模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

アオシマ「1/32小惑星探査機はやぶさ」作成過程~その5

2014/01/25 13:32

M_image

  ブラボーとは

先に作品写真に投稿していた2011年完成作品、アオシマ「1/32 小惑星探査機 はやぶさ」(NECネット懸賞・非売品キット)の作成過程を書かせて頂きます。
アオシマ「1/32小惑星探査機はやぶさ」作成過程~その4に続き~その5です。

今回は、太陽電池パネルの表面の塗装・仕上げへと入ります。
塗装の際にはお馴染みになって来ましたが、先ずはマスキング作業です。

マスキングテープにて丁寧にマスキングを施しまして。。。

M_image

  ブラボーとは

表面もマスキングゾルにて凹凸部分をマスキング!

マスキングゾルが乾燥するのを待って、太陽電池パネル面へ塗装を施すのですが、今回キットの組み立て説明書ではMr.COLORの#110・キャラクターブルーを指定されているのですが。。。
半光沢のカラーなので、これを塗装すると太陽電池パネルのキラキラ感と言うか、透明感が損なわれると考え、ここは当初からクリアーカラーを使用しようと考えていました。

M_image

  ブラボーとは

そこで、使用しましたのはMr.COLORの#50・クリアーブルーです。

クリアーカラーは、塗り重ねる程濃い色合いになる為、均一に塗るのが難しいカラーなのですが、そこは一度に厚塗りをせずに何度か乾燥させながら缶スプレーで吹いて行きます。

まあ多少塗りムラがあるくらいでも、太陽電池パネル部分ですから光の加減で見え方が違いますので、それはそれでOKとします!

M_image

  ブラボーとは

乾燥を待ってマスキングを剥がして行きます。

完璧にマスキングをしたつもりでも、多少隙間から塗料がもれてしまっています。
が、そこは完全乾燥を待ってリペイントします。

M_image

  ブラボーとは

下塗りのシルバーがメタリックカラーなのに対し、上塗りの仕上げ塗装をクリアー(透明)のブルーで塗りあげましたので、写真では判りに難いですが、透明感のあるキラキラッとしたブルーメタリック塗装になりました♪

約2日間、しっかり乾燥させた所で、クリアーブルーがはみ出した部分をシルバーでリペイントしまして。。。

次に、一工夫(笑)

M_image

  ブラボーとは

タミヤのエナメルカラーのクリアーブルーにて太陽電池パネル面にアクセントを付ける為に、面相筆にてモザイク塗装を施します。

M_image

  ブラボーとは

同じクリアーカラーですが、塗料がラッカー系ではなくエナメル系で塗りましたのと、メーカーも違うので若干色が濃いブルーである事を計算して施して見ました。

「それらしく」なったかな(^m^)>
と言う訳で、太陽電池パネルの表面はこれで完成です。

M_image

  ブラボーとは

本体の塗装です。
マスキングを施してフラットブラックで塗装しましたのは。。。

M_image

  ブラボーとは

機体後部のイオンエンジン部分です。
乾燥後マスキングを剥がしたら、まあ想定通りに塗り分け出来ました。

M_image

  ブラボーとは

仮組みするとこんな感じです。

と言う訳で、次回は本体の塗装を公開します(^^ゞ

アオシマ「1/32小惑星探査機はやぶさ」作成過程~その6へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー8 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。