模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

昭和20年代レトロ(約1/65 フルスクラッチ)

2013/12/21 15:21

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

昭和20年代レトロ(約1/65 フルスクラッチ)

  ブラボーとは

子供時代の想い出の再現です。昭和20年代後半で、木造家屋がほとんど、車は人力でクランクみたいな棒で回して始動をしていたのを覚えています。その頃は中野区の青梅街道沿いに住んでましたので道には馬車、路面電車が走っていたのを毎日みていました。車のウインカーは「ウインク」しない矢じり型の物が横に飛び出す「方向指示器」とか言ってました。商店は図書館で借りたモノクロ写真集を参考に作ってあります。縮尺は1/65くらいで全て手作りです。最も時間を要したのは、楼門です。これは自宅から比較的近くにある「国分寺」に残っている門を参考にしてあります。車はモノクロ写真を参考に作りました。色は記憶を頼りにしています。作製に1ヶ月を要しました。材料はプラ板、プラ棒です。


ブラボー29 お気に入り登録3   ブラボーとは

コメント13件

単コロ

単コロ
昭和の町並みをすばらしく表現されていて、癒されました。
どことなく江戸っぽい感じも出ていますよ。
電信柱の作りこみで雰囲気もアップしています。
車の方向指示器はおぼろげに覚えています。^^
地面が床っぽくみえるのがちょっと惜しいです。

12月21日 17:08このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん

M_image

単コロ様
コメント頂きありがとうございます。子供当時の記憶は、歳をとるとともに想いだします。最近のことは忘れるのにって感じです。写真では掲載しておりませんが、商店の裏側には昔ながらの「いわゆる汲み取り便所=最近は本当に見られなくなりました」も残しております。これだけでなく、これから町並みを増やして行こうかと考えております。当方、年金生活に突入(未だにタバコが止められない)ゆえ市販キット購入も躊躇する今日この頃です。最近はプラモデルが高くなったなーと店を回るたび考えてしまいます。単コロ様、ご指摘の通り、単品の製作に気合を入れすぎて、地面にまで配慮が回りませんでした。と言うより、「B型」ですので、最後に気を抜く性格が残ってしまったのでしょう。(言い訳です・・)
単コロ様、コメントくださりありがとうございました。

12月21日 19:25このコメントを違反報告する

panzervati

PROpanzervati
セマフォー、懐かしいですね。
子供の自分、オート3輪のを触っているうちに壊れて叱られた覚えがあります。
今でもウィンカー点灯しない時は腕での指示が義務付けられてますから問題ないのではないでしょうか。当時の車は車幅もかなり狭いしね。

12月21日 21:11このコメントを違反報告する

ブラスコウ/秋友克也

ブラスコウ/秋友克也
お見事です!
これだけの作業が1か月なら、かなり早いですね!
配置を考えるだけで何日もかかるでしょう?

12月21日 23:43このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
模型道楽様
コメント頂きありがとうございます。当時の方向指示器は飛び出し時、中のランプ?が点灯し、ほのかに光っているような感じでした。交通量も少なく、のどかな時代でしたからあれでも良かったのだろうと思います。今つけて走ったら見物渋滞になるかも? 改造届けの「8ナンバー」で許可になるかな~??
コメントくださりありがとうございました。

12月22日 07:50このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
panzervati様
コメント頂きありがとうございます。
車が道でパンク、故障しているのを良く見ました。闇屋をやっていたじいちゃんのトラック(進駐軍の払い下げ?)に乗せてもらい、小さかったので車によじ登った記憶があります。母親いわく、トラックは赤線通いの末、売り飛ばしてしまい。家は雨漏りだらけのボロヤでした。隣のお店で金曜日の夜、プロレスを見るのが楽しみでした。懐かしいですねー。力道山、シャープ兄弟、オキシキナ、トルコ等々・・・
コメントくださりありがとうございました。

12月22日 08:14このコメントを違反報告する

DIYおじさん

DIYおじさん
はじめまして。素晴らしいジオラマで、また、全部がツボに嵌る家屋や小物類が配置されていてたまりません。
先般、自分で日本家屋を作った際に、屋根で悩んでしまった挙句、波板トタンっぽく仕上げて(当時波板はあまりなかったはずらしく)いたのですが、作品を拝見して、やっぱりこの作例のような感じに作ればよかったと反省いたしました。勉強になりました。

