模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

コトブキヤ「よつばと!ダンボー」プラモデル作成過程~その7

2014/02/07 12:46

M_image

  ブラボーとは

先に「作品写真」に投稿させて頂いた、コトブキヤ:ノンスケール「よつばと!ダンボー」プラモデル
お友達の女流写真家さんから「撮影用小道具」にと依頼されて作成した作品です。
<2013年完成作品>

コトブキヤ「よつばと!ダンボー」プラモデル作成過程~その6に続き~その7です。

前回尺の問題で基本塗装の途中までのご紹介でしたのでその続きから(笑)
目と口の部分もマスキングをしてフラットブラックで筆塗りします。

マスキングが何だかお茶目なダンボー君です(爆)

M_image

  ブラボーとは

これでダンボー君の基本塗装が終了です(^^ゞ
これだけ見ると元のキットの成形色にも見え「塗装したのか?」と言う絵図らですね(笑)

ここまでご紹介したように、ちゃんと基本塗装が施されています(^^ゞ

M_image

  ブラボーとは

基本塗装が終わりましたので。。。
次はボデーのマーキングを施して行きます。。。

M_image

  ブラボーとは

マスキングテープにそれぞれの大きさで、三角形や星型をデザインナイフで切り込みましてマーキング塗装する部分に貼り付けます。

M_image

  ブラボーとは

マスキングで模った部分にフラットホワイトを筆塗りしましてぇ~!

M_image

  ブラボーとは

マスキングを剥がすとご覧のようにマーキング塗装が出来上がりです♪
ここまでの塗装は全てラッカー系塗料での塗装です。

M_image

  ブラボーとは

数字や小さな文字は流石に筆での手書きは無理なのでキット付属のデカールが登場です。
三角や星マークもあったのですがサイズが合わないのと数量が不足してしまう為、今回はその部分は塗装でマーキングしたと言う訳です。

デカール貼りは以前にも書きましたが。。。
必要なデカールを台紙からデザインナイフで切り出します。

M_image

  ブラボーとは

水性デカールですので剥離する為に作業順に必要な物から水に漬けます。
この時、水にどっぷり漬けるのではなく、ティッシュペーパーを敷いて水を入れた物を準備しそこにデカールを置く様にします。

台紙に充分水が染み込むのが確認出来たら準備完了!
ピンセットで慎重に台紙からデカールをずらす様に剥がして貼り付け面に貼ります。
その後ピンセットで慎重に滑らす様に貼り付け位置に持って行き、余分な水分を綿棒で軽く叩く様にして取り除きます。

M_image

  ブラボーとは

こうしてデカールも貼り付け完了しまして、マーキング作業も終了です!
感じを確かめるために組み立てまして、記念撮影です(笑)

M_image

  ブラボーとは

今回のマーキングは、お友達の天神さんが描かれた「箱絵のダンボー仕様」を出来る限り忠実にマーキングを行いました♪

同時進行で塗装作業をしていた「収納状態」を再現する為の「蓋パーツ」も並べて見た(笑)
デカールが完全乾燥するのを待ってフラットクリアーでコーティング塗装をし、それが乾燥してから、いよいよ仕上げ塗装に入ります!

コトブキヤ「よつばと!ダンボー」プラモデル作成過程~その8へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

kaokao05

kaokao05
屋根裏部屋の男さんこんばんわ(´∀`*)

1つ1つの工程をしっかりこなし
一切手を抜かないので、パーツが一つずつ綺麗に仕上がってますね

デカールを水にどっぷり漬けていたのが恥ずかしいです(^-^;A 勉強になりました

日々勉強ですね(´∀`*)

02月07日 19:49このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
kaokao05さん、コメントありがとうございます。
下準備が工程の大半を締めますね^^;
それもこれも、楽しい塗装と仕上がりを楽しみにする為の事です(笑)

私はマークセッターやソフター等を使わない人ですので、デカールの剥離は何時もこの方法でやっています。

02月08日 11:53このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。