模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/35 MFH Tiger1 なんとか完成

2013/08/12 03:32

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

1/35 MFH Tiger1  なんとか完成

  ブラボーとは

初めてのレジン&ホワイトメタル、エッチングのハイブリッドモデル。
なんとか完成までこぎ着けました。
プラモデルとは勝手が違い、歪みの修正や加工・接着・塗装にだいぶ手こずりましたが、AFV模型という事でウエザリングで誤魔化した感は否めません。また脱着可能な箇所が多いためか精度も甘い感じがあり、隙間がかなり目立ちますが無理に修正すると破損しそうなのでやめときました。
細かい作業が多く集中力も必要なので毎日取り掛かれたわけではないが、所要時間は約2ヶ月余。
作り応えのある一品でした。


ブラボー29 お気に入り登録3   ブラボーとは

コメント13件

くまのみ

くまのみ
完成おめでとうございます。

MFHらしく精密な仕上りですね。
重厚感も良く出てると思います。
実際に重いんでしたね。

チリ合わせは、大変ですよね、ある意味自分との戦いになりますからね。

08月12日 07:35このコメントを違反報告する

tomo0707

tomo0707
素晴らしいです。
メタルモデルでここまで精密なモデルは始めて拝見しました。
私は20代の時、タミヤ製 1/25の内部まで再現したこの戦車のプラモデルを製作し、感動した時の事を思い出しました。(^_^)v

08月12日 07:56このコメントを違反報告する

わいどれしーばー

わいどれしーばー
くまのみさん、ありがとうございます。
フルインテリアでなければ矯正して接着してしまえばいいんでしょうけど…。
実は同じMFH製1/700戦艦大和、1/20HONDA F-1 RA300と控えているので、今回の反省点を生かして、より良い作品を製作したいと思います。

tomo0707さん、ありがとうございます。
私も昨年、タミヤ1/25タイガー復刻版を製作しました。子供の頃高価で買えなかった記憶ありましたが、いざ製作してみると結構、簡略化された内部再現でしたね。
実は、昨年トランぺッター製1/16キングタイガー・フルインテリアを製作していたので、その時の経験が今回の製作にかなり役立ちました。(特に塗装に関して)
私が子供の頃には1/25センチュリオンや、他にもバンダイでも1/48シリーズで内部再現モデルが発売されてました。
また復刻されればと願ってます。

08月12日 09:35このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
戦艦大和をお持ちですか!
完成写真しか見た事ないですが、素晴らしい再現ですよね。MFHは、キットの出来が素晴らしく大好きです。山積みの中に、あと二つ控えてます。
個人的には、RA300が欲しいキットですので、製作に入られるのを楽しみにしています。

08月12日 13:16このコメントを違反報告する

オカッシ-

オカッシ-
わいどれしーばー さん、始めまして、新参者ですが、宜しくどうぞ。皆さんのコメントが西暦何年のものかわかりませんが、MFHのタイガ-後期をこのたび購入しました。極初期から後期までタイガ-だけで7個、山積み状態ですが、フルインテリア、メタルということでまた、製作を5年ぶりに再開したいと思います。これは、後期型でしょう?インテリアの中の色は何を参考に塗装されたのですか?歪みの修正や加工がそんなに必要なのですか?心配です。

12月18日 13:30このコメントを違反報告する

わいどれしーばー

わいどれしーばー
オカッシーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
このタイガーは最初に販売された後期型です。
正直、これを製作した時の私はレジンやホワイトメタルに関して全くの素人で何のノウハウもありませんでした。
今、思えば 余りにも無謀な事だと思います。
確かにホワイトメタルは変形しやすく歪みが生じるのは否めません。でも仮組をきちんと行い修整すれば問題なく製作できると思います。
とは言っても上級者向けキットなのでそれなりの覚悟は必要だと思います。
技術というよりは根気だと思います。
例えば、履帯の組立や転輪のリベット等はうんざりさせられました。
内装塗装は、以前に製作した トランペッター1/16キングタイガー(フルインテリア)の塗装を参考にしました。
プラモとは違い細かな整形や加工、修整、下処理を施さなければなりませんが、完成した時の達成感は格別だと思います。
貴殿が製作、完成される時を楽しみにしております。
今後、よろしくお願いいたします。

