模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/20 MFH フェラーリ312T4 フロント部

2014/04/20 20:57

M_image

  ブラボーとは

この前、メンバーの「カニ目のアシュレー」さんに教えてもらったインストを入手しました。1/12タミヤの物です。中身を見ると、「素晴らしい!」です。流石、タミヤの1/12キットの物です。パイピングや配線が漏れなく詳細に記載されています。
判らなかった部分の写真も載っていて、下手な写真集より情報満載です。
これを見る事で配線、パイピングの全体像が見えてきました。
F1のパイピングは大変です。パイピングの仕様を考えながら、
組み立て順番を考えないと後で作業が出来なくなりそうです。

カニ目のアシュレーさん貴重な情報ありがとうございます。
また、これから312T4を作成(ディテールアップ)される方には、絶対お勧めですよ。

話は、変わりますが、これをいつからインストと呼んでいるんでしょうかね。
小さい頃は組立書とか言ってたような気がします。

M_image

  ブラボーとは

意味不明な部品もあったのですが、タミヤのインストを観て判ったのが写真の「F5」の部品でMFHでは省略されています。フロント同様にリアも省略されてます。
是非とも再現しようと思います。

結局、まだエアーブラシが戻ってきません。
しょうがないので、0.5ミリのエアーブラシで塗装する事にします。
これは、手元でエアー圧を調整出来ないので多少面倒臭いんです。

M_image

  ブラボーとは

と言う事でエンジン部分を塗装しました。
シャンパンゴールドの指定ですが、赤金を使ってシルバーと混ぜました。
青金もありかなと思いましたが、この時代のエンジンはこんな感じかなと想像してます。
タミヤの指示は、オレンジとフラットアルミの混合指示ですから、これが正解なんでしょう。軽くウォッシングしています。

M_image

  ブラボーとは

フロント部分のパイピング用の金具を作ります。
手持ちの物から良さげな物をチョイスします。

M_image

  ブラボーとは

フロントディスクブレーキにもコード接続の金具をつけました。
位置や形は資料がないので想像です。
十字の物は、両方のディスクへコードを分岐する部分です。

M_image

  ブラボーとは

こんな感じで、透明チューブと黒コードを接続しました。

M_image

  ブラボーとは

フロントダクトも完成し、フロントディスク部分が形になりました。

M_image

  ブラボーとは

フロント部分の小物を取り付けました。

それぞれのコードを繋げます・・。
繋げます・・?。
繋がらない・・・!。

穴が小さくて、ルーペで見ながらの作業ですが、目がしょぼしょぼしてきて
焦れば焦るほど入らなくなるし、集中力がありませんので今日はここまでにします。
針穴に糸を通す様で、上手くいきません。老眼に泣かされます・・涙!。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー20 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント7件

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
タミヤのインスト、お役にたったようで良かったです。
少しずつT4の全貌が見えてきましたね。 一番最後のショットのフロントバルクヘッドのリベットの再現状凹モールドは最初からこんな深く掘ってあったんでしょうか? 今私はLOTUS49の凹モールドが結構曖昧で塗装で埋まる可能性があるためピンバイスで全てのモールドを掘り下げているものですから同じMFHのキットでもこんなに違うものなのか、ちょっと気になったものですから。

04月20日 21:17このコメントを違反報告する

ヒロユキ

ヒロユキ
パイピング難しい印象があります。

たしかにメカを理解してないと出来ない作業ですよねf^_^;

完成したらよりリアルなディテールに仕上がりになりそうな作業工程はさすがです。細かい作業もたくさんありそうですが頑張ってください。完成楽しみですp(^_^)q

04月20日 21:48このコメントを違反報告する

よよぞ

よよぞ
F5はサスペンションのスタビライザーにつながる、ロッドです。
スタビライザーはコーナ―リングする時に車体が傾き過ぎないように左右の
サスペンションをつないでいる機械的なシステムです。
左右の動きはガチガチでは無く、その強さもセッティングで変更可能で、
○16のA65が調整するパーツで、それを○4のA85のコクピット内のレバーで強さを
調整しますので、ここもケーブルでつながってるはずだと思います。
…とはいえ、完全に再現は難しいので、判る所、雰囲気で良いと自分は思っています。

04月20日 23:09このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
カニ目のアシュレーさん

インストは、いい資料になってます。
凹モールドのとこはリベットなんですね。
これから再現はやめときます。

穴の件ですが、手は加えてません。
そこそこに深くモールドされてます。
ウレタンを吹いても埋まらない位の深さです。

04月21日 07:45このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
ヒロユキさん

リアルさを追求してますので、そのコメントは大変嬉しいです。
車構造は知識なく、F1はもっと判りません。ですから集めた資料が全てなんです。

04月21日 07:53このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
よよぞさん

成る程、そう言う部品なんですね。
F1には、意味の無い部品は無いはずでしょうから。
数字の部分は、タミヤのインストの番号なんでしょうか?

確かにモノコックの左側に判らないレバーは付いてます。これに繋がる可能性があるのかな。
だとすると、再現にチャレンジしてみます。でもこれは、流石のタミヤも指示が無いですね。細か過ぎかも。

04月21日 08:01このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
よよぞさん

部品の説明判りました。
タミヤのインスト番号ですね。
A65が調整するパーツで、A85はやはりモノコック左側にあったレバーなんですね。
部品の内容構成が少しづつ理解できました。
詳しい説明ありがとうございます。

04月21日 22:20このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。