模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/72 筑波海軍航空隊 零式艦上戦闘機21型 練習機

2018/09/11 18:35

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

1/72 筑波海軍航空隊 零式艦上戦闘機21型 練習機

  ブラボーとは

ファインモールド 1/72日本海軍零式艦上戦闘機21型 「至高のゼロ」
(月刊モデルグラフィックス2007年11・12月号付録)

筑波海軍航空隊で実際に運用されていた、中島製零式艦上戦闘機21型「練習用零戦」を再現しています。

尾翼に見られる機番号は、筑波海軍航空隊を示す「ツ-1182」機番号が記入され、その上方には分隊区分を示していると思われる「2」が記されています。

胴体後部の濃緑色と練習機を示す黄燈色の塗り分けラインが波型になっているのは、連戦11型も含めた練習部隊機に共通した特徴と言われています。

日の丸後方の白い横・縦帯は、編隊飛行時の姿勢確認用に塗られたものと思われます。

整備の便を考慮して、主脚カバー下部と胴体後端覆いを取り外しているのも練習用零戦に多く見られた措置だそうです。

この機体を使ったジオラマ作品を作成しました。
また後日、ジオラマ作品の完成写真をアップさせて頂きます。


ブラボー48 お気に入り登録4   ブラボーとは

コメント12件

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男

M_image

胴体後端覆いを取り外し、尾輪のダンパー部分を自作した以外はキットのまま無改造です。

09月11日 18:38このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男

M_image

この資料写真を基に、機体について筑波海軍航空隊記念館の関係者に聞き取り調査をし、出来る限り再現させて頂きました。

09月11日 18:41このコメントを違反報告する

雅信

雅信
屋根裏部屋の男さん。
完成おめでとうございます!
素晴らしい拘りの逸品ですね。
機体の色の変化が美しいです。
ジオラマが楽しみですねー。

09月11日 19:55このコメントを違反報告する

sirobouzu

sirobouzu
練習機の完成おめでとうございます。
記番号・日の丸や帯など全塗装や尾輪など随所に
調査された機体の再現がなされていて素晴らしいです。
一式陸攻の時も考証と再現が素晴らしかったですが今回も凄いです。
流石です。
ジオラマが楽しみです。

09月11日 22:47このコメントを違反報告する

Delta-3

Delta-3

M_image

すばらしい作品だと思います。

ふと、「資料写真」を拝見していて、こんなもの(↑)が垂直尾翼付け根あたりに映りこんでいるのを見つけました。この位置で駐機されているとは考えずらく、また、飛行しているとしても突っ込んでくるようで方向がどうも…。気になります(^。^;) それと補助翼はロール運動のために差動するのが普通らしいですが、現地改修の多かった”練習ゼロ戦”ではどうだったんでしょうか。気になります。

地下鉄漫才みたいなコメントでスイマセン(^。^;)

09月11日 23:13このコメントを違反報告する

柏木 光雄

柏木 光雄

M_image

完成おめでとございます。
実機写真に基づく製作素晴らしいです。
僕も沢山の写真を見ながら複座型を作りました。
筑波航空隊の機体を集めたいと思っていましたので、参考にさせて頂きます。

今度、記念館に行って見たいと思っています。

09月12日 06:23このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男

M_image

雅信さん、コメントありがとうございます。

今回、機体の基本塗装を何段階かに明度を上げたグラデーション塗装を施しています。
そこに気付いて頂けて嬉しく思います^^。

作品は既に完成し、筑波海軍航空隊記念さんに寄贈しております。
後ほどジオラマ作品の完成写真を投稿させて頂きます。

09月12日 10:34このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男

M_image

sirobouzuさん、コメントありがとうございます。

今回は特に尾輪部分の改造の為に、筑波海軍航空隊記念館関係者の方に多くの資料を送って頂きました。

零戦は比較的実機が残っていて、その構造が判り易く助かりました(笑)

09月12日 10:38このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男

M_image

Delta-3さん、コメントありがとうございます。

画像に不自然に写る機体につきまして解説しますと(笑)
添付画像をご覧頂くと判り易いと思いますが、原版写真の角度を水平に見ると駐機場奥に駐機状態の機体が写り込んでいる事が判ります。

友部飛行場(筑波海軍基地)のエプロンは広大な敷地に広がっておりましたので、撮影する位置や角度でこのように写ったのだと思われます。

補助翼につきましては、ごめんなさい、私そこまで詳しくないので^^;
機会があれば聞いてみます(^m^)>

09月12日 10:48このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
柏木 光雄さん、コメントありがとうございます。

貼り付けて頂いた練習機の写真を見た筑波海軍航空隊記念館スタッフから私に下記解説が送られて来ましたので、ご存知の事かも知れませんが転載させて頂きます。

以下転載

コウ419機に付いて。
21型機を3座式に改良したタイプ21型機としては生産326号機までの中の一機(主翼に腕付きマスバランスが付いている)327号機からは廃止。
現在の日立製作所が改造した機種です。
胴体尾翼前部分に安定板を付けているのは日立での改造機に成ります。
この機体が(コウ419)がツーの何番に成ったかは判りません。
レイセンの機体生産に日立も携わって居た事は地元でしかわかって居ませんのでお伝えしておきます。

以上転載終わり

スタッフより、是非記念館にご来館くださいとのことです^^。

09月12日 10:58このコメントを違反報告する

柏木 光雄

柏木 光雄
ご丁寧な解説有難うございます。
ハセガワのキットの中に3種類のマーキングが入っていました。その中にオレンジの機体がありましたので製作しました。
濃緑色の機体用のツー415のデカールも入っていました。
今度練習機のキットが手に入ったら作って並べてみたいと思います。

お手数をお掛けしました。これからもよろしくお願いします。

09月12日 16:17このコメントを違反報告する

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
柏木 光雄さん、お返事ありがとうございます。
きっと柏木さんなら素敵な作品が並ぶのでしょうね♪

こちらこそ、よろしくお願い致します。

09月12日 17:54このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。