模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ウルフモデル ジャガーR4 パーツ整形中

2020/01/04 00:02

M_image

  ブラボーとは

全く合わないサイドポンツーンのエアアウトレット、やましたけんじさんのアドバイスに従って整形します。レジンのボディにぴったり合わせるより、メタルパーツ側を削り込んでパテでパーツの周りを作り直します。

M_image

  ブラボーとは

ボディ側には、後で剥がれるようにワセリンを塗っておき、メタルパーツの周りにエポキシパテを詰めます。

パーツ自体の位置が合ってるのかは勘でやるしかないです。左右対称と水平垂直を見ながらなので大変です。

M_image

  ブラボーとは

乾燥後、パテを削って平面を出します。

M_image

  ブラボーとは

そして、エイヤッ!と取ります。今回はキレイに取れました!

M_image

  ブラボーとは

パーツの周囲の角を落とし、パネルラインになるように調整しました。
メタルとレジンの合間にうまくスジボリを作るのは難しいので、この方法はいいですねー。

M_image

  ブラボーとは

とは言え、苦難は続きます。
ボディを一枚削ると、気泡が出るわ出るわ‥。黒瞬着で埋めても、小さな気泡は埋め切れません。かと言って、大きく削るとボディ全部削る事に。

どうなってんの??こりゃ、どんな苦行なんでしょ??

M_image

  ブラボーとは

サイドの大きなウィングレットをなんとかはめてみましたが、角度が鬼です。どーやって水平にすればいいのか??

メタルなんで、無理矢理曲げちまうしかないでしょうね!!

M_image

  ブラボーとは

フロントセクションが組めました。
左右対称なんて言ってられません。とにかく組めた事でひと安心です。

M_image

  ブラボーとは

リアセクションです。アンダートレイに固定するなんて設計にはなってないので(なんで??)、プラ棒5mmを接着してねじ止めしております。

このリアセクション組むだけで二日かかりました。全くパーツが合わないし、左右は非対称、ドライブシャフト後ろのウィングが短いので、トー角ごえらい事になってます。

ウルフモデル、手強すぎるー!!!

M_image

  ブラボーとは

なんとか、F1のような形になってきました。
でも、この時点まで来ても、ボディとアンダートレイを固定する方法が確立できてません。

普通はねじ止めにできるのですが、ネジ穴を作る所がないんです‥。
一体どこまでやれば仮組完了になるのか??
心折れそうです。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。