模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Su-15 Trumpeter 1/48 Fragon

2020/01/04 16:22

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

Su-15 Trumpeter 1/48 Fragon

  ブラボーとは

 昨年か一昨年に完成して撮影がノビノビになっていました。
 ソビエト防空軍の戦闘機Su-15の初期型です。NATOではフラゴンと呼ばれています。
 ノーズコーンが丸みのない直線的な円錐である点が後期型Su-15TMとの最大の違いです。
 実は完全な新規設計の戦闘機ではなく、シルエットは似ていませんが、Su-11(先月投稿)を双発にしたもの、という経緯です。ということで、主翼がSu-11と同じにモノになっています。(全く同じではありませんが、基本設計的には同じモノという意味です。)

 キットはトランぺッターの1/48ですが比較的初期の製品で、非常に作りづらいです。練習機型や後期型との部品共通化のため、機体のあちこちが別ブロックになっていて、プラの歪みなどで盛大に隙間ができます。

 大昔の、パイオニア2というメーカーの1/72キットでは、大型のR-98ミサイルを4発搭載していましたが、調べたところ、それは事実ではありえない装備でした。トランぺッターのキットのとおり、内側パイロンは小型の自衛用R-60ミサイルしか積めないというのが正しいです。

 ところでソ連には空軍(前線空軍)と防空軍の2種があるという話は有名ですが、ことさら「別軍」であると強調するほどのことではないと思います。日本の書籍などでは「ソ連では防空軍は空軍とは違う!」などと大げさに書きすぎだと思います。指揮系統が違うのは当然のことですが、制服は同一です。空軍と防空軍で何か違う徽章や色などがあるわけでもありません。当のソ連ではそんな程度の区別なのでしょう。

 それよりも、戦前からソ連の航空軍はVVS( ロシア語でВВС;Военно-воздушные силы СССР 無理矢理英語にするとBattle-air powers of USSR)と自称され、これには空軍、防空軍、海軍航空隊すべてが含まれます。ただしルフトバッフェのように指揮系統は一つではなく、それぞれの指揮系統がありますし、海軍航空隊は海軍の制服です。通常、日本語ではVVSはソ連空軍と訳されますが、海軍航空隊までも含む概念である以上、誤訳と言えます。空軍&防空軍の概念よりも、こちらのほうがよっぽど難しい概念だと思います。(^^;)

過去作品


ブラボー72 お気に入り登録7   ブラボーとは

コメント10件

Schlafen-MK

Schlafen-MK
完成おめでとうございます。
これもシルバーが良い感じですね。
撮影のライティングが独特で、いつもながら重量感が凄いです。
最後の写真の勲章が凄い方は、ミーシャとCosBearさん??

01月04日 18:09このコメントを違反報告する

CosBear

CosBear
Schlafen-MKさんありがとうございます!
ライティングは、位置を微妙に変えて何枚か撮ったりしています。ライティング一つで、おもちゃに見えたり、重量感が出たりと、かなり違ってくるからです。
私のもう一つの趣味が軍服蒐集ですが、ソ連の人はこれでもか!というくらいにメダルをジャラジャラするのが大好きですので、一度やってみたかったコスプレです。(^^) 防弾効果がありそうですね。
ミーシャは1980年モスクワ五輪のマスコットでしたね~。って私も当時は知りませんでしたケド。

01月04日 18:45このコメントを違反報告する

はぎけん

はぎけん
カッコいいですね~(o^-')b !
室内撮影でここまでリアルな質感を出すライテッング技術がすごいです。
ちなみにカメラは何をお使いですか?

01月04日 19:00このコメントを違反報告する

蛇の目オヤジ

蛇の目オヤジ
フラゴンですか・・・・参ったな。この何か棒のような変な航空機は僕も気になって同キットをストックしてましたが、こいつで空中ジオラマだなんて参りましたね。・・・これってカムチャッカ上空で大韓航空機撃墜したんじゃなかったかな?・・・そんな空中ジオラマは、顰蹙もんですが・・・・・受けるかも?

01月04日 19:08このコメントを違反報告する

CosBear

CosBear
はぎけんさんありがとうございます!
外ロケですと光量十分ですが、風や人目が気になりますし、室内ロケですと、狭いですし光量不足(100W電球1個だけです。)でシャッター速度が長くなります。一長一短でしょうか。
カメラはキャノンのデジタルKissXの初代という、紹介するのも恥ずかしい15年くらい前のカメラですが、とりあえず今でも使っています。

01月04日 19:17このコメントを違反報告する

kazuaoki

kazuaoki
CosBear さん、ブラボーです、
色々楽し過ぎます、ホント多趣味で博学で・・・
ミーシャの謎に一歩近づいた様な・・・
CosBear さんこんな感じの方なんだな~と分って何だか嬉しいです・・・(^^)

01月04日 19:23このコメントを違反報告する

CosBear

CosBear
蛇の目オヤジさんありがとうございます!
本当に細長いですよね、コレ。矢のようです。
40cmくらいあるので、撮影中の取り回しに苦労しました。
コレは初期型で1/48ですが、後期型Su-15TMを実は同じトランぺッター1/72で昨年完成させています。とりあえず先にこちらを撮影、投稿しました。
大韓航空機事件は小学時代にまさにテレビで連日報道されていた「リアルタイムに見聞きした事件」なので、さすがに情景写真にするのは気分的に憚られますね~。(^^)
後期型であるSu-15TMが、そちらの主役でした。

01月04日 19:25このコメントを違反報告する

CosBear

CosBear
kazuaokiさんありがとうございます!
軍事とプラモの知識ばっかりなので、結婚もできず子孫も残せなかったワケですね~。(^^)
きっと、ガンプラブームさえなければ、プラモや軍事にのめり込むこともなく、もっと違った生き方ができたのだと思います。
ガンプラブームさえなければぁ~!!!

01月04日 19:29このコメントを違反報告する

Fame461

Fame461
CosBearさま

おはようございます。
このシンプルなデザインに銀塗装、まさに僕のイメージするソ連の戦闘機です。
格好いいですよね。
そして、ミーシャにそっくりでチャーミングなCosBearさま!
それにしても凄い知識!
今では作品同様、この薀蓄が楽しみになっている僕がいます。

01月06日 09:01このコメントを違反報告する

CosBear

CosBear
Fame461さんありがとうございます!
ソ連の戦闘機は、最低限のものしか付いていない、シンプルで無骨なところが、西側の戦闘機とはまた違った魅力ですよね。

薀蓄は、あえて言おうと思っているわけではないですが、東側諸国のことは誤解が多い感じなので、ついつい語りたくなってしまいます。(^_^;)

01月06日 18:06このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。