模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ニチモ1/200戦艦大和 艦橋構造物の再構築~終了

2014/05/10 13:09

M_image

  ブラボーとは

2013年2月より開始した艦橋の作り直しの工程を書かせて頂きます。
毎度過去の工作で長々と恐縮ですが、お付き合いの程よろしくお願いします。

ニチモ1/200戦艦大和 艦橋構造物の再構築~その8に続き今回で終了です。

見張り台を艦橋構造物に接着し、接着面の隙間を綺麗に埋める為に、ラッカー薄め液(溶剤)で溶いたパテを筆で流し込むように入れてあります。

第二艦橋の上にある射撃指揮装置部分に装置を乗せる台を嵩上げも狙ってプラパイプを輪切りにして取り付けました。

M_image

  ブラボーとは

第一艦橋側面の見張り台張り出しの隙間をプラ板で埋めて、円筒部分にプラ板を切り出してブルワークを再現しパテで成型中。。。

ここはパテが乾燥後にペーパーで磨いて形を整える事にしています。

M_image

  ブラボーとは

ここで全体にサフを吹いてここまでの仕上がり具合を見ました。

この様に何度もサフを吹いて表面の凸凹や、合せ目部分のヒケなどを丁寧にペーパーで磨きながらの作業を同時に施しています。

最終的には仕上げのサフ吹きと基本塗装となるのですが、出来る限り塗装面を整える事で仕上がりが綺麗になります。

M_image

  ブラボーとは

見張り台の後方に設置する射撃指揮装置土台張り出しがありますので、キットのパーツを使用し、ペーパーで丁寧に磨きパーツのヒケ等を調整して接着しました。

見張り台の三角板がサフを吹いただけでいい感じに見えますね♪
やはり細かい作業ですが、こうして一手間掛けて情報量を増やす事で見違える物になります。

M_image

  ブラボーとは

切ったり貼ったりのディテールアップをした事で、見張り台と射撃指揮装置土台の合せ目にかなり隙間が出来てしまいましたので、パテで埋めて成型します。

M_image

  ブラボーとは

パテが乾燥後、丁寧にペーパー掛けして表面を整えています。
これで主な出っ張りが艦橋構造物に再び再生されました。

M_image

  ブラボーとは

地味な作業で画的には面白みがありませんが^^;
それでも着実に一つ一つのパーツを丁寧に作り込み、少しずつ形になる艦橋を眺めているのは楽しものです(笑)

これで基礎となる艦橋構造物の再構築は終了となります。
後々まだ改造を施していますが、工作順に公開する事とし、次回からは第一艦橋前面の「遮風装置スクラッチ工程」を公開します。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

きたかみ

きたかみ
自分はわりかしすっと終わらせることが多いんですけども
少しずつできていくのを見ているのもなかなかよいものですね。
これからもがんばってください。

05月10日 18:41このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
ウンデカンさん、コメントありがとうございます。

作成スタイルは人それぞれです。
この大和は特に思い入れがあるキットですので納得が行く物にしたいと思っています。
ありがとうございます。

05月11日 10:58このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。