模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

モスキート 3機同時製作(3)

2019/11/18 10:48

M_image

  ブラボーとは

今回はLED関係と足回りの強化です。胴体に入れるのは前が青後ろが黄色のようです。去年シーファイアを作ったときにLEDの頭を下部に直付けしたため明るすぎて昼でもまぶしかったので今回は光ファイバーをつなげてみます。また180Ωの抵抗をかませてみました。
白いプラ板は3mmの穴をあけてLEDをはんだ付けするときのガイドです

M_image

  ブラボーとは

翼用のLEDに光ファイバーを接着するための穴あけ加工です。そのままだとLEDのてっぺんが滑ってピンバイスが立たないので、1cmくらいの木片に3mmの穴をあけ、奥にさらに.5mmの穴をあけてガイドにしています。なお赤色LEDはほかの色より使用可能な電圧が低いのでパンクを防ぐため220Ωの抵抗を+側にかませています。

M_image

  ブラボーとは

遮光のためにLEDとつなげた光ファイバーにスミチューブを被せ先端には外径1mmの真鍮パイプを差し込んでいます。LED側のチューブは4mmであらかじめ中間をあぶって切り離したものです。光ファイバーに被せるものは0.6mmの熱収縮チューブです。釣り用としてアマゾンで購入しました。

M_image

  ブラボーとは

脚は大きなヒケやバリ、細かいところが欠けたものが2割くらいありました。このキットは全体的にもヒケが結構あって修正に骨が折れました。今時のキットに慣れてしまってそう思うのかもしれませんが、、、、。(もしかして投げ売りしてあった原因はこれかも、、、。)
修正が必要なパーツは一旦モールドを削り落としてヒケをパテで修正したあと、真鍮線でモールドを作ります。

M_image

  ブラボーとは

タイヤはホイールとの境目があまくフリーハンドで塗り切れないのでコンパスを使い、針で境目をけがき、それに沿って塗り分けました。

M_image

  ブラボーとは

泥よけは実機の写真だと自転車の泥よけのような形ですが、キットではむしろ逆なので、取り合えず削って薄くし、ステーの部分はモールドに沿って穴あけ加工しました。三つ並べたパーツの上は加工前のもの、次はタミヤ製、下は加工中のものです。

M_image

  ブラボーとは

タイヤを回転させるために、車軸を堅牢にするため外径1.6mmの真鍮パイプと1.2mmの真鍮線で作り変えました。

M_image

  ブラボーとは

取り合えず2機分出来たのでタイヤハウスに入れてみました。後でタイヤユニットを外して塗装するためまだ接着していません。3機目は飛行状態にするか、またはタイヤを脱着できるように加工するか迷っているところです。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。