模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

戦艦大和艦載機格納庫作成過程~その14

2014/01/14 17:04

M_image

  ブラボーとは

1/50スケールの零観を飾る飾り台として戦艦大和の艦載機格納庫をプラ板等を使いフルスクラッチで2012年5月から11月まで掛けて作成した「大和艦載機格納庫」の作成過程を順に書かせて頂きます。
戦艦大和艦載機格納庫作成過程~その13に続き~その14です。

今回は格納庫天井の照明工作を書かせて頂きます。
使用しますのは私の模型人として初導入のLED(発光ダイオード)です(笑)

お友達の作例にはふんだんに取り入れられ、あの光の魅力はこの格納庫の舞台には無くてはならない物として、構想と同時に取り入れる事を考えていました。

色々と方法を思案した結果、鉄道模型アイテム専門のショップさんで、お友達の「わき役黒ちゃん」さんから模型用LED電球を購入させて頂きました。

この商品、3mmの弾丸型・3Vの白色LEDに抵抗器がすでに付いているタイプが10本セットになっているものです。

M_image

  ブラボーとは

電気抵抗の計算や何かが苦手な私にはもってこいな商品(笑)
しかも、趣味の鉄道模型仲間のお友達から譲り受けた旧タイプのパワーパック(電源装置)がそのまま並列配線する事で使用可能とのありがたい説明が決め手となったのはここだけの話です(爆)

ご覧のように、テストではちゃんとLEDが発光してくれて、当たり前の事なんだけど、何だか感動した(笑)

M_image

  ブラボーとは

そんな訳で、これを格納庫の天井梁部分に8個セットして行く訳ですが、天井を這わせて電源装置までコードを延長しなければならず、そのコードの接続部分を、これまた苦手な半田付けをしなければならない訳です。

下手なりに何とか半田付け作業を克服したと言う裏話でもあります。。。

M_image

  ブラボーとは

+-の配線がショートしないように注意しながら、天井の梁と桁に沿うように這わせて一か所に集約して行く作業を施しました。

M_image

  ブラボーとは

こうして、格納庫内から大穴を開けて電源コードを外に引き出す事に。。。

M_image

  ブラボーとは

ここまで配線して固定してしまってからLEDが発光しないなんて洒落になりませんので、パワーパックに仮に接続して点灯テストです。

M_image

  ブラボーとは

問題なく全てのLEDが点灯しました。
ギミックと言うほど大した工作ではありませんし、ショートしないように繋ぐだけの簡単工作なのでお恥ずかしい限りですが、それでもこうして作品に光が灯るのは嬉しい物ですね♪

M_image

  ブラボーとは

さて、照明器具の「笠」をどうしようかと思案したのですが。。。
ここで今回初めて既製品のパーツを流用します。。。

アフターパーツとして販売されているガンプラの「バーニアセット」を一部流用させて頂きました。

これがまた奇跡の様なぴったり感!(笑)

M_image

  ブラボーとは

照明器具の固定具をプラ板でご覧のようにカットして、黒く塗装を施しておきます。
このプレート状の部品を上下2枚を組み合わせるように、LEDの配線を挟みこみ接着。
それを梁の下面に接着固定する事で、照明器具を固定しました。

写真のアップで見るとアラが目立ちますが^^;
突っ込みの無い方向でお願いします(笑)

M_image

  ブラボーとは

最後にLED照明の配線をきちんとまとめて、銅線で束ねるようにし天井の梁部分に固定しまして、格納庫内の仕上げは終わり格納庫自体は完成しました。

次回はいよいよ主役の零観の固定と、兵員や装備品等の小物をレイアウトして固定しこの作品の完成となります。

今しばらくお付き合いのほどよろしくお願いします。

戦艦大和艦載機格納庫作成過程~完成へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。