模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/20 MFH フェラーリ312T4 クリアーパーツ化その2

2014/04/29 03:06

M_image

  ブラボーとは

先日からの、部品の複製です。
前回と代わり映えしない記事ですがお付き合い下さい。

前回は、出来がいまいちで、モールドが甘かったりしていたので再度作り直します。

型を取る段階で、元部品の隅々まで行き渡る様にする為に塗料皿を容器にして
ぎゅっと押し込んでみる方法を取りました。

写真は取ってませんが、これも失敗です。
思いのほか型取りの量を使ってしまうのと
厚くなったので冷えるのに時間が掛かりました。
モールドもその割にはたいして前回と変わらずでした。

その他に、前回の物を整形していて気付いたのですが、パーツが元より厚ぼったくなっていました。
6個中使えるのは、1個のみです。

M_image

  ブラボーとは

もう一度型取りを温めて、やり直しました。
初回と同じやり方です。
パーツの細かい所にピンセットで押し込んでから全体を型に押し込んでます。

しかし、沸騰したお湯で温めるので、指が火傷寸前でヒリヒリです。
何とか今回で最後にしたいです。

M_image

  ブラボーとは

型自体は、シリコンゴムみたいな固さで弾力があります。
なので、合わせただけではピッタリ収まらず、部品が厚ぼったくなると思います。
なのでプラリペアを固まらせる時に、型自体に少し圧を掛けてみました。

M_image

  ブラボーとは

どうでしょう、かなりいい出来になりました。
上が前回作った厚ぼったい物で、下が圧を掛けたものです。
モールドもしっかりとシャープに出て、厚みも元パーツと同じです。

M_image

  ブラボーとは

これは失敗した物で、パーツの一部が切れています。
原因は、圧を掛けすぎて薄い部分が切れたようです。

M_image

  ブラボーとは

ピンセットで型を押し込んだお陰で、細かな開口部も綺麗に再現できました。

M_image

  ブラボーとは

一部欠けた部分があったのでプラリペアを少量付けて、少し平滑に均して固めます。

M_image

  ブラボーとは

ほとんど欠損部分が判らなくなりました。

M_image

  ブラボーとは

本日作り直して完成したクリアーパーツです。
このまま、一晩乾燥させて、バリを取って整形します。

M_image

  ブラボーとは

こちらは、失敗の山です。

プラリペアは結構な値段ですが、ネットで調べていたら100均で似たような物が有るようです。アクリルパウダーとアクリルリキッドという商品名で合わせて200円です。
性能もレポートによると変わらないようです。
ほんと100均は何でも有るんですね。
無くなったら、100均で探して見ようと思います。

何回も型を作り直したんで、この記事を打っている手も火傷でジンジンしてきました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー17 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント8件

TOOLBOX

TOOLBOX
パーツ作製で産業廃棄物の山・・・なんかデジャヴを禁じえません。^^;

存在しないパーツや、型取りからの複製はどうしてもトライ&エラーの連続になりますね。ここで心を折らずにたどり着くのが大変だったり。

プラリペアの性質上、型取りくんで雄型雌型を作ることが出来ないというのも、パーツ精度追求の難しさかもしれませんね。

100均での代替プラリペアは良い情報を頂きました、自分も早速探しに行こうと思います。

04月29日 10:03このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
複製キット、今後の為と思いじっくり見させて頂きました。
指先を何回も熱い思いされて大変でしたね、これからバリ取りと左右合体後の調整をして仕上がりを又見せてください。
でも、天下のMFHがこのパーツをバキュームクリアパーツにしなかったというのも理解できませんね、インジェクションキットとはいえ値段も1万円以上してますしね・
・・?

04月29日 17:37このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
TOOLBOX さん

確かに心がめげそうになりました。
何回作り直しても完璧な物は、なかなか出来ませんでした。
ある程度の所で妥協しました。

お陰で産廃の山となってしまい、プラリペアの5g入った粉もほとんど無くなりました。

04月29日 18:16このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
カニ目のアシュレーさん

この作業をしている時も、不思議に思いました。
なぜこれがクリアーパーツじゃないん?・・と。

しかし、今回初のF1キットを作っていて気付いたのですが、
キットでは省略されているパイピングの接続部分でも、キットにはきっちりダボ穴やそれらしい接合のピンであったりがちゃんと有るんですね。だからワザと手を加える部分を残して各人が楽しめる様にしている様な気もします(原価との兼ね合いかも・・)。でもこのクリアーパーツは無しでしょう!。

04月29日 18:24このコメントを違反報告する

tomo0707

tomo0707
均一な圧を掛けるのがポイントですね!!
正確な型取りには万力が必需品だと悟りました。
とても参考になりました。(^o^)v
次回型取りする時には万力の購入を検討します。

04月29日 21:03このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
なるほど
いろいろと参考になります!

04月30日 00:55このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
tomo0707さん

圧をかけたら部品の精度が上がりました。
型が柔らかいので圧のかけ過ぎもダメでしたので力加減が難しいです。
ちなみに写真のはさんでるやつは100均にありますよ。

04月30日 07:48このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
hiroyuki@マルチさん

参考になれば嬉しいです。
機会があればチャレンジしてみて下さい。
でも、精度は、まだまだですので他のコツがあったら教えて下さい。
でも手軽に出来て面白かったです。

04月30日 07:54このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。