模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ロビを組み立ててます(4)

2014/06/20 23:11

M_image

  ブラボーとは

今回はロビ再刊行版14号と15号の組立を行います。

M_image

  ブラボーとは

 14号は組立た右腕を右ボディカバーに取り付け、腕を回転させるサーボを取り付ける作業です。

 まず右ボディカバーの腕関節軸の真ん中の穴にサーボのケーブルを、その円周上にある溝に右腕の連結金具を通します。

M_image

  ブラボーとは

肩用のサーボホーンを前の号でIDを書き込んだサーボに取り付けます。

サーボの軸とサーボホーンの穴の形に注意してきれいにはまる所に合わせて差し込みます。

M_image

  ブラボーとは

ケーブルを挟まないように注意しながらサーボを右ボディカバーに差し込みます。

 とにかく腕から延びるケーブルを挟まないように組み込むのに苦労しました。しかも途中でケーブルがサーボから外れかかったりしたため差し込み直してます。

 先行版のロビでマイコンボードに各部を繋いでのサーボ動作テストでうまく行かない人がいたのも頷けます。ロビの組立でもかなり難しい所なのではないでしょうか。

 冊子では先にサーボを右ボディカバーにねじ止めしていましたが、組立サポート動画では先に腕の連結金具とサーボホーンをねじ止めしていました。

 サーボと右ボディカバーは結構しっかりとはまる為サーボが組立中に落ちる事は無さそうです。そのため先に腕を固定するためにサポート動画での順番に従い連結金具とサーボホーンをねじ止めしました。

M_image

  ブラボーとは

 肩の後ろ側のパネルを外し、中のサーボケーブルを引っ張り出して肩フレームの穴に押し込みます。

M_image

  ブラボーとは

 外した肩パネルをケーブルを挟まないよう注意しながら再びねじ止めし、サーボも右ボディカバーにねじ止めして14号の作業は終了です。

M_image

  ブラボーとは

 続く15号からは左腕の組立に入ります、基本的には右腕の作業を反転したパーツで行う感じですね。今回は左前腕の組立です。

 まずは左前腕フレームに指ホルダーをM2x10なべネジで取り付けます。

M_image

  ブラボーとは

次に親指をM2x5mmなべネジを使い、内側からねじ止めします。

M_image

  ブラボーとは

 最後に15号に付属するサーボケーブルの両側のコネクターに、3号に付属していた保護シールを張り付けます。

 コネクターの先からシールがはみ出さないよう、またコネクターの裏表に気を付けて貼り付けます。

 以上で15号の作業は終了です。

M_image

  ブラボーとは

 今回は外殻のみとはいえ、右上半身の形が見えてきました。左腕の組立にも取り掛かりましたね。

次は16・17号を進める予定です。届くのは来週の水曜日(14/06/25)頃でしょうか。

使用した工具、塗料、材料


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。