた手法ですが、1/700でも案外いけます。

05月28日 00:37このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。