模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ポケール 1/8 ボルボ F16 その② エンジン

2013/04/06 11:12

M_image

  ブラボーとは

このスケールならではの最大の見せ場でもあるエンジンの組立てです。
前回に紹介したDVD-Rを参考にパーツを調整しつつ組み立てていきます。
まだビニルチューブやコードの取付は完了していませんが、この大きさなので後からでも作業可能です。

M_image

  ブラボーとは

エンジン左の側面の燃料送るパイプも1.0mmのアルミ線で自作しました。
エンジンの側面に這うようにアルミ線を折り曲げる作業は結構大変です。
写真左上に見えるフィルターの青い文字もデカールで追加しています。実車では文字は逆さになってます。
キット付属のデーカールに比べ質が良くなく水に浸し過ぎるとインクが滲んでしまうので注意が必要です。

M_image

  ブラボーとは

エンジンを上から見るとこんな感じです。
ラジエターとエンジンを繫ぐ冷却用のホースも実車同様にホースバンドで固定しているように見せるため1/8のエッチング製ホースバンドを取り付けています。

M_image

  ブラボーとは

エンジンやミッションケースにモールドされているボルト、およそ100個くらい?を全て削りとってメタル製のボルトに交換。
数えたのですが正確な数字は忘れてしまいました・・・
一つ一つ3種類ほどの大きさのボルトをねじ込んでいます。

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

ラジエターは実車はエンジンと金具で固定されているようですが模型では79565-18-Aに差し込むだけです。それだけではラジエターが安定しないのでL字型の金具を自作してメインフレームにボルトで固定しました。

M_image

  ブラボーとは

冷却用のホースAはビニールチューブ内にテレビのアンテナ線やオーディオケーブルなどを通さないと不自然に折れ曲がってしまいます。

M_image

  ブラボーとは

エンジンをメインフレームに載せたら、79680-26-Aを取り付けます。組立て説明では接着になっていますだ、実車のようにボルトで固定しました。不具合が発生したときエンジンを下ろせるように。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。