模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ハセガワ 1/700 天龍 3

2020/05/29 00:02

M_image

  ブラボーとは

私が遊んでるオンラインゲームでイベントがあったのでそちらをプレイしてたら前回の日誌から間が空いちゃいました(^^;

艦橋の天板部分は0.4mmプラ板から切り出し、センターから両端に向けて薄く削り込みました。 写真だと分かりにくいかも?

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

煙突のトップパーツは穴を開けてから接着して傘みたいにはみ出している部分をヤスリで鳴らします。その後リューターで内側から薄く削り込み0.2mmプラ板で煙突内部の区切り版を再現しました。 この後ジャッキステーを再現していきます。

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

メインマストのヤードですがキットパーツのままですと厚ぼったいので中心部を除いて切り落としてからヤスリで表面処理をした後0.2mmプラ板で切り落としたヤード部を再現しました。 重量軽減用の肉抜き穴はプラ板を切り出したタイミングで行ってから接着してます。

M_image

  ブラボーとは

ヤード上部にある見張り所の窓部分がキットのままだと塞がってたのでこちらも汎用窓枠エッチングパーツで再現再現しました~

M_image

  ブラボーとは

こちらは方位測定儀なんですが、キットパーツだと支柱が太いので製作日誌1で肉抜きした輪っかの部分だけを切り出して程よい塩梅で伸ばした伸ばしランナーを支柱に使いました。それだけだと心もとない印象だったので思いっきり伸ばした伸ばしランナーを支え支柱とし3方向に取り付けました。

M_image

  ブラボーとは

それと錨甲板ですが今回は特になにも手を入れずそのまま使うことにしました。
手を入れずとも十二分なモールド表現されてますしね(^^)

M_image

  ブラボーとは

錨甲板は今回は何も手を加えなかったので別のパーツのディテールUPに挑戦してみました。それは内火艇です。 行ったのは操舵室の窓の表現です。普段は塗装で窓の部分を黒く塗るか軍艦色で塗装したままだったりします。今回は窓を開口して見ました。
ただこれものすっごい難しかったです・・・ ピンバイスとデザインナイフ、カッターだけだとこれが限界でした。今後もこの作業行うならマイクロ彫刻刀が欲しいかもです。

で、前回か悩んでるのが移設された探照灯の位置なんですよね。キットの通りだと第一・第二煙突の間の通風管の上部なんですが、同一位置に防雷具(パラベーン)も取り付ける事になってます。それだとかなり手狭だし探照灯が防雷具を下ろしたりする為のクレーンの邪魔になるし、でも移設されたのは間違い無いみたいでここをどうするか非常に悩んでます。手持ちの資料だとはっきりしないのでもう少し調べようと思います。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。