模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ニチモ1/200戦艦大和46cm主砲作成過程~その3

2014/02/22 20:20

M_image

  ブラボーとは

現在ライフワークの様にして作成中のニチモ1/200戦艦大和。

46cm主砲は大和最大の火器であり、大和の一番の代名詞でもある訳ですから、キッチリと作り直そうと言う事で、2010年7月~2011年6月と言う期間で工作した過去の工作過程を書かせて頂きます。

ニチモ1/200戦艦大和46cm主砲作成過程~その2に続き~その3です。

割れてしまった主砲のカバー後部分のパテをサンドペーパーで磨き込みます。

で、磨いた主砲後部にキットでは再現されていない物を作ります。
何時もの如く、無いものは作れ!です(笑)
エッチングパーツには頼りません(^m^)>

M_image

  ブラボーとは

と言う訳で、主砲内部へ入る為のハッチを作りました。
得意技プラ板で大枠を切り出し、そこに同じくプラ板を切り出してハッチとなるパーツを貼り付けます。

ハッチのノブ部分にピンバイスで穴を開けておきまして、そこに既製品のボルトパーツ(マイナス凸型)をスッポリと埋め込み、ハッチのロックを再現してみました。

このハッチの下にステップがあります。
ここもプラ板を切り出して、ピンバイスで穴、穴、穴、、、
お手製のパンチングデッキの出来上がりです。

ハッチのヒンジも再現しておきます。

M_image

  ブラボーとは

パンチングデッキの底に、三角板を取付け補強しまして、同じ要領で二段目のステップも作成。

M_image

  ブラボーとは

最後にアーム状の物(ウィンチ?)をでっち上げて、、、
ハッチ部分は出来上がりです。

M_image

  ブラボーとは

次に主砲に耳のようについている「15m測距儀」をディテールアップしました。

こちらは、純正の測距儀パーツですが、ご覧のように裏側が肉抜きの為空洞となっておりまして^^;

何とも貧弱なのは何時もの事でございますので、ボリュームアップも兼ねまして改造を進めました。

M_image

  ブラボーとは

先ずはプラ板を切り出しまして、純正部品を包むようにして張り付けて行きました。

写真左が純正で写真右がプラ板を張り付けた物です。。。
これだけでボリュームが出ました♪

M_image

  ブラボーとは

同じ要領で、主砲塔3基分で左右6個の15m測距儀を一気に作り込んで行き。。。
プラ板の継ぎ目をヤスリとペーパーで磨いて行きます。。。

M_image

  ブラボーとは

途中でちょっと飽きて来たので(笑)

主砲の後ろに穴を開け、丸プラ棒を突っ込みまして。。。

コレなんでしょう?
通風塔でしょうかね?
まあ、それらしくでっち上げましたぁ~(^m^)>

M_image

  ブラボーとは

測距儀の工作に戻り、継ぎ目の凸凹が判り難いので、サーフェーサーを吹きまして、パテでの修正箇所を浮き上がらせます。

M_image

  ブラボーとは

凸凹部分にタミヤパテを塗り込みまして、乾燥を待ち仕上げて行こうと言う所です。

この後、ペーパーで研ぎ出しまして、まだ凸凹が目立つ箇所があった為、もう一度パテを塗り込み乾燥中と言う事で、次回は違う部分の工作を公開します。

ニチモ1/200戦艦大和46cm主砲作成過程~その4へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

tada771

tada771
ここまで、改造されると、凄いとか言いようがないですね。
資料の取集も大変でしょう!!

私の1/350は素組みで精一杯ですが、参考にさせていただきます。

02月23日 08:10このコメントを違反報告する

ヤミちゃん

ヤミちゃん
屋根裏部屋の男さんおはようございます♪


いやぁ〜、相変わらずプラ板の加工が上手いですね(^_^;)どうやればこんな風にできるのか・・・もう意味がわかりません(笑)4も楽しみにしてますす♪

02月23日 08:14このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
tada771さん、何時もコメントありがとうございます。

私も初めはサクッと素組みで仕上げるつもりで始めたのですが、WEBを通じて多くの大和モデラーと出会い、その工作技術に刺激を受けて約7年・・・・この有様です(笑)
まあ、好きでやっている事ですので、それが参考になれば幸いですよ^^。

02月23日 12:11このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
ヤミちゃんさん、コメントありがとうございます。

しばらく見なかったんで忙しいのかなと思ってましたが、コメント頂き嬉しいですよ^^。

プラ板工作、私も初めから出来た訳ではありません。
そこはやはり積み重ねで数をこなす内にプラ板の特性や組み立て方が自分なりに身について来たと言う事ですかね(笑)

02月23日 12:14このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。