12月18日 23:06このコメントを違反報告する

わいどれしーばー

わいどれしーばー
オカッシーさん、そういう経緯があったんですね。不安がよぎる心中、お察し致します。
履帯の組立は二つのパーツを接着しながら繋いで行きます。可動はしますがRCの様に走行出来るほどの強度はないと思います。私も幾つかのメーカーの履帯の連結は経験ありますがこのやり方は初めてでした。
転輪のリベットは、プラモであればモールドで再現するような箇所をゴマ粒位のパーツとワッシャーで再現するというもので、そのために転輪一つに十数か所の穴をピンバイスであけて打ち込んで行く。これを16個、作ります。
因みにパーツを接着する箇所はピンバイスで穴をあける事になると思います。
ホワイトメタルに関しましては、柔らかくちょっとした力加減で変形してしまう、という事です。ですから修正もしやすいですが細いパイプ類などは簡単に曲がってしまいます。
内装色はトランぺッターの組立説明書の指示が概ねだったと思います。
殆どがオフホワイトとレッドブラウン+赤(私はハルレッドにしました。)機材類はフィールドグレイか何か、そんなような感じでしたね

「NEOのプラモ・ギャラリー」というブログがありまして、この方が 1/16キングタイガーの製作過程を詳細にアップしていますので、参考になるかと思います。
タイガーⅠ型とは結構、共通部分があると思います。

もし私のコメントが不安をあおってしまっているようなら、申し訳ありません。
私はエアブラシも使った事がありませんし、このキットが初めてのレジンとメタルによる製作でした。それでも不恰好ながらも完成させることが出来たのだから、きっと問題なく製作できると思います。
最初にも書きましたが技術力や器用さより根気や忍耐力の方が要求されると思います。
焦らずじっくりと取り組んで下さい。応援してます。

12月19日 14:18このコメントを違反報告する

オカッシ-

オカッシ-
御丁寧に返信、有難う御座います。実は私、5年前くらいに椎骨動脈解離による延髄梗塞となり、それ以来、模型に手を付けてないのです。入院当時は左手が痺れ感覚がなかったですが、現在は、全く麻痺はありません。こういうことは、作品のコメントに書くものじゃありませんね。お許しください。そのため、エアブラシの扱い方も忘れている次第です。大丈夫でしょうか?不安です。
この後期型、てっきり初期型の後に販売されたものと思ってました。MFHのHPをよく見ると再生産だったのですね。もしかしたら、初期型のほうが不具合など改良されていた可能性ありますね。
履帯の組立もフリウル、モデルカステン なら使ったことはありますが、それより、簡単かなと思ってますが、どうでしょう?
転輪のリベット等がうんざりというのは?可動式のタミヤのラジコン1/16RCドイツLeopard 2A6 も製作しておりますが、そういうものと作り方が違うのですか?
塗装に関しては、貴殿が以前、製作したトランペッター1/16キングタイガー(フルインテリア)のキットに塗装色が載っていたのですか? 
確かにホワイトメタルは変形しやすく歪みが生じるのは否めません。でも仮組をきちんと行い修整すれば問題なく製作できると思います。→金属エッチングは以前よりプラモデルに組み込んでいましたが、アベ-ル、ヴォイジャ-とかのキットです。ホワイトメタルというのは、エッチングで使う普通の金属と性質が違うのですか?組み立てた後、もしくは組立しないまま長期間放置してると変形するのですか?
現物が届いてから質問したほうがいいかもですね。

