模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

流星改 1/48 (その2:組立~下地塗装)

2020/01/06 21:53

M_image

  ブラボーとは

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
本年初の製作日誌投稿です。流星改の製作の続きとなります。
前回まででコックピットの組み込みが終わりましたので、
「士」の字にしました。なるべく隙間ができないようマスキングテープを使って固定します。

M_image

  ブラボーとは

すこし隙間ができている箇所があるので、溶きパテを塗り、その後、
綿棒で余計なパテをふき取ります。上の写真が溶きパテ塗布状態です。

M_image

  ブラボーとは

半乾きの状態で、シンナーを含ませた綿棒で擦り、余分なパテをふき取りました。
このやり方なら、モールドは埋まらずに済みますが、あくまで隙間がわずかな
ときに使える手かなと思います。

M_image

  ブラボーとは

折角のモールドをなるべく埋めないようサフの代わりに機内色を塗ります。
隙間は目立たないようです。
良キットなのでしょうね。海外キット等はいろいろ苦戦すると聞きますが、流石は
飛行機のハセガワさんということかなと思います。

機内色を下地色としたのは、これに濃緑色を薄く重ねて、グラデーションが付いたらなあ・・・との目論見です。プロのモデラーの方もこのやり方を採用されているようなので、マネしたのですが、うまくグラデーションを付けられるか、塗装の技量が問われます。

M_image

  ブラボーとは

風防を接着し、マスキングします。
マスキングはサードパーティー製のカット済みのものを購入しました。
手を抜けるところは抜いちゃいます。

風防はクリアパーツが曇らないようセメダインのスーパーXで接着しました。
カーモデル等でよく使われるようですね。糸を引くので扱いづらいですが、
換装すると透明になって、容易に剥がせるのがメリットですね。

風防の一部は、後の工程で取り外し、アンテナの基部(?)を取り付ける必要があるため、仮止めとする必要があります。この時点で、アンテナの基部をつけると破損しそう
なので・・・。
写真に写っている”貼って剥がせる”タイプののりを使います。

M_image

  ブラボーとは

風防の装着状態です。
カウリングも”貼って剥がせる”タイプののりを使って、仮止めです。

ところで、いつもEOS RP(ミラーレス一眼)で撮影するのですが、iphoneで撮影しました。手軽に取れて、映りもよいのですが、jpegのPCへの取り込みがうまくいかず、
いろいろネットで調べてapple規格(?)のHEICファイルで取り込みました。

ホビコムの投稿しようとするとjpegヘ変換しないといけないので面倒です。

本作は塗装の練習が主目的なのですが、次はいよいよ本塗装です。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント4件

Fame461

Fame461
こんばんは!
さすがですね!
うまいなーっ。なんと言っても工作がお見事です。
きれいです。
戦艦モデラー、やっぱ最強ですね。

溶きパテ、僕もよく使います!
長谷川迷人さんもこの使い方を推奨していますよ。
そして、塗装。この塗装法は、プロの方と同じなんですね。勉強になります。
本塗装も楽しみです。
今年も素晴らしい作品をたくさん見せてくださいませ。
ブラボーです!

01月06日 22:41このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
Fameさん
 こんばんは。お褒めの言葉ありがとうございます。
 また、今年もよろしくお願いいたします。

 黄緑色の機内色を下地にするのは、機体上面色が濃緑色の日本機の配色と
 思いますが、同様のアイディアは他の塗装色でも応用できそうです。
 この塗装方法は、”飛行機模型の作り方”(仲田裕之さん著)からのアイディア
 となります。こまかな塗装が苦手なので、うまくいけばよいのですが。

 何事も経験ですね。

 

01月06日 22:51このコメントを違反報告する

グッチ

グッチ
ゆたさん こんばんは!

寝る前の隙を見て今、観覧してます(笑)
奥さんが監視してるので手早くコメント書き込んでます!!

飛行機モデルは詳しくないので専門的なことは書けないんですが
溶きパテは私の場合、空母の製作では船体の張り合わせや艦橋などの
張り合わせ等に使うだけでそれほど頻繁には登場しないのですがゆたさんの
パテ埋め技術は参考になります! 半乾きの時にシンナーで余分なところを
拭き取るんですね!勉強になりました~!

あっ!鬼さんが睨みつけてるので今日はこの辺で・・・

01月06日 23:04このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
グッチさん
 こんばんは。奥様の監視をかいくぐってのコメントありがとうございます!
 溶きパテによる隙間埋めは、タミヤの新大和の船体製作で習得しました。
 大和は船体が2分割されていて、どうしても隙間ができますよね、
 普通のパテだと、どうしてもやすりがけが必要となって、モールドまで
 削りががちですが、溶きパテは便利ですね。
 完全に乾かすと取れなくなるし、塗った直後で擦ると全部取れてしますので、
 ちょっと乾燥したところでふき取るようにしています。

 流星は、たぶんあと1か月くらいで完成すると思うのですが、次作は
 本業(?)の艦船モデルにしたいです。まだ、何を作るか悶々としています。 
 今年もよろしくお願いします。

 
 

01月06日 23:12このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。