12月22日 08:25このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん

M_image

ブラスコウ様
コメント頂きありがとうございました。
作るにあたり、どのくらいの大きさにするか迷いました。家1軒が手のひらに乗るくらいを目安にサイズ(1/65程度)を決めました。結局、車両も作ることになってしまいました。手のかかった楼門は屋根のそりをもたせる事と、下回りの屋根材の多さに、「やらなきゃ良かった」の後悔連発でした。出来てみると、本堂も・・欲が湧き出し、参考にするべきお寺を探し回ってます。屋根瓦の製作は半端じゃ出来ないだろうと思います。どうしたものか??正月に考えましょう。
コメント下さりありがとうございました。

12月22日 08:37このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
おやジ様
コメント頂きありがとうございました。
屋根には悩みます。模型ですと上から見るため屋根に視点が集まるためだとは思います。波板(トタン板)は作るのに手間がかかる(小さく波型に作る際に割れてしまう)ので、自分も平版にしてしまいました。サイズが小さかったので小物製作では接着する際にハジいて、床を探し回る、見つからず作り直すの繰り返しです。触ると壊れてしまうので、手順を間違えないよう試行錯誤の繰り返しです。人物の製作には未だ不慣れで、1人しか配置できておりません。とほほ・・状態です。
コメントくださりありがとうございました。

12月22日 09:50このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
私も東京で生まれ育ちました
未舗装の道路 木造の店舗
オート三輪も風呂屋の車庫にあったなぁ
国道一号も交通量が少なかったし。
よいですね ほとんど断片的な
記憶しかないのですがなんとかく懐かしいです
(もっとも私の場合は時代はもっとおくれて昭和30年代ですが)
電線、お店のサンプルなど
ドールハウスの作りのような素材を
生かした暖かさをかんじました

12月22日 12:26このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
hiroyuki@マルチ様
コメント頂きありがとうございました。
子供時代には、青梅街道と中野通りの交差点近く「杉山公園」(今もあります)のはす向かいでした。毎日10円をもらって風呂屋(5円のおつりで駄菓子を買う)で洗うより水遊びをしていました。冬でも素足で下駄を履いて鼻水たらして遊んでました。床屋に行くと首にシッカロールを真っ白に塗られて帰ったのを覚えてます。おちこちに空き地が残っていて虫取り、メンコ遊び、ビー玉あて、泥遊びをしてました。当方も断片的ですが、良い時代だったように感じてますが、子供は本当に大勢いましたよ、団塊世代の只中でしたので、更に記憶を頼りに町並を増設しようと思います。
コメントくださりありがとうございました。

12月22日 15:03このコメントを違反報告する

ブラスコウ/秋友克也

ブラスコウ/秋友克也
>屋根瓦の製作は半端じゃ出来ないだろうと思います。どうしたものか??
私は洋瓦でしか経験がありませんが、ある程度の大きさの瓦屋根を一気に再現するなら
石粉粘土(硬い紙粘土)を使うのが一般的なようですね。
打ち粉をして綿棒で板状に延ばし、ヘラなどで押して造型することになります。
延ばした石粉粘土は乾燥の際に割れたり反ったりする傾向があるので、
ヘラでやや深めに溝を刻んでそれらを予防し、乾燥後に同じ粘土で埋めるといいでしょう。

>波板(トタン板)は作るのに手間がかかる(小さく波型に作る際に割れてしまう)
それはひょっとして、金属板の両側を固定した状態で波をつけようとしていませんか?
板の上に並べた棒を1本おきに抜き、
軟弱な金属板(100円ショップのアルミ皿などが優秀です)の片側だけを固定して置き、
抜いておいた棒を順に戻せば、破れずに波形がつくのでは。

12月22日 21:57このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
ブラスコウ様
コメント並びに、アドバイスを頂きありがとうございました。
瓦屋根は、実際の瓦屋根のように1枚ず重ね合わせようと考えておりましたが、枚数が半端じゃないので始める前から腰が引いておりました。ブラスコウ様の書かれた方法は非常に有効ではないかと納得です。何でもかんでもプラ板で作ることから頭を切り替えないと、トタン屋根ばかりなってしまいますね。波板の屋根は両側から交互にスジを引きスケールの角で曲げると割れてしまう現象でした。棒を使う方法は考えてませんで、なるほどと納得を致しました。正月前にあちこち見て回り材料になりそうなものを物色してみます。ご丁寧にご指導頂きありがとうございます。ブラスコウ様の作品拝見させて頂き、更に納得をさせていただきました。
教えていただき感謝申し上げます。ありがとうございました。

12月23日 08:01このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。