模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ミニプラ ジュウオウキング制作(その3 完成!)

2016/03/19 22:20

M_image

  ブラボーとは

今回は制作日誌とは名ばかりの完成画像が主です。
前回に説明出来なかったキューブシャークとキューブライオンは
ちゃんと説明しますが、それ以外は完成したらこんな感じ!な画像です。
 
まずはキューブイーグル。
DX版は開くと勝手に(黒い)腕部分が出ちゃいますが
ミニプラはそんなことはないので出さなくてもいいかも。
ロボ状態での(青い)前垂れ部分があるので木に留まってるみたいな
そんな感じで置く事も可能です。手乗りイーグル!(おい
 

M_image

  ブラボーとは

続いてはキューブシャーク。
塗装したのは数字の部分と目の上の白いラインと歯が(H-1)。
目はシルバー(H-8)を塗装してからしっかり乾燥して上から
クリアーレッド(H-90)を塗装してあります。
 
ロボ状態になった時に腰に当たる部分に顔があって
そこにある目は前回の金色と同じくシルバー(H-8)の上に
クリアーイエロー(H-91)にクリアーオレンジ(H-92)を
ほんの少し混ぜた物を塗装してあります。
 
あとこの画像ではわかりませんが(撮り忘れ)
ロボ状態に変形後に太ももになる部分はシールと同じく
シルバー(H-8)とブラック(H-2)で塗装してあります。
 

M_image

  ブラボーとは

続いてはキューブライオン。
前回掘ったモールド部分の上にイエロー(H-4)に少量のレッド(H-3)を
少しずつ混ぜて成形色に近くなった物を塗装。
 
その後しっかりと乾燥したらシールを型紙にして3を
ブラック(H-2)で書き入れました。この時シールを貼って
塗るのはオススメ出来ません。粘着物質が残りやすいみたいです。
(私は一度貼ってえらい目にあいました)
 
目の部分はシャークの目と同じ方法で塗装。
両サイドの黒い部分はブラック(H-2)を塗装後にしっかり乾燥させ、
上からクリアー(H-30)を塗装して保護してあります。
 
変形させたりして遊ぶ物なので塗膜面が弱い水性ホビーカラーでは
塗装剥げを予防する為にもクリアー等を塗った方がいいかと思います。
この辺りはスプレー缶の半光沢などでもOKです。好みですかね。
 
残りはロボ状態の完成画像です。
 

M_image

  ブラボーとは

まずはDX版と同じ変形画像。
見事に棒立ちです。DX版だとこのような肘曲げすら無理です。
近年の玩具では飛び抜けて酷い。遊び方限られ過ぎだろ(;´Д`)
 

M_image

  ブラボーとは

次はこのミニプラジュウオウキングの真骨頂。
腰にあったパーツはキューブイーグルの前垂れにくっつけて
足底パーツは一度外してから軸をまっすぐ伸ばしてボールジョイントに
はめ直して足を開き、腰後部の2の部分は盾に!
考えた人は変態だな!(褒め言葉)
 
若干難があるとすれば手首部分にロールがないので
武器を持ってポージングするにはなかなか決まらないことでしょうか。
まぁこの値段でそこまで要求するのは酷というものですかね(;´∀`)
 

M_image

  ブラボーとは

最後に少しアップ画像。
他の部分はシールで済ませても、このくちばし部分は
塗装した方がいいかと思います。そのままだとガッツリ黄色!なのでw
 
これは人にあげてしまいましたが、
うちの近所ではまだ3セット程は手に入らない事もないので
組み立てないにしても1セットだけでも確保しておくべきか。
これだけ良く出来た物はなかなか出ないと思うのでオススメです!
 
あー、作るの楽しかった。
ガンガンチェンジゴースト2のスペクターの改造に戻るか(白目)

使用した工具、塗料、材料


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー5 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。