模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

MINI ARTジオラマベース その3 完成

2013/08/01 09:51

M_image

  ブラボーとは

塗装し終えた扉を着けて、一応は完成となりました。

最初に書いた通り、特にテーマを持って作ったのではなく、MINI ARTのベースがどんな感じで仕上げる事ができるのかを試す事が主眼での制作でした。

結論として、非常に簡単にそれなりの雰囲気が出せる事が分かりましたが、若干価格が高いと感じました。
スチレンボードや石膏などを使って作るスキルがある方にとっては、キットそのものは3000円ぐらいの価格というのは高く感じるのではないでしょうか?
しかし、組んで塗るだけでもかなりいい感じになるので、時間の短縮にはなるかもしれません。

折角作ったので、いずれは大戦期のスタッフカーとフィギュアなどを合わせて、何か作ってみようと思います。

M_image

  ブラボーとは

ちなみに、扉はラッカー系のフラットブラックを影になる部分に吹いた後、ウッドブラウンを全体に吹き、エナメルのフラットブラックにてスミ入れ、ウオッシングしてタミヤのウェザリングマスターを使ってドライブラシして埃っぽさをだしました。

M_image

  ブラボーとは

節操は無いですが、先日作ったブルーバード1/32を置いてみました(笑)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー8 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
yasu311nori 様
欧州の田舎の方に行けば今も作品と同じような情景は見られるでしょうから、別に現代車を設置しましても良い背景になると思います。
このアクセサリーなら、19世紀にも充分対応できると思いますので、色々な時代のものをおいて写真撮影すれば面白い作品が出来ると思います。
次回このアクセサリーを使用したビネットを楽しみにしています。

08月01日 10:07このコメントを違反報告する

yasu311nori

yasu311nori
ロマン・スミルノフさん
ありがとうございます。そうですね。ちょっと小粋な欧州車なども良いかもしれませんね。1/35という制約があるので、なかなか難しいかとも思いますが・・・。

ベースが割と小さめなので、フィギュアだけというのもアリかもしれません。フィギュアだけで説得力のあるヴィネットを作れるスキルがあるかは、甚だ自信がありませんが・・・。

いずれにせよ、何か形にしたいと思います。次回からは溜まっている「積みプラモ」の車たちを片付けなければなりませんので、いつになることやら・・・。

08月03日 09:52このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。