模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

YF-19(ハセガワ 1/48)

2013/05/21 11:50

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

YF-19(ハセガワ 1/48)

  ブラボーとは

これは以前に作成したハセガワ1/48 YF-19です。
2009年9月に発売された本キットは、ハセガワから久々に発売された完全新作、しかも1/48ということで、かなりの期待作でした。
組みやすさを前面に押し出したこのキットは、後の1/48VF-1、VF-11のブロック単位での制作が視野に入れられて今した。
パーツ割り事態は1/72のYF-19(およびバリエーションキット)と大きな差異はないモノの、その組みやすさ、精度は1/72のそれとは大きく異なる、魅力的なキットでした。

まぁき的には、ちょうどガンプラからエアモデルに転向するカトキハジメにあった頃で、まだガンプラ的手法が抜けきらず、必要以上にモールドを削ってしまい、スジボリを彫り直したり、ということを多々行っています(^^;
エアモデルの塗装方法もよくわからず、基本塗装→ウォッシングによるスミ入れ→デカール貼り、という手順で仕上げました。
まぁき的満足度は80%、といった感じです。

基本塗装はインストに従って、C318レドーム(50%)+C1ホワイト(50%)で塗装しましたが、ちょっと色味が小粋がしたので、その上から、基本色+C1ホワイトを加えて明度を上げました。
加えて、垂直尾翼および黒いラインはデカールではなく、C33つや消しブラックで塗装で表現しました。
現在では、一部塗装済みの専用のエッチングパーツも発売されていますが、私がこのキットを購入したときにはまだ発売されていませんでしたので、エッチングパーツは未使用です。
いずれ、エッチングパーツを用いてリチャレンジしてみたいキットではあります。


通販サイト

販売価格 3,270 円


ブラボー7 お気に入り登録0   ブラボーとは

コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。