模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ニチモ1/200戦艦大和 艦橋下部構造物の形状変更~その3

2014/05/18 16:25

M_image

  ブラボーとは

2013年2月より開始した艦橋の作り直しの工程を書かせて頂いています。
仕上がっていた上部中央構造物をバラバラに分解して作り直そうと言う作戦中です。

2013年4月に行った作業順に公開して行こうと思います。
毎度過去の工作で長々と恐縮ですが、お付き合いの程よろしくお願いします。

ニチモ1/200戦艦大和 艦橋下部構造物の形状変更~その3です。

兵員待機所の増設工作をブログに公開したところ。。。

M_image

  ブラボーとは

やまつく仲間の重鎮からメールが・・・・

「注意砲~。
大和型艦橋の形状は“A”型デアリマス。
決して・・“□”では有りませんので・・・序に改良しましょう~。」

これだけではマニアック過ぎて意味が判らんと申しましたところ(笑)
写真資料をご丁寧に解説付きでメール添付して送ってくれた~ww
※送ってくれた資料のコピーと改造中の写真です(笑)

何かと言いますと、艦橋下部の形状のお話でして(^m^)>
実は、ここどうしようかと思案していた部分だった事もあり、添付頂いた資料を見て「目からうろこ」その手があったか!と閃いた(笑)

M_image

  ブラボーとは

ニチモ1/200戦艦大和のキットは設計が古く、艦橋パーツが寸胴に近い形状となっていて土台となる中央構造物との繋ぎ目部分がひな壇状になる形なのですが、その前部の接点は一枚板で垂直に繋がり、艦橋は末広がりの形であるのが最近の考証なんです。(文章で伝わるか?ですが^^;)

同じキットを完成させている先輩モデラーさんの中には、この土台部分の基礎形状から作り直すやり方で作られた作例があるのですが、その場合艦橋側もそれに合わせて調整する必要もあってかなり大掛かりな工作になるのでどうしようかと思案していたと言う訳です。

送ってもらった資料を見て、艦橋下部のみをプラ板を使って末広がりの形状にする方法ならば大掛かりな難工事にならずして出来るのでは?と閃いた訳です。

そんな訳で、思い立ったら吉日(笑)
先ずは改良部分に干渉する部分をズバッ!と切り落しました(笑)

M_image

  ブラボーとは

先ずは写真資料を参考に現物合わせで寸法を取りまして、0.3mm厚のプラ板を切り出して仮組みをします。

こうして実際に組み上がりを何度も確認しながら、足したり引いたりしキッチリとした寸法が出たところで。。。

M_image

  ブラボーとは

それを型に0.5mm厚のプラ板に写して切り出したのがこちらです。
これを、左舷・右舷それぞれ準備していよいよ組み立て接着作業へと移ります。。。

ニチモ1/200戦艦大和 艦橋下部構造物の形状変更~その4へつづく


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー17 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント1件

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
模型道楽さん、毎度コメントありがとうございます。
やはり気の知れた趣味仲間がいると工作意欲も湧いてきますね^^。
特にやまつくの仲間は毎年一回幹事の持ち回りでオフ会を開催していますので、その場で作品を展示し模型談義に花咲かせるのが楽しみの一つとなっています。

05月19日 17:04このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。