模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤ1/24SOK ポルシェ911 GT2

2019/08/15 09:48

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

タミヤ1/24SOK ポルシェ911 GT2

  ブラボーとは

1996年7月の十勝24時間レースで優勝したJGTCマシン。空冷911の最終型である993ボディの唯一のまともな1/24キット(イタレリは論外)。これまでホビコムには自分としては気合の入った作品を発表してきましたが、正直疲れました、最近では製作が進んでいません。そこで今回はサクっとベーシック+αの工作でハイグレードな仕上がりを目指しました。まずボディはキャッチピン、アンテナ、キルスイッチのモールドを削り取り、0・4mm程度の穴を開けておき塗装後にエッチング、真鍮パイプ、洋白線に置き換える。フロントバンパーの開口部に真鍮メッシュ、ポルシェのエンブレムにもこだわって後付けにした。サイドウインドウは一部がスライドする構造なので0・3mm透明プラ板に換え、リアクオーターウインドウは0・3mm板を外はめ式にした、ワイパーはエッチング。コクピットはシートベルトをヒロのエッチングに、パイピングをそれらしく、インパネのスイッチ類を自作。塗装はまず塗装後に取り付ける指示のあるフロントチンスポイラーを接着しておき、アンダートレイに一体化しているサイドバンパーを切り離しボディに接着しておく。ただしこれをやるとボディとシャーシの合体が非常にやりにくくなるので注意。白、赤を吹いた後、デカールを貼りウレタンクリアー(バルケッタ)を吹いた。今回は短期間で完成させたがツボは押さえたつもりです。


ブラボー39 お気に入り登録4   ブラボーとは

コメント2件

Umihito

Umihito
短期間でのご製作とのことですが、ツボが本当に押さえられまくりで素晴らしくカッコイイ作品に仕上げられているのが流石です。
普段、とことんディティールを追求されているからこそ「ここは押さえたい」というポイントが自然に頭に浮かんでくるのでは、と感じます。

カッコイイプラモを作る、そんなプラモを始めた時の気持ちを忘れずにいたいなぁと私も感じました。

今後ともよろしくお願いいたします。

08月18日 02:38このコメントを違反報告する

ルーフctr

ルーフctr
Umihitoさん、コメント有難うございます。さすがはこだわりのコブラを作ったUmihitoさん、わかってらっしゃる!お仲間ですね。今回こだわったのはボディの一体感です、これだけで実車感がグッとでます。最近は製作が苦痛になってます、「ワクワクさせてよby中山美穂」のプラモを始めた頃の初心に帰りたいと思ってます。こちらこそ宜しくお願い致します。

08月18日 08:55このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。