模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

フェラーリ F40 コンペティツィオーネ その18

2013/12/23 14:09

M_image

  ブラボーとは

ターボへとエアーを送るダクトの続きです。
自動車用品店で仕入れた自動車の深い傷補修用のパテをもってヤスリで整えてみました。
説明書きを読むと1cm以上は一度に盛り付けると割れるそうなので何回かに分けて盛ったり削ったりを繰り返します。思ったよりパテとホワイトメタルの食いつきも良いみたいで安心しました。

M_image

  ブラボーとは

パテの乾燥待ちの間に他の作業をします。排気管の仮組でアンダーボディを開封していたのでレース仕様用に加工します。トランスキットの説明書に加工位置が記されていますが、市販車F40のテールライトや排気口との位置関係などから自分でも説明が正しいか確かめます。中央の排気口が無いのが気になりますが・・・
実車の写真と模型とでの比率でおおよその寸法を計算してみました。

M_image

  ブラボーとは

アンダーボディ左端から45mm、上から10mmの位置に記しを付けます。ここに1.0mmの穴を開けます。
さらにアンダーボディ右端から55mm、上から10mmに記しを付け8.5mmで開けます。説明書の写真では右側の穴が左に寄りすぎで直径が5.0mmと小さめですが、直径以外の寸法では私の計算と正しいようです。排気口やテールランプとの位置関係と比較しても実車に近い位置であることが確かめられました。

M_image

  ブラボーとは

左側は1.0mmのドリルで一度に開けます。右側は1.0mm、1.5mm、2.0mm、8.0mmの順にセンターをくるわせないように開けました。手作業だと直径が大きくなるほど歪な円になりやすく、また8.5mmのドリルを持っていなかったので真円になるようにヤスリで仕上げました。

M_image

  ブラボーとは

車体に取り付けてみました。左の穴には牽引フック、右側にはメカにはあまり詳しくないのですがここにバッテリーを接続してスターターを回すのだと思われます。

M_image

  ブラボーとは

今回のアンダーボディの加工をしていて分かったのですがボディ素材はおそらくアルミです。画像はフジミの1/12のF40ですがアンダーボディやエンジンフードのルーバーの開口は堅く時間がかかったのですが、こちらに比べればポケールは大きいにしても易しそう。アルミというと643もおそらくアルミ製で4,5か所開口しましたが、F40は数が多いから大変そう。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
Christinaさん
毎回製作の経緯、楽しみに拝見させてもらってます。一番Ferrariらしい”死の匂いのするFerrari車”と言われているスパルタンな車ですね。
完成が楽しみです。ちなみに細かい部品はほとんど自作されているのでしょうか?
ボディパネルはアルミ製との事ですが、まさかこれも自作ですか・・!

12月23日 17:39このコメントを違反報告する

Christina

Christina
カニ目のアシュレー様

コメントありがとうございます。
毎回楽しみにしていただけて本当にありがとうございます。
ポケールのF40をベースに海外製のトランスキットを組み込んでいます。ボディパネルもポケール純正を一部加工して組み立てています。自作で出来るほど私には技術も設備もありませんよ。

12月24日 13:36このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。