模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤ フェラーリF2001 その4

2019/12/23 10:52

M_image

  ブラボーとは

恐らくF2001最大の難関、アンダーパネルのグラデーション塗装です。F1-2000とF2001は、アンダーパネルの途中までレッドが来ていて、境目がグラデーションという、モデラー泣かせの仕様です。
キットはそれをデカールで再現するようになっているのですが、ボディのレッドと合わない上、グラデのドットも荒いので塗装にします。

という事で、まずレッドにする部分以外をマスキングします。すでにカーボンデカールを貼ってあるので、失敗はできません。しかもマスキングテープだとカーボンデカール持っていかれるのが怖く、マスキングゾルに逃げてます。明らかに作業の手順ミスです‥。

M_image

  ブラボーとは

グラデーション塗装はミスるとリカバリーが極めて難しいので、リスク回避でいきます。
キットのデカールをコピーして、ブラックのグラデになっている部分だけを切り抜き、デカールシートに重ねて固定します。

M_image

  ブラボーとは

切り抜いた部分にブラック(Finishers カーボンブラックマット)を斜めに吹きます。紙を少しだけ浮くように、何度か調整します。
紙を取ると、写真のようにグラデ部分だけができるという算段です。

M_image

  ブラボーとは

何度かやり直しましたが、こんな感じに上手くボケてくれました。後はこれを切り出してレッドの上から貼るだけです。
これなら何度でも失敗できるのでオススメです。

M_image

  ブラボーとは

貼ってみるとこんな感じです。全部がこれ程キレイにはいってませんが、まあ、見えにくい所でもあるので‥。

M_image

  ブラボーとは

そして、F2001二番目の難所、ポッド脇のフィンです。ボーダフォンバージョンにしたせいで、フィン部分まで塗り分けが必要になっています。デカールではやり切れなかったので、結局デカールの上から修正の塗装をしました。フィンの裏までキレイに塗り分けられました。
あー、よかった。

M_image

  ブラボーとは

忘れ物です。どうもリアウィングには赤ラインがあったようで今更追加です。

最初に何がキット標準と違うのか、リストアップしてから作成に入るべきでした。反省。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント2件

たのしがりや

たのしがりや
製作お疲れ様です!いい感じで決まってますね!マクラーレンとかもですが、空力処理を分かりにくくするためでしょうが、こういったグラデーション塗装は勘弁してほしいですよね・・・ジャガー共々引き続き楽しみにしております!

12月27日 00:08このコメントを違反報告する

Yoji

Yoji
たのしがりやさん
この手のグラデーションであれば、マスキングテープ浮かしテクや、今回のようなやり方もできるのですが、最近のF1(特にメルセデス)にある広い範囲のグラデーションだと不可能と思えるレベルです。あと、ホビージャパン掲載!さすがレベルが違い過ぎです。本当に尊敬します。

12月27日 10:47このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。