12月19日 14:19このコメントを違反報告する

オカッシ-

オカッシ-
2回ほど書き直しているうちに返信され、時系列が逆転してしまって申し訳ありません。また、一つ一つ丁寧な御回答有難う御座います。履帯の組立の初めてのやり方と転輪一つに十数か所の穴をピンバイスであけて打ち込んで行く。これを16個、作ります。なにか聞いただけで疲れました。たまりにたまった古い在庫が20以上あり、死ぬまでにできるかなとも思っています。これは、冗談ですが…、病気以前に作りかけのものが、2つ(ドイツ4号戦車G型、IV号突撃榴弾砲ブルムベア) あり、フィギュアも5体製作途中で、新たにこの面倒くさいものにとりかかっていいのか迷うところです。部屋もゴミ屋敷化してますし、まず、ここからです。今日届く予定ですが、とりかかるのはいつになる事やらわかりません。その時は、御指導御願いします。あと一つだけ愚門になるかもですが、後期型なのに迷彩にしなかった理由はエアブラシを使わないからですか?

12月19日 15:06このコメントを違反報告する

わいどれしーばー

わいどれしーばー
迷彩にしなかったのは単純に史実にあまり興味がなく、そこまで忠実に再現しようとは思っていないからです。戦車にしても戦闘機にしても搭乗員やパイロットの仕様にまで拘る方もいらっしゃいますが、私にはそこまでの知識がなくイメージや感覚で製作する事が殆どです。ドイツ軍の戦車はたいがい、デザートイエロー(?)で塗装してしまいます。詳細に再現されている方に怒られそうですね(笑)

余談ですが1月にトランぺッターから1/16 Ⅳ号戦車(フルインテリア)が発売される予定です。大型サイズの物はもう飾る場所がないので手を出したくないのですが、予約注文してしまいました。私も積プラと完成品の置く場所がなくなってきました。(笑)

12月19日 16:03このコメントを違反報告する

オカッシ-

オカッシ-
トランぺッター1/16 Ⅳ号戦車(フルインテリア)はH型のやつですか?1/16 いいですよね。私もほんとは1/16 ばかりにしたかったのですが、たぶん、ちょい昔は種類が少なかったです。私が持つ1/16は先ほど話したRCドイツLeopard 2A61台だけです。大人になって初めてのプラ製作でエア-ブラシも初めてでした。塗料もアクリルだったですが、2代目からすべてラッカー系です。1/35ですが、ド-ラも完成させました。大きいですよ。1年かかりました。実際は半年くらいなのですが、デカ-ルは付属されてなかったので外国から取り寄せましたが、少量生産のため私が初めてプリントミスに気づき、生産し直して送ってもらって、時間が経ちました。英語のやり取りが大変で相当、勉強させられました。ネットにデカ-ル付のド-ラ完成品をアップしているのはないと思います。そのため、少し、転写部分が間違ってましたが、たぶん、アップすれば世界初かもです。
あ、今、例のものが届きました。小さくて、金属?の割には軽いですね。中身はまだ開けませんけど。箱が正方形に近くてビックリです。

12月19日 16:55このコメントを違反報告する

わいどれしーばー

わいどれしーばー
オカッシーさん>>1/35ドーラとは、かなりの大作ですね!
確か1m近い列車砲ですよね。難易度もかなりのものと聞いています。
これを完成させる技量があるのなら、MFH製も問題なさそうですね。
差し障りがなければ、是非 過去の作品の投稿をお願いします。
多くの人の目に留まれば私なんかより、ずっと的確なアドヴァイスを頂けると思います。
ここのメンバーの皆さんは惜しみなくテクニックやコツを伝授してくれます。
製作意欲も湧いてきますし、挫折しかけた時に励みにもなると思います。(^^ゞ

12月21日 00:47このコメントを違反報告する

オカッシ-

オカッシ-
わいどれしーばーさん,
申し訳ない、返事が遅くなりました。有難う御座います。模型以外にもスポ-ツ等でなかなか時間がないのです。この正月休みに部屋を片付け、(ゴミ屋敷だから時間かかる)なんとかド-ラ、アップできたらいいですけど、人形がまだ未完ですが、アップしようと思ってます。アップもしたことないので、方法もわかりません。背景はどんなふうに皆さん撮られているのかな?JPEG、GIF、PNGなにが違うのですか?というより高画質だったらどれがいいのかな?

12月25日 11:55このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。