模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

バンダイ 1/70コスモタイガーⅡ(旧キット) Vol.3

2019/12/15 20:07

通販サイト

販売価格 3,620 円

M_image

  ブラボーとは

コスモタイガー第3回は胴体下面を加工します。
1978年版の設定画稿ではコスモタイガーのメーンギアは翼内引き込みになってますが、EXモデル及び2202ではF/A-18類似の開脚型の胴体引き込みになっていますので、そのイメージを生かしつつ短い翼長+幅広胴体の特長を活かす為に引き込み方法をストレーキ一体のバルジ内に機軸並行のF-14やSu-27系と同じタイプにします。
と言う訳で脚格納庫の開口ラインをマスキングテープで決めて掘っていきます。

M_image

  ブラボーとは

脚格納庫ドアはジャンクパーツからハセガワF-86Dのマイティマウスのガワを使います。
カットライン確認用にパーツを当ててみると曲面までぴったりです。

M_image

  ブラボーとは

タイア収納部のドアはこれでいいとしてその後ろはどうするかな……と考えましたがカノピを切り出した後の余剰部分がなんかいい感じの曲面になってるな、と気付いたのでこれをカットして当ててみます。

M_image

  ブラボーとは

あ、いい感じですねw
と言う訳でカノピの主脚格納庫ドアの狭い方はカノピの切れっ端を2枚重ね合わせて厚みを出して使う事で問題解決です。
これ駄目だったらプラ板をドライヤーで熱して曲げたりとか面倒臭い作業が待ってたので助かりました。

M_image

  ブラボーとは

ドアの問題が片付いたので覚悟決めて穴開けます。
まずは大径のドリルでぼこぼこと穴あけ。
本当はがれきっさ猫鯖さんで超音波カッター借りてさっくり切ってしまおうと思ったんですが、

ワイ「てんちょー超音波カッター貸してー」
店長「超音波カッター壊れたー」
ワイ「ギャー!!」

なやりとりがあって手作業で根気よくですw

M_image

  ブラボーとは

ドリルで大雑把に抜いたら糸鋸とカッターとヤスリで形を整えます。
実はこの時大チョンボしてたんですがそれに気付くのは次の写真の段階です。

M_image

  ブラボーとは

主脚柱を通してサイズを確認……したところでやらかしに気付きました。
はいもう一目瞭然ですね、タイアを外側に向けようと思ったら脚柱収容部は内よりに開ける必要がありました。
本当は修正しないと駄目なんですが飾ったら解りにくい部分なのとタイムリミットのある製作だったので今回は修正はやめました。
三座型と雷撃型作る時にはちゃんと修正します……

M_image

  ブラボーとは

ちょっとミスしてしまいましたが主脚格納庫開口が出来たので次はVTOノズルとスタンド接続部、および主脚格納庫内部の処理をして行きます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。