模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/700ポントス大和の難関の1つ、三連装機銃です・・・

2022/08/10 21:55

1/700ポントス大和の難関の1つ、三連装機銃です・・・

  ブラボーとは

mitteです。いつもご覧頂きありがとうございます。
1/700ポントスモデル大和をぼちぼち進めており、先に大変なのを終えてしまおうと、1つの山場でもある三連装機銃をこしらえています。

これ、エッチングパーツ7点と、真鍮挽物の軸、合わせて8点ものパーツを組み上げるので大変です。
ポントスのエッチングはかなり厚くて硬く、丈夫な反面細かな曲げ操作が難しいです。気を抜くと、ヤットコの先からピンピン弾き飛ばし、危うく妖怪パーツ隠しの餌食になりそうになる場面が何度もありました。
組み上げて見ると、いつも使っているベテランモデルやレインボーモデルのものより背が高く、正面から見るとほぼ正方形です。何だか違和感がありますが、実際はこんなプロポーションなのでしょうか。

しかも、説明書通り組立てると、弾倉(一番上に3枚飛び出た板状の装置)のモールドが見えなくなってしまいます。これは設計ミスなのでしょうか・・・弾倉の両面にモールドして欲しかったです。

これを、なんと28個も作ります。何とか6個組みましたが、歪みない正方形のシルエットにするのが難しいです。

まるで修行僧になった気分ですが、折れずに頑張ります。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。


製作中の写真の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバー

ブラボー26   ブラボーとは


コメント8件

トロ

トロ

M_image

こんばんは。 難関中の難関、正確・迅速な進捗が素晴らしいです。 先日、この機銃制作をtada771さんが投稿されていましたが数ミリ角の中に8パーツを組み込むんですね。 私は1/350でそれをやって懲りましたがそれの体積1/8をやれるmitteさんは流石です。 

08月10日 22:24このコメントを違反報告する

mitte

mitte
トロさん こんばんは。
コメント頂きありがとうございます。
この三連装機銃、とても大変な作業です。少しでもズレると軸がうまくはまらなかったり、持つ所を間違えると折れてしまったり・・・エッチング自体が分厚いので、折り曲げに力を入れる必要があり、勢い余って弾き飛ばすこともザラです。それを狙う妖怪パーツ隠しが、私の周りにウヨウヨいます(笑)
トロさんの三連装機銃、ポントスモデルの1/350版でしょうか。すごく綺麗で素晴らしい完成度です。このような低く構えたようなシルエットが馴染み深いですが、1/700版ポントスではやたらノッポで違和感があります・・・
これからも、何とぞよろしくお願いします!

08月10日 22:52このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

製作お疲れ様です。
うわ~なんなんだこりゃ!
1/350でも大変だった作業を体積比1/8で同じく組むのは神業ですね。
完全には理解していないと思うけど、椅子とか操作ハンドルとか、弾倉3つの後付けとか、目くるめく難作業だらけではないかと…
確かに正面からのシルエットが少し縦長に見えますが、これは防盾を取り付ければ横に広がる印象に変わるのでは?と思います。
で、この防盾、左右分離状態では組み立てが大変になるので出来ればフジミのエッチングみたいに一枚板状に加工してから取り付けると楽かもしれませんよ。
私は線材で繋いでから取り付けました。(1/350だけど)

08月10日 22:59このコメントを違反報告する

mitte

mitte

M_image

Toyohataさん こんばんは。
コメント頂きありがとうございます。
今回は、いかんせんエッチングが厚くて硬いため、普通の折り曲げが大変でした。かなりがっちり掴んで曲げないといけず、勢い余って弾き飛ばす事故ばかりでした。写真は組立図ですが、V127をNの字に折り畳むことですら大変で、力をかけすぎて、折り目からポキンと千切れる事もありました・・・
写真の三連装機銃、リアル感満載で素晴らしいです。一見、1/350に見えない正確無比な造形に恐れ入りました。
Toyohataさんの仰るとおり、防盾が無いために余計縦長に見えたかもしれません。キットでは、本体パーツに防盾が付いていますが、今回は説明書のとおり、切り取って作りました。防盾を取ると、確かに正方形っぽく見えます。
防盾の取り付け方、アドバイスありがとうございます!今後、防盾付きの機銃を作る際に、参考にさせて頂きます。
これからも、何とぞよろしくお願いします。

08月10日 23:33このコメントを違反報告する

tada771

tada771
わお!素早くしかもすごく綺麗に出来上がりましたね。私のは何だかEPの塊みたいで機銃に見えません。
EPの126番の両端にある羽みたいなのは図面では無いのですが、どうされたのでしょうか?私はそのまま使ってます。切るのは簡単なのですが?トロさん、Toyohataさんの写真を見ると防御楯みたいですね。

08月11日 16:09このコメントを違反報告する

shu3848

shu3848
こんばんは。
超精密な仕上がりですごいです!
切り出し前、説明書の写真がとても参考になります。
私は「かが」の手すりメインのエッチングパーツに悲鳴を上げてました(^^)
これからも楽しみにしています。

08月11日 21:02このコメントを違反報告する

mitte

mitte
tada771さん こんばんは。
コメント頂きありがとうございます。
この三連装機銃、本当に作りづらいです・・・私も最初の1基は、何だかわからない物体が生まれました。うまく作れず炙ってバラして折り直して、そのうち折り目がちぎれて補修して・・・と七転八倒の末、1時間近くも費やしてしまいました(-_-|||)6基並んだ写真の、一番左の個体が、1時間かけて何とかリカバリしたものです。
仰る通り、V126の羽は防御盾です。正面を向くよう外側に曲げて、盾を表現します。大戦末期は盾を設けていたようですので、本来切り取らないのが正解だと思います。私は、盾で隠れる側面の細かなモールド等を見えるようにしたかったので、最初から切り取ってしまいました。
これからも、何とぞ宜しくお願いします!

08月11日 22:52このコメントを違反報告する

mitte

mitte
shu3848 さん こんばんは。
コメント頂きありがとうございます。
今回の三連装機銃、かなり組みづらくて大変です・・・厚くて硬いエッチングで、曲げる方向を間違ったり、折る力が強すぎるとすぐ折れてしまいます(-_-;)
じっくり焦らず、時間をかけて仕上げています。
手摺の取り付け、折曲部分を合わせたり、緩やかなカーブを付けたりと、簡単そうで結構難しいです。私は、取付前にあらかじめ折り曲げ・カーブ付けして、船体に当てて微調整し、できる限り加工を終えてから接着しています。参考にして頂けましたら幸いです∠(^_^)
これからも、何とぞ宜しくお願いします!

08月11日 23:01このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。