模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

あたご 1/350 その3 (上部構造物の製作②)

2020/02/02 14:12

M_image

  ブラボーとは

あたごの製作を進めています。
(本日までの達成状況概略)
艦橋、後部艦橋を取り付け、エッチング類も順次取り付けています。
メーカ指定色が船体色と甲板色が異なるため、甲板色の箇所にマスキングを
予定しているため、甲板上の突起物(手すりや小物)は、後程取り付けることとします。

製作過程は、以下のとおりです。

M_image

  ブラボーとは

(製作過程)
後部艦橋は艦載ヘリコプターの格納庫となっており、内部が再現されているため、
折角なので、シャッターを開とします。そのため、後部艦橋の取付前に内部の塗装を
行います。

実艦の写真を参考に塗り分けです。緑色(機内色)はエナメルで塗ったのですが、
”どうせはみ出ても吹けばいいさ”と適当に塗ったところ、はみ出たところが
うまくふき取れず、ちょっと緑色が残ってしまいました。下地がつや消しだと
こういうこともあります・・・。

なお、圧着を行うためエポキシの接着剤でパーツ接合部を補強しています。
これなら多少力をいれても破損しないはずです。

M_image

  ブラボーとは

後部甲板から格納庫まではヘリコプターの運搬用のベアトラップがあり、
キットでは凸モールドなのですが、凹モールドに変更しています。
Toyohatasさんに教えて頂きました。

凸モールドをガイドにケガキ針でけがいていったのですが、どうも慣れていないせいか、
掘りすぎで、どうみてもオーバースケールです。

M_image

  ブラボーとは

甲板色をぬって、格納庫内の黄線を塗装します。
格納庫内部はあらかじめ塗装等を済ませないといけません。

M_image

  ブラボーとは

後部艦橋(?)を載せたところ。
かなり圧着したのですが、1mm弱の隙間が発生です。
甲板との間に隙間ができるため、パテで隙間を埋めておきます。

M_image

  ブラボーとは

艦橋です。エッチングも取り付けています。
ただし、冒頭にも記載しましたが甲板色をマスキングするため、
手すり等は後から取り付ける順番とします。

ライオンロアのエッチングには、水密扉が付いてきますが、キットのモールドが
よいので、不採用としています。(と、理屈をつけて楽をします。)

M_image

  ブラボーとは

後部艦橋(?)付近です。
パテでごてごてです。組立を雑にして、仕上げで苦戦するという悪しき典型例です。
反省します。

前部煙突と後部煙突の間の甲板にラインを引く必要があるため、
前部煙突は未畝着です。

M_image

  ブラボーとは

スクリュー等は取り付け済です。フィンスタビライザーは取り付けておくと
破損リスクが大きいと思うので、いまは取り付けずに置きます。

さて、来週からは上部甲板にサフ(エッチングプライマー効果あり)をふいて、
甲板、船体の塗装に入ります。

お読みいただきありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録5   ブラボーとは


コメント14件

RYU

RYU
ゆた提督さん

こんにちは。
1/350あたご、かっこいいですね〜。
格納庫まで作り込まれていて、今後の進捗が楽しみです。
個人的に、船体を保持している治具が気になりました笑

02月02日 15:37このコメントを違反報告する

トロ

トロ
こんにちは。 斜め付けを克服して随分と進みましたね。 格納庫内もきちんと塗り分けられていて素晴らしいです。 組立後は殆ど見えないのが残念ですけどね。 
これからの投稿も楽しみにしています。

02月02日 15:59このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
RYUさん
  
 こんばんは。護衛艦は初挑戦なんですが、上部構造物がシンプルで、
 三笠やWW2の戦艦とも違う味がありますね。
 なかなか製作が進みませんが、よろしくお願いいたいます。
 
 船体を保持している”治具”は、実は今回はじめての使用となる、
 ”帆船工作台”です。木製帆船用の工作台となりますが、船の角度
 (キールを軸として、回転)を変えることができるので、工作効率が上ります。
 RYUさんの次にコメントをくださっているトロさんが使っているのを拝見し、
 自分も興味をもちました。
 ただし、現状、販売されておらず、オークションで購入した年代ものです。
 ”イマイ”と銘板に刻印されています。懐かしい響きです。
 

02月02日 16:08このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
トロさん
 こんにちは。斜め取り付けは苦戦しました。
 ちょっとずれるとその誤差が積み重なって、どこかでひずみ、隙間が
 できますね。やはり丁寧な仮組み、慎重な接着が大切なことを、
 パテをもって、削りながら痛感しました。
 
 これからいよいよ塗装に入りますが、エアブラシ裁きに自信がないため、
 マスキングテープをつかって地道に船体、甲板色を塗り分けようと思います。
 
 引き続きよろしくお願いいたします。

02月02日 16:11このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

やってますね。やはり後部格納庫を組み立てたあとで接着するのは難所でしたね。
あと、先に言ってあげればよかったのですが格納庫内の黄色線はデカールの幅が合わないので切り離して使わねばなりませんでしたね。すっかり忘れていたトラップでした。
ベアトラップ用の軌道は上手く彫れたじゃないですか。
これからまだ塗装がありますが「あたご」は艦首歩行帯を設けずともよいのでそれだけでもかなり楽です。中央部は幾らか入り組んだ場所もありますので頑張って下さいね。
去年組んだキットなので思い出しながらゆたさんの製作過程を楽しみに見ています。

02月02日 17:22このコメントを違反報告する

mitte

mitte
こんばんは。製作お疲れ様です。
現用艦はシンプルな見た目なので、組立は楽そうに考えていましたが、過去の日誌を拝見しましたら、斜めの接着を綺麗にこなすのが大変ということを知りました。
にも関わらず、面の仕上がりが綺麗ですね!素晴らしいです。また格納庫内部も丁寧に作り込まれていて、覗きこむときのワクワクが大きな作品になりそうですね。
これからも進捗を楽しみにしています!

02月03日 00:31このコメントを違反報告する

Fame461

Fame461
おはようございます。
一つひとつの作業が本当に丁寧で素晴らしいです。
本当にうまい!
Toyohataさまが、格納庫の写真をアップされていますが、そのおかげで再現度が確認できました。素晴らしい仕上がりにブラボーです。

02月03日 08:54このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
Toyohataさん
 こんばんは。あたごの詳細写真ありがとうございます。
 護衛艦は写真等が豊富なので、製作の参考資料が多く助かります。
 自分は運搬軌条とおもっていた!ベアトラップですが、モールド掘りは
 コツをつかむのが難しく、ついつい堀すぎましたが、模型的には
 アクセントになってよいかもしれません。
 Toyohataさんの”あたご”の製作日誌を参考にしながら、一歩ずつ前進
 しきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

02月03日 22:10このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
mitteさん
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 1/350のでシンプルな構造なので、あまり苦戦しない予定?だったのですが、
 当てが外れました。
 先ほどまで、上部構造物にもサフを吹いては、やすりをかけてと地道な
 作業の連続です。なかなか綺麗な平面を出すのが難しいですね。
 
 これからもよろしくお願いいたします。

02月03日 22:14このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
Fameさん
 こんばんは。本当にずぼらな製作で、ついつい手を抜いて、後々苦戦してばかり
 とお恥ずかしいところです。
 まだまだ経験不足で、これといった技術もないものですから、丁寧な製作を
 心がけたいと思います。
 しばらくはサフをふいて、やすりをかけに精進します。これからも
 よろしくお願いいたします。

02月03日 22:18このコメントを違反報告する

グッチ

グッチ
ゆたさん こんばんは!

久しぶりに覗けました(笑)

斜め組み付けに苦労されながらも良い経験として自らの糧にされている
ゆたさんを尊敬します!何事も経験とはいえ心が折れそうになる時も
ありますよね...

でも日本軍艦はこういう斜めの張り合わせとか
平面出しという作業もほとんどないし初めは面食らいますよね。
でも隙間埋めも抜かりなくこなされていて素晴らしいです!

02月08日 20:08このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
グッチさん
 こんにちは。イージス艦はパネルの組み合わせで艦橋を作っていくので、
 最初は戸惑いました。位置合わせのダボもなく精度よく組み立てるのは、
 なかなか難しく、パテだらけになってしまいました・・。
 グッチさんの言われるように日本海軍の軍艦では味わえない経験ができて、
 よかったです。これまで盛大にパテを使ったことがなかったのですが、
 これもよい勉強ですね!
 これからもよろしくお願いいたします。
 

02月09日 11:37このコメントを違反報告する

ctmsk058

ctmsk058
こんばんは。
各部ごとに丁寧なつくり素晴らしいです。
元来模型作りはこれですよね。
特にこの艦は平面が多いので磨きづらいですよね。
格納庫も見えなくなると思うのですが
ここまで作るんですね。
僕はゆたさんにかなり影響されています。
学ばせていただきありがとうございます。

02月11日 17:50このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
ctmsk058さん
 おはようございます。返信おくれてすいません。
 イージス艦はステルス性のためだと思うのですが、平面で
 構成されていて、なれない製作になりました。
 やすりはあまりかけられないので、パテを使って、目立つところだけ、
 かけています。なかなか作業がしづらいですね。

 格納庫は、扉を”開”でいくので、中はしっかり見えるようにできるんです。
 それなら、もうちょっとディテールアップしたら?と思うのですが、
 初護衛艦なので、今回は素組です。

 自分の模型製作は、これといった特技がないので、丁寧に作るくらいしか
 モットーがないのですが、ctmskさんの参考になればうれしいです。
 自分もctmskさんのようなウェザリングをいつかできればなあ・・と
 夢見ています。

02月15日 09:56このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。