模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

バンダイ 1/70コスモタイガーⅡ(旧キット) Vol.5

2019/12/29 21:31

通販サイト

販売価格 3,620 円

M_image

  ブラボーとは

1/70コスモタイガー、機首と胴体の結合ですが機首下面でラインを揃えようとするとこのとおり接合面に巨大な隙間が空いてしまいます
そのまま接着するとVer.Kかよ!と言わんばかりに機首が豪快に垂れてしまいますので補正を加えながら機首と胴体を結合します

M_image

  ブラボーとは

機首と胴体を結合する前に機首ブロック内側にお約束のおまじないを仕込みます
ホイールベースが長く主脚取付位置が重心後方に移ったのでいらないとは思うのですが胴体内部に色々詰めた関係で胴体が重くなってしまってるので念の為です……まぁそれ以前にジェット作る時は説明書に指定なくても仕込んでおかないと不安になるのですけれどw
また機首パーツシート後方の突起部は後方視界無くす高さだったので削り落としてコトブキヤのマイナスモールドで電子機器室蓋風に変更してます

M_image

  ブラボーとは

機首パーツと胴体パーツを貼り合わせ、下面側の隙間に0.3mmプラ板を2枚重ねて埋め込んで角度を補正します
接着剤硬化後に余計な部分を切り取り、パテと鑢で成形します

M_image

  ブラボーとは

パテが乾くのを待ってる間にエンジンを作ります
ファントムのJ79のノズルが直径ぴったりなのですがハセガワ1/72ファントムを作ると1機ごとに2機分形状違いでノズルが余剰になるのでそれを埋め込みます
1mmプラ板を胴体断面形状にカットしノズルを二つ並べて接着し、ノズル内部とアイリス板をクレオスC28黒鉄色で塗装します
このノズル自体は外部には露出しないので塗装はあっさりです

M_image

  ブラボーとは

胴体後部にエンジンブロックを埋め込みました
コスモタイガーは双発なのか単発なのか未だ議論に決着が付きませんが今回はⅢの劇中映像に準じた双発仕様になります

M_image

  ブラボーとは

パテが乾いたので機首と胴体の結合部を成形します
またテイルコーン・主翼・垂直尾翼を仮付けして全体のバランスを確認します
この時にインテークベーンを取付ましたが古いキットにありがちなかなりの肉厚パーツですので内側から削り込んでエッジを薄く加工しています
ベーン内側は事前にクレオスC311グレーFS36622で塗装してから接着しています

M_image

  ブラボーとは

ここで一旦手を止めてPhotoshopでデカールのデザインを作ります
インクジェットでカールに印刷するので機体色より明るいグレイや白は発色出来ない為マーキング類は本当はライトグレイにしたかったのですが今回は機体色より暗いグレイでロービジ仕立てにしています
垂直尾翼のマーキングは2199のコスモファルコン加藤機のマーキングを参考にしながらのアレンジです
出来上がったパターンをストックが残ってたミラクルデカール(透明)に印刷しトップコートを吹いて乾くのをまちます
デカールは念の為予備を含め4機分作りました

M_image

  ブラボーとは

色味調整を兼ねインテーク周辺のみ塗装してインテークのコーションデカールを貼りました
胴体色はデカールの低視認色にあわせて田宮XF-56ダークグレイを使用します
次回は主翼の加工を行ないます


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。