模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤ1/50「日本海軍 零式水上観測機F1M2」作成過程~その12

2013/12/17 16:10

M_image

  ブラボーとは

2011年9月から作成開始し2012年4月に完成しました作成過程を連載させて頂いています。
タミヤ1/50「日本海軍 零式水上観測機F1M2」作成過程~その11に続き~その12です。

下地塗装を終わらせておりましたメインフロート(浮き舟)の基本塗装を仕上げます。
先ずはフロート上面の赤色帯部分をマスキングしまして、底面を機体下部と同じ日本海軍機の明灰白色(三菱系)を塗装し、完全乾燥後底面にマスキングテープを貼りまして、上面に日本海軍機の暗緑色(三菱系)を塗装します。

M_image

  ブラボーとは

乾燥を待ってマスキングを剥がしますと、赤い帯の部分がご覧のように成る訳です(笑)

このメインフロートも機体と同じくマスキングゾルの下処理をしておりましたので、マスキングゾルを剥いで塗装の剥がれを表現してあります。

ここで仮組みして雰囲気を確認!
ようやく下駄履きの機体が全貌を現して来ました♪
因みに、先に作成していた運搬台車も同じような塗装してあります。

M_image

  ブラボーとは

下主翼の底面に取り付けます翼端浮舟(補助フロート)の組み立てです。
キットの部品をそのまま組み立てると上写真の様に後方の支柱が少し浮いた状態になってしまうんです。

比較的パーツの合いが良好だったタミヤの秀作キットではあるのですが、思わぬところに古いキットならではの落とし穴が潜んでおります^^;;

本来補助フロートは折りたたむ事で収納される構造になっているのですが。。。
パーツ割の問題もあったのでしょう!
本来外側支柱(太い垂直の柱)と内側支柱(細い斜めの柱)と補助フロートの取り付け部分は独立して取り付けられているのですが、根元の部分で一体成型されております。

ここは、キットの支柱パーツそのまま使用する事にして、浮いてしまっている後方の柱接続部分をタミヤパテを盛って補修する事にしました。

パテの乾燥後、メインフロートと同じ要領で塗装をしました。

M_image

  ブラボーとは

次に、主翼工作の折に後回しにしておりました工作を(笑)
下主翼から切り取ったパーツにプラ板の短冊を貼り付けて行きます。

接着剤が乾燥したらサンドペーパーで丁寧に磨き上げましてぇ~!
仕上がりましたのは何かと言いますと。。。

M_image

  ブラボーとは

下主翼を折りたたむ際に上主翼と同じように跳ね上げる副翼です。
色々な資料を見ると格子状のモールドがありましたので表現したと言う訳(笑)

M_image

  ブラボーとは

仮組みして見ましたが、なかなかカッコよく仕上がって来たと自己満足(笑)

この副翼も機体と同じ要領で塗装を施しました。

M_image

  ブラボーとは

ここで操縦席の風防を塗装します。
ご覧の様にここはガラスを再現する為に透明なクリアーパーツが使用されております。
飛行機モデルでは極普通のパーツなのですが^^;

当然ガラスをはめ込む「フレーム」部分は塗り分けないとならない訳で!
後回しにして来ましたが、ここらで処理しておかないと後々の工程を考えると組み立てられないのでやっちゃいます(笑)

登場するのがもうお馴染みのマスキングゾルでございます!
風防パーツ上面にこのマスキングゾル塗り込んで乾燥させると、クリアーブルーを塗装したように見えますが、これが樹脂皮膜となっております。

今回はガラス部分をマスキングしなければなりませんので、デザインナイフで慎重にフレーム部分の細い所をけがいて、ピンセットで剥がして行きました。

風防内面は塗料がつかないようにマスキングテープを貼り付けておきます。

M_image

  ブラボーとは

塗装の下準備が出来ましたので、先ずは下地塗装の為にサフを吹いて乾燥させます。
サフが乾燥したら機体色である日本海軍機の暗緑色(三菱系)を塗装します。

完全乾燥には早いのですが、マスキングゾルが剥がれにくくなっても困るなと思い20分ほど乾燥させた後にマスキング部分を剥がして行きました。

M_image

  ブラボーとは

マスキングを全て剥がした状態です。

少々あらもありますが~ww
まあ、本格的に飛行機モデルを初めて作る私にしては上出来かなぁ~(笑)
なので突っ込みの無い方向でお願いします(^^ゞ

この様に曲面へ細いラインの塗装を施すのには、やはりマスキングゾルが有効である事を再認識しました。

M_image

  ブラボーとは

完全乾燥を待ちまして、ランナーから慎重に切り取った風防を仮組してみた。
クリアーパーツは「パキッ!」とかあり得るのでヒヤヒヤですが(笑)
何とかいい感じに仕上がりました(^m^)>

この風防、前期と後期と形状が違うとか何とか言われているようですが^^;
その辺は気にせずにキットのパーツそのまま採用です(爆)

これで、このキットの中で最も難しいと考えていた難所もクリアしたかな?!(笑)

~その13につづく。。。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

こてつ

こてつ
マスキングゾルは曲面には本当に重宝しますよね。
ただ剥がしにくい時は、僕はお湯に浸けちゃってます。^^

12月17日 21:50このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
こてつさん、コメントありがとうございます。
なるほど!
元々水性ですし、お湯に浸けるのも一つの手ですね~(  ̄▽ ̄)

12月17日 22:52このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。