模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

メタルマックス4より~コルレオーネ製作編

2015/09/22 20:21

M_image

  ブラボーとは

今回は「メタルマックス4 月光のディーヴァ」よりコルレオーネです。

M_image

  ブラボーとは

用意したのはサークルKサンクス限定1/64京商ミニカーコレクションよりフェラーリF430。日本橋の中古ガチャ屋等を回って探しましたが見つからず、初めてオークションなるものを利用して入手しました。結果安く上がって良かった良かった。
届いたその日のうちに塗装はがし液にドボン。まさか前の所有者の方もこんな姿になってるとは思いもしないだろうな~(笑)

M_image

  ブラボーとは

ゲーム中のエアロパーツや武装取り付け穴、側面から伸びるミサイル状の主砲装備用のパーツ。とりあえず付けてみるとなにやら似ている。
そうだ!快傑ズバットのズバッカーだ。フライ~スイッチオン!

M_image

  ブラボーとは

今回の武装。
主砲は2門のガトリングスタフ。対雑魚用の全体攻撃可能な主砲穴に取り付けるガトリング砲。敵弾の迎撃も可能というスグレモノ。真鍮線とプラパイプ、コトブキヤのガトリングで製作。
ボンネットには2門のS-E。機神乱槍(きしんらんそう)やXトルネードといった小型のミサイルをとにかくバラ撒く系の物を。
後部には機銃シックスブラストを装備。本来ならエアロパーツの上に配置するものですが強度的に心配なので後部に変更。
本来側面の2つの主砲取り付け部分が使えるまで改造すると最初の画像の通り天面に砲塔らしきものが載るのですが、デカールが隠れるという理由で無し。よってゲーム中では実現不可能な構成となってしまいました。

M_image

  ブラボーとは

今回の肝、デカール作り。使うプリンターはALPSのMD-1300。現状で白印刷するためにはやはりALPSか最近ハイキューパーツから発売された白 レーザートナーを利用するしか手がないようです。(一応は他にも「F式WD」と呼ばれる白箔押しで製作するという方法もあるようですが。)
現在私の環境としては白印刷できるMD-1300と、インクジェットが嫌になって導入したカラーレーザーMultiWriter5600Cがありますので、下地の白はMDで、カラーはMW5600Cで印刷し、2枚重ねる方法で製作することにしました。
画像はMDプリンターとそれを動かす専用に保存してあるWindowsMeマシン。Win2000からは動かないようで欠かせないマシンです。(しかしWinMeなのでちょっとヘソを曲げると真っ青な画面に…)

M_image

  ブラボーとは

レイヤー表示できるソフトで上半分と下半分を違うプリンターで印刷。前作のメガっポリタンの「ガソリン禁止」もついでに印刷しておりました。
画像は公式サイトから拝借。サイズを合わせます。右はカラーレーザーでのテスト印刷。
使用したデカール用紙はハイキューパーツのクリアデカールTH。はがきサイズで10枚入りと使いやすいです。

M_image

  ブラボーとは

デカールも完成しましたので塗装に入ります。本体は至ってシンプルにMr.カラーの8番シルバー。あまりギラついてないのがイメージに合うようです。

M_image

  ブラボーとは

白下地のデカールを貼った状態。横の窓が黒で塗られているのでこれをしておかないと全く発色しません。

M_image

  ブラボーとは

カラーを上に重ねます。やはりカラー部分はMDプリンターで印刷するよりキレイに仕上がりますね。

M_image

  ブラボーとは

クリアーを掛けてデカール保護。とはいえこの後つや消しにしてガシガシ汚すので適当に。
その汚しはマッドマックスが意識の片隅に残っていたのか汚しすぎた感にあふれております…(笑)
貼れる画像枚数もこれまでのようなので後は作品写真のほうで。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。