模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

光明寺ハカイダー

2013/09/15 16:52

M_image

  ブラボーとは

♪~俺の名は 俺の名は ハカイダ~♪
潰せ 燃やせ 破壊せよ~♪

この写真を見て、歌詞が浮かぶ方は同年代ですね。

懐かしい物を、ネットで見つけてポチッとしました。これなら対でキカイダーも揃えなくては、と思いましたがキカイダーは品切れ中で入手出来ず。

レジンキットで、デフォルメされていますが、造形が劇中の雰囲気を良く
再現されており、気に入ってしまいました。光明寺ハカイダーです。
同メーカーからは四人衆ハカイダーも出ていましたが
個人的には、主役のキカイダーより光明寺ハカイダーが一番好きでした。
歌もいいけど、何せカッコ良かった。

製作中のマクラーレンがモチベーションが下がり気味でしたので気分転換にと
こちらを先に製作します。 

M_image

  ブラボーとは

パーツはこれだけです。12個程で、組み上がれば10cm位の物です
脳と目、頭のドームは透明レジン製で、ドームは磨き込まないといけないようです。
顔のイナズマはデカールが付属してますが、色がいまいちなので塗装で行きます。

マクラーレンの合間に、3連休を使ってサクッと作るつもりで買いましたが、
キットを見るとスジ彫りも浅く、パーティングラインも結構有り、本腰を入れないといけない感じです。
所詮レジンキットで、タミヤのプラモの様には行かないようです。

M_image

  ブラボーとは

いつもの様に離型剤落としからスタートです。

M_image

  ブラボーとは

下の部品からパーティングラインを消しながら仮組み中です。

しかし、フィギュアのパーティングライン消しは大変です。服のしわ部分の凸凹が大変で一度では消しきれないです。パテ埋めもしながら進めます。
普段の車のパーティングライン消しの方が断然楽で、普段フィギュア製作をされている方には頭が下がります。

M_image

  ブラボーとは

これは脳ですが、表面に血管が通ってて、下部の全体にパーティングラインがあります。凸凹が沢山で、これもまた消すのが大変でした。

M_image

  ブラボーとは

残りは、脳のカバーです。

M_image

  ブラボーとは

一応、パーティングライン消しが終わりました。

M_image

  ブラボーとは

接合部は、凸パーツが有りましたが、レジン製で心元無く、折れそうでしたので
2㎜の真鍮棒に置き換えました。

パテが乾いたら、とりあえずサフを吹いて再修正をします。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント10件

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
くまのみ さん
なかなか面白い物を見つけられましたね。
普段はリアルタイプのフィギュアのみ作成していますが、実はこの手のデフォルメのあるフィギュアも個人的には嫌いではありません。
フィギュア仲間にこの手の物を作る者がおりませんので話題に出ないだけでなのです。
7枚目の写真を拝見しますと確かにデフォルメされていますが、フォームはしっかりしていますね。
完成が楽しみです。

09月15日 17:13このコメントを違反報告する

modeller田村

modeller田村
ヒールの代表格ハカイダーことサブローですね!!!
口笛とハカイダーショットでクールさが売りで恰好良かったです。
仕上がり楽しみにしています。

09月15日 18:45このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
ロマン・スミルノフさん
コメントどうもです。

たまたま、見つけた次第です。
フィギュアと言ってもほぼ黒1色ですので、通常のフィギュアよりは
塗装が楽だと思います。通常ですと私にはハードルが高いですから。

09月15日 22:59このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
modeller田村さん

コメントどうもです。
そうですね、確かにサブローって名でしたね。
確かにカッコ良かったです。孤高の戦士って言う感じでしたね。

今日は、パーティングラインを消しながら、頭の中にはハカイダーのテーマ曲がリフレインしています。キカイダーのDVDを観たくなってます。

09月15日 23:04このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
くまのみ さん
黒一色(他の色も同様ですが)は、イザ塗装を始めますと思ったより苦労する場合がありますのでご注意下さい。
おそらく単純に黒を塗っただけではリアルにかけると思います。
くまのみ さんの今までの作品を拝見いたしておりますと間違いなく完成度の高い者が出来るだろうとは思いますが安易に考えてあれ!という事にならない様にしてください。
完成楽しみです。

09月15日 23:36このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
ロマン・スミルノフさん

そうでしたね、黒って案外難しかったですよね、油断してました。
一応、素材毎に変えていきますが、黒服の凹凸は明暗を付けるか
同かを思案中です。本物の素材はビニールレザー状みたいな物ですが、
凸部分は明るめの黒にすれば良いのかな?

09月16日 08:48このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
くまのみ さん
ビニールレザーという事は熱の伝わりが良いほうだと思いますので、熱を持った黒、熱を持たない黒を考慮されると凸凹部の色合いが決まってくるだろうと思います。
熱を持った部分の黒は明部は茶色(仲間内ではバーントシェンナを加えます)が入った黒になるでしょうし、熱を持たない黒は其の侭(仲間内では黒に、コバルトブルーとペイナーズグレーを加えますが)で良いかと思います。
後脳の塗装も楽しみですね。

09月16日 09:22このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
熱を持たない黒と言うのは布地と言う事ですかね。
脳の塗装は、具体的には考えてませんが、あまりリアルにやると
グロくなりそうですので、それなりに塗装をしようと思います。

09月16日 13:25このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
くまのみ さん
申し訳ありません。説明が不足していました。
熱を持たない黒とは、主に革製及び合成皮革などの類似品で体温で熱を帯びていない物の事です。ビニールレザーとありましたので、熱を持った黒で表現されるとリアルになるかなと推測したものです。
例えば、黒色のポーチ、黒色のマップケース、黒色のホルスター等です。
金属も黒く塗装されて日光などを受けて熱くなった部分以外のところ等をしめします。
布地ではラシャは革と同等の扱いをしていますが、他の布地は熱を持つ持たないより汗沁みがあるかないかで分けていますね。
参考になりましたでしょうか。

09月16日 16:34このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
ロマン・スミルノフさん

丁寧にありがとうございます。
結構塗り分け方法があるのですね、フィギュアの塗装は奥が深いですね。
この方面は、勉強しないといけない事が沢山あります。

09月16日 21:20このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。