模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ニチモ1/200戦艦大和 ジブクレーン作成過程~その2

2014/03/11 17:00

M_image

  ブラボーとは

現在ライフワークの様にして作成中のニチモ1/200戦艦大和。
過去の工作記になり恐縮ですが、2009年に自作した艦尾「ジブクレーン」の工作過程を書かせて頂きます。
ニチモ1/200戦艦大和 ジブクレーン作成過程~その1につづき~その2です。

※写真は当時のブログの容量の問題でかなり小さいサイズの写メでしか残っていません。
少々見難い画像ですがお許しを^^;

クレーン機械部分の工作です。
ここはキットでは再現されていない部分です。。。

M_image

  ブラボーとは

この時作業に集中して、経過の画像撮影忘れてました(^^;
いきなり組み上がりましたの図です(笑)

M_image

  ブラボーとは

プラ板・プラ角棒・プラ丸棒・プラH鋼等を組み合わせてスクラッチしました。

ワイヤー巻き取り機は、円盤状のプラパーツをジャンク品の中から探し出しまして、丸プラ棒を芯にして0.3mmの銅線を巻きつけ『それらしく』作りました。

M_image

  ブラボーとは

工作には、廃品までもパーツにしちゃう想像力が必要で、これ使えないかなぁ???
なんて考えている時がまた楽しいです(^m^)>

M_image

  ブラボーとは

艦尾に仮組みして雰囲気を確かめながらの作業でした。

どうでしょうかぁ?!
それらしくなったでしょうか?(笑)

ニチモ1/200戦艦大和 ジブクレーン作成過程~その3へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント4件

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
屋根裏部屋の男 さん
今から20年以上前に同じ町内で元海軍出身者で組織された「海友会」と言うのがありましたが、その一員に時期は不明ですが「大和」乗組の方が居られました。
現存されて折られれば是非とも「屋根裏部屋の男 さん」の作品写真見せてあげたかったですね。
大和の模型を見ては目を細めて当時を思い出しておられるようでした。
因みに亡父は海軍工作科の下士官でしたので「海友会」のメンバーでした。亡父は昭和20年11月(12月?、病気をしてから記憶が曖昧です)に呉に残務整理に出張したと言っていました。

03月11日 17:11このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
ロマン・スミルノフさん、コメントありがとうございます。

大和乗員の方のお話を直接聞いてみたかったですが、今となってはご存命の方も少なく、書物などで活字を読むくらいしか出来ませんね。

03月11日 17:55このコメントを違反報告する

tada771

tada771
巻き上げロープまで再現されており、凄いですね。感服しました。

03月11日 20:55このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
tada771さん、コメントありがとうございます。
キットでは省略されていますので再現したいところでした(笑)

03月12日 11:00このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。