模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

バンダイ 1/70コスモタイガーⅡ(旧キット) Vol.4

2019/12/21 21:08

通販サイト

販売価格 3,620 円

M_image

  ブラボーとは

コスモタイガー第4回は機体下面のVTOノズルと飾り台取り付け穴の処理をしていきます。
VTOノズルは他のスラスタより形状は悪くないですがちょっと形が好みじゃないのであえて(自分の好みにあわせて)形状を変えます。

M_image

  ブラボーとは

ノズルパーツはコトブキヤのダクトノズルⅡの縦長の一番大きいものを選びます。
シャッター式で巡航中はシャッター閉じてRCS低減するタイプですね。イメージとしてはハリアーよりもYak-38?

M_image

  ブラボーとは

元のモールドを削り取り、ノズルを埋め込む為に角型に穴を掘って裏側からダクトノズルを埋め込みます。
ノズルの縁がちょっと出るくらいに調整して接着します。

M_image

  ブラボーとは

飾り台は使わないので飾り台接続部の凸穴を埋めます。
単純に埋めるだけだとちょっと物足りないので穴の形状を活かしてディティールを追加します。

M_image

  ブラボーとは

こちらはウェーブのU・バーニア角Mの正方形タイプを使います。

M_image

  ブラボーとは

U・バーニアの正方形だと何気に差し込み穴にサイズがぴったりです。
バーニアの中央部にあるフェンス部分が機軸に並行になるようにして裏側から接着します。

M_image

  ブラボーとは

飾り台固定部の溝はプラ板で埋めます。
埋め込んだバーニアはVTOノズルとは異なり縁の部分を削り込んで機体外板とツライチになるように成形します。
最初はAPU/電子装備冷却用放熱グリルをイメージしましたが位置的にチャフ・フレア・ディスペンサーと解釈する方がいいかもですね。

M_image

  ブラボーとは

主脚を受ける為のフロアパネルを組んで行きます。
主脚取付後に自重でめげてしまうと困るので1mm厚のプラ板を5mmスチレンボードで支えて水平を維持させています。念の為センターライン上にもスチレンボードで支柱をつけてあります。

M_image

  ブラボーとは

内部に組込んだ主脚格納庫フロアと機体上面パーツとの干渉する部分を調整して上下を貼り合わせました。
次回は機首と胴体の結合、主翼の成形に進みます。

使用した工具、塗料、材料


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。