模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

戦艦大和艦載機格納庫作成過程~その2

2013/12/24 13:31

M_image

  ブラボーとは

1/50スケールの零観を飾る飾り台として戦艦大和の艦載機格納庫をプラ板等を使いフルスクラッチで2012年5月から11月まで掛けて作成した「大和艦載機格納庫」の作成過程を順に書かせて頂きます。
戦艦大和艦載機格納庫作成過程~その1に続き~その2です。

前回書きましたように、戦艦大和の艦内部構造は「謎」が多く想像で作るしかありません。
先ずはベースとなる土台から作る事にしました。

M_image

  ブラボーとは

今回格納庫部分は全てプラ板によるフルスクラッチで作ります。
裏にプラ板で骨組みを組みまして強度を持たせBOX状に仕上げました。

M_image

  ブラボーとは

確りした土台が出来上がり(笑)

この土台上に零観を運搬する台車の軌条レールを設置し、完成した零観を飾る飾り台の役割もあります。

M_image

  ブラボーとは

艦載機格納庫は図面で確認しただけでもかなり大きなものである事から、その全てを1/50スケールで再現すると、とんでもなく巨大なものになるものですから、図面に示した黄色い点線の枠部分を切り取ったような形で再現しようと言う訳です。

M_image

  ブラボーとは

出来上がった土台の床面に鉄板を敷き詰めたイメージでプラ板を貼り付けます。
ここも完全に想像での工作で、実際の格納庫内の床面がどうだったかのは不明です。
後々に取り付ける壁面部分は抜きパネルを敷き詰めるように貼りました。

M_image

  ブラボーとは

戦艦大和の艦尾飛行甲板上には「軌条レール」が敷かれ、その上を運搬台車に乗せた艦載機を移動させるのですが、艦載機格納庫内にもこの運搬用軌条レールが敷かれていたとされています。

その軌条レールを再現して行きます。
レールを支える支柱を資料写真からその形状を確認して作る事から始めました。
約1.6mmの短冊状にカットしたプラ板を挟みこむように、タミヤの1mm角プラ棒2本を接着したものを用意し、それを約2mmの長さで切って行きますと、何処を切っても「+型」の支柱が出来上がります。

M_image

  ブラボーとは

レール部分はプラストラクト社の「I型鋼」(スチレン樹脂製)を使います。
このI型鋼に切り出した支柱を等間隔で接着して行きます。

M_image

  ブラボーとは

大和作成仲間に提供頂いた戦艦大和の艦上で撮影されたとされる貴重な写真資料を見ると「I型鋼」(スチレン樹脂製)そのままの形状では無い事が判りましたので、「1の字」になるようにI型鋼の上部方面を削りまして、タミヤの1mm角プラ棒をレール下面に接着しました。

M_image

  ブラボーとは

こうして自作した運搬用軌条レールを運搬用台車の車輪幅に合わせて土台となるベースに接着しました。

M_image

  ブラボーとは

ここまでの仕上がりを零観を置いて確認します。
これで艦載機格納庫ジオラマの基礎部分が出来上がりです。

次回は格納庫の壁面をプラ板で囲って行きます。

戦艦大和艦載機格納庫作成過程~その3へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント4件

modeller田村

modeller田村
いよいよ始まる大レース・・・違う違う大ジオラマですね(笑)
楽しみにして待ってましたよ。
満足させて下さいね。

12月24日 13:44このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
modeller田村さん、毎度コメントありがとうございます。
キットには無いフルスクラッチの世界ですのであまり参考にならない作成記かも知れませんが最後までお付き合いよろしくです(^m^)>

12月24日 17:05このコメントを違反報告する

すばる

すばる
おおー、格納庫ですか!
戦闘機の格納庫って面白そうですね!気になります( `・ω・´)
続き楽しみにしてますねヾ(。・ω・。)ノ゙

12月24日 21:11このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
すばるさん、コメントありがとうございます。
過去の工作ですがよろしければ続きもご覧下さいね^^。

12月25日 14:01このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。