模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

山城 (1/350) その3  (艤装のつづき)

2020/05/02 16:55

M_image

  ブラボーとは

こんにちは。
GWに入りましたね。外出自粛の折、山城の製作が順調です。
艦載艇を搭載しました。キットの艦載艇のディテールが今一つだったので、
ハセガワ、タミヤの艦載艇キットも併用しています。エッチングもメーカ混在です。
気に入ったパーツのいいとこ取りです。
空母と違って、艦載艇もよく見えるので、頑張り甲斐があります。

M_image

  ブラボーとは

艦尾の飛行甲板です。
飛行甲板全体がエッチングなので、リノリウム甲板色に塗装後、リノリウム
抑え金具部分の塗装を剥がし、金具を表現しています。定番のやり方ですね。
運搬軌条もメーカー純正のエッチングです。

M_image

  ブラボーとは

奮発して購入したベテランモデルの高角砲も搭載しました。
また、フィギュアもフジミの彩色済のものを増員しています。
彩色済のフィギュアは、かなり細かく塗装されている点はよいのですが、
直立姿勢のものばかりで、動きにバリエーションが少ないのが欠点です。

他のフィギュアの採用も考え、ネットでもいろいろ調べましたが、
1/350のフィギュアは品薄ようなので、これでよしとします。(たぶん)

M_image

  ブラボーとは

主砲上部のアンテナ支柱は真鍮線で作りなおしました。
強度確保のため、一部をはんだ付けしています。
ディテールアップの意味もありますが、強度が増すので安心してリギングができそうです。

M_image

  ブラボーとは

マスト等を真鍮線で作るのは、艦船モデルの定番ディテールアップですが、
これまであまりチャレンジしたことがなく、久々にはんだ小手を手にして、
後部マストの製作です。
位置をテープで固定し、フラックスを流し込み、ステンレス用のはんだで固定します。
はんだを最小限度に量にとどめるのがポイントのようです。

M_image

  ブラボーとは

左がキット、右が真鍮線での自作のマストです。
キットより、シャープで強度も強いのですが、キットのマストは
ところどころ径が太くなっていたりして、リアルな気がします。
今回は自作マストは不採用にするかもしれません。

GWで一気に製作が進みそうです。
御覧頂きありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー15 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント8件

グッチ

グッチ
ゆたさん こんばんは!

製作お疲れ様です!!
マストなどのスリム化は効果抜群だと思いますよ~
すごく丁寧な作業工程にブラボーです!!
本当に綺麗にはんだが流し込まれていますね。美しすぎます!!
このような超繊細な作業は私のような者には到底出来ません... 

個人的にはマストの所々太くなっているところに極細の金属線を巻き付けたりして
太さを出すのも手かなと思いました。

模型って薄く細いところを見たときにすごく繊細な感じを受けるのでこの加工は
すごく良いと思いますよ~~

自分がやっても絶対出来ませんがパッと思いついたことを書いちゃいました。
生意気なこと言って本当にすみません...

05月02日 17:40このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
やってますね。早くも完成寸前じゃないですか。
もう手慣れたものですね。あとは手摺りと張り線ですか。頑張ってください。
さて、上でグッチさんがおっしゃっておられるヤードの節ですが、
私は蒸気捨管EPを使ったりします。というのも品質が安定するので良いかと思うのです。
安定的に等品質の工作は自分には無理そうなのでここはEPに投資すべき所と心得ています。

あとひとつ、画像を見て思い出したのですが、煙突中央の探照灯台には昭和18年当時はたぶん
射撃装置に換装されてたんじゃなかったかな?という記事をどこかで読んだ記憶があります。
ぶっ壊れたPCにブックマークしてたサイトなので取り出せない思い出せないのが残念です。

05月02日 20:23このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
グッチさん
 おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
 はんだ小手は、大昔に使ったことがあるものの、久々の使ったので、
 苦戦しました。
 瞬間接着剤を使うよりかなり強度が出せるのでよいですね。

 伊勢のときは、純正エッチングにマスト部分の真鍮挽物が付いていたのですが、
 山城はマストの構造が単純なためでしょうか、真鍮履物がなくウィークポイント
 です。

 不器用な自分でも、なんとかなったので、
 グッチさんなら、マスト自作は簡単にできると思います。おすすめです。
 1/350ならプラ部品でもそこそこ精密感があるので、1/700で
 やったほうがよいかもしれません。

 これからもよろしくお願いします。

05月03日 10:28このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
Toyohataさん
 山城順調です。
 残りは手すり、リギング、ダビット、艦載機くらいです。
 1~2日くらいの工数ですが、今回は小物(弾薬箱、木箱、ドラム缶)の
 レジンも投入して、なるべく甲板を賑やかにしたいと思うので、
 もうすこし時間をかけます。

 ヤードの節の件、Five Star Modelに蒸気捨管用のエッチングが良さそうだなと
 ネット通販のサイトをみながら思っています。コンマ1mm単位で複数の径の 
 エッチングがあるので、真鍮棒の径にピッタリあったEPが選べますね。
 水平方向は蒸気捨管用のエッチングでよいのですが、鉛直方向の節はかなり
 の大きいものなので、再現が難しように思います。
 このままキットのものを採用するかも?と悩んでいるところです。
 
 これからもよろしくお願いします。

05月03日 10:35このコメントを違反報告する

トロ

トロ
おはようございます。 もう完成形になってますね。 クレーンのケーブルの弛みとか至る所に拘りの技が屈指されてます。 マストの自製も効果絶大ですね。 巧く綺麗に整形されていて素晴らしいです。 自製の場合は先細りのテーパーの付け方とおっしゃる様に膨らみの付け方ですがここまでやったら自製でしょう。 

05月03日 10:39このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
トロさん
 おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
 クレーンのケーブルはエッチングなのですが、弛みがでるように弯曲を
 つけてから接着しています。結構、苦戦ポイントだったので、トロさんに
 見て頂き、嬉しいところです。
 マストは、下部を太く、上部を細くして、節を付けれたらな・・と思案中です。
 すこし太い径の真鍮線を購入したので、到着したら再チャレンジ予定です。
 ”あたご”のホイップアンテナで真鍮線の加工にも少し慣れたので、テーパー
 をもう少しつけてみたいなと思います。
 これからもよろしくお願いいたします。
 

 

05月03日 10:50このコメントを違反報告する

mitte

mitte
こんにちは。製作お疲れ様です。
作業スピードが凄まじいですね!にもかかわらず、丁寧な施工と端正な雰囲気のウェザリングも両立している点がすごいです。クレーンのケーブルも、綺麗に揃った懸垂線が再現されていて素晴らしいです。
マストの節部分は、皆様がおっしゃる通り、蒸気捨管用の固定金具がベストだと思います。蒸気捨管が使えない部分の節は、細い銅線を巻くしかないかもしれませんが、再現が難しそうですね・・・。
完成披露が近くなってきましたね。これからも楽しみにしています!

05月05日 15:38このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
mitteさん
 こんにちは。外出自粛のおり、かなりの時間を制作に掛けることができ、
 制作がどんどん進みます。フジミの1/350が3隻目なのでだいぶ慣れてきた
 というのもありますね。
 懸垂線はエッチングならではの美しさです。エッチングを曲げ、力のかかった
 状態で接着するので、なかなか接着できず、手間がかかりましたが、
 苦労の甲斐がありました。
 比較的短い懸垂曲線をリギングでは再現するのは難しいですね。

 マストの自作は、投稿してからも真鍮線の太さをかえたり、いろいろ試しました
 が、キットのほうが出来がよいように思うので、キットのパーツを採用する
 気になっています。
 ただ、旗竿、アンテナ支柱は真鍮線に置き換えるつもりです。
 キットはいずれもプラスチックで、リギングのテンションに負けそうな気がしま 
 す。見栄えもありますが、実用面でも真鍮線のメリットがありそうです。
 
 

05月05日 17:09このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。