模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ニチモ1/200戦艦大和 手摺り工作過程~その3

2014/03/25 12:25

M_image

  ブラボーとは

何時も過去の工作で恐縮ですが(^m^)>
2010年に行った手摺りの工作過程を書かせて頂きます。

ニチモ1/200戦艦大和 手摺り工作過程~その2につづき~その3です。

夜な夜な1時間程度、屋根裏部屋の工作室に上がりまして、コツコツと作業を進めた手摺りの支柱つけ。。。

左舷だけで「147本」立てておりましたので、両舷で「294本」となる計算(爆)

どんだけ暇なんじゃ!
と、思われるかも知れませんが^^;
暇を持て余してこのような事をしている訳ではありませんww

M_image

  ブラボーとは

そんなこんなで何とか両舷で「294本」つけ終わりました^^;

数えてませんでしたが、最初にざっと200本近く切った支柱が。。。
やっぱり足りませんでした(^m^)>

気分転換に錨の鎖を雰囲気を見る為に仮置きしてみた(笑)

しかし。。。
ここまでは、手摺りを付ける為の下準備>。<;;
これからが手摺り張り本番です(笑)

M_image

  ブラボーとは

でぇ!
右舷飛行甲板から、手摺りを銅線で巻き巻き開始ww

これがまた、思った以上に手間がかかります(汗;

M_image

  ブラボーとは

最初は、下段の手摺り線を張ってから上段の手摺り線を張ろうと思っていたのですが。。。

下段の手摺り線を張り出して程なくして、そのテンションに耐えきれなく接着部分が外れる支柱が何本も続出(泣;

M_image

  ブラボーとは

補修しながらの作業となるのですが。。。
こりゃ上段も同時に進行した方が効率がいいやぁ!
と言う事になりまして、途中から上段も同時進行して手摺り線を貼りながら、支柱に手摺り線を瞬間接着剤で固定する作業も、艦尾側から順に行う事に。。。

M_image

  ブラボーとは

手摺り線を貼りながら、支柱に手摺り線を接着しつつ、外れた支柱をまた固定する。。。
これまた、地味で手間が掛る作業でした^^;;

それにしてもぉ~!
とっても長い大和の全長に比例して、気の遠くなる作業が続きました。。。

(;´Д`)トホホ

因みに、この作業は船体が巨大なゆえ、作業台の上での作業が出来ず。。。
工作室の床に直接段ボール箱で作った突貫作業台を置き床に座っての工作となりました。

ニチモ1/200戦艦大和 手摺り工作過程~その4へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント2件

西大津ング

西大津ング
ですよねー。銅線を巻き付けるときのテンションが怖いですよねー^^;
でも支柱を実際差しての手すりは大和の荘厳な雰囲気が引き立ちますね!

03月25日 16:40このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
西大津ングさん、何時もコメントありがとうございます。
支柱を指で押さえながら巻きつけた銅線を引く作業の繰り返しだったのですが、どうしても外れる支柱が出てしまうんですよ^^;
しかし、苦労の甲斐はある作業でした^^。

03月25日 17:34